赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・年末に向けて
年末対策第2弾。ってのは口実で、年末に限った話じゃなかったりするわけですが。

既に発表がありましたが、12月は週マスのスペシャル企画が進行しています。それも2本立て。
私は高まる期待や尊敬の念を禁じえない一方で、桃月Pが何を仕掛けてくるのかという
ある種の恐怖も感じてます(笑)。だってさー、「皆さんのコメントが入って完成です」なんて
泣かせるセリフをサラリと使ってみせる人ですぜ。油断ならないだろー常考。

ただ、つくづく残念なのが、大晦日は事情があってネット環境がある場所には
確実にいられないこと。このお祭りをリアルタイムで楽しめないのはホント悔しい。
年明け一発目に見るのがこの動画なんだろうなー・・・6部構成・・・。

さて、優れた作品の手法や革新的な技術が広がっていくのと同様、週マスをひとつの
基点とした手法や考え方もまた、いろんな形でアイマスMADの中に広がっています。
作品として単体で完結する動画ではなく、動画の集合体を俯瞰することで見えてくる
情報を紹介する動画
、と小難しく表現してみる。視聴者がコメントという形で参加できる
ニコ動ならではの動画という言い方もできますかね。

こういった動画はアイマスMADの新しい楽しみ方を提供してくれるだけではなく、
予想される年末の作品ラッシュの中、見逃してしまいそうな新作を拾い、また今年の
総決算として改めて既存の作品を見返してみるのに大変役立つわけです。
ということで今日はそういった作品を改めてご紹介してみようかと。



体調を崩されたとの事で先週はお休みされていたようですが、その後具合はいかがですか?
それにしてもこの動画で取り上げられている作品を見ていると、再生数の多寡だけで
作品を判断するとどれだけ良作を見過ごしてしまうのか、つまりアイマスMADが
どれだけの広がりを持っているのかを再認識しますね。



ご存知ゆめみPのランキングシリーズ。結末の見事さに脱帽したのでこれを代表で
貼ってみました。切り口を「偏らせる」事で、自然と結果が「偏る」、それ故の面白さ。
知っているだけの知識が体系別に整理されていくような感覚も好きです。
ちょっとお休みに入られるとの事ですが、PVもランキングも是非また見たいと思ってます。
待ってますよ!



全作品紹介しろと言うから随時攻略中。絶対値に限らない数字の見方の楽しさ・・・なんて
カタい言葉がまるで似合わないデータ集です。数字はどう読み解くかが大事とは、
オトナの世界でよく言われるセリフですが、実際に読み解いてみせてくれる人のいかに
少ないことか・・・見せ方や小ネタの挟み方がいちいちツボに入って軽く嫉妬。
最・新・版!最・新・版!!



なんだか「縁の下の力持ち」としてすっかり有名になってしまいましたねぇ。
定量的な集計ではなく定性的な集計という切り口で・・・ああ、また言葉がカタい(笑)。
ある特定のプロデューサーを扱った「動画」って色々難しいと思うんですが、こういう形は
いいですね。ちなみに「遊びをクリエイトする」「ナムコット」「ラジアメ」といったキーワードに
敏感な世代としては、BGMに過剰に反応せざるを得ない(笑)。

数字を扱ったり集計して発表する作品って、ついつい「ジャーナリズム」的な公平さや
厳格さを求めたくなるものなんですけど、やっぱりまずは「エンターテイメント」であって
欲しいなーって、常々思うんです。
数字はハッキリ見えて誰でもわかるものだから、それなりにちゃんとした基準は必要でしょうが、
その基準は作る人の自由でいいと思うし、面白いものができるのならば、公平性に
こだわる必要もないんじゃないかな、って。それは作る側も、見る側も、一緒。

もちろん、逆にキッチリやるという切り口でエンターテイメントにする事もできるし、
切り口に関係なく動画の編集技術やアイディアで、作品を盛り上げる手段もあるでしょう。
そうなってくると、なんだか"作品"のプロデューサーと言うより、
"番組"のプロデューサーって感じですよね。

実は週マスのピックアップで「洋楽特集」があった時に、ちょっとだけ考えたんです。
洋楽MADだけを集めた紹介動画って面白いんじゃないかなって。
まだプロデューサーになろうと考えてもいなかった頃のお話なんですが。

洋楽と言えば「ベストヒットUSA」だからあのOPをまんまパクって(笑)、ナビゲーターは
小鳥さん・・・じゃあ面白くないから、小林克也→スネークマンショー→蛇?という
強引な理屈で「小蛇さん」にして、サングラスさせて、ちょっと黒い発言したりすると
ガラガラヘビの尻尾が時折見え隠れしたりなんかして。

ランキングの集計は大変そうだし、そもそも順位付けはあんまり意味がない。
だったら週マスにランクインしていない作品を選んで・・・いや、アーティストや曲の
背景を紹介する切り口
で作るんなら、その辺にこだわる必要もないかな。
洋楽ってだけで聴かない人も多いし、曲名やアーティスト名は聞いたことはあっても、
それ以上はよく知らない曲の事がわかるのって、なんだか楽しくありません?

漠然とそんなことを考えつつ、洋楽MADも増えてきたし、作るの大変そうだし、
とりあえずそこから全く煮詰めていないアイディアなんですけどね。
どこかでやる機会、あるのかな?
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

それは是非見たいですね。(作りたいですね、とは言わないw)
まぁ、いくら洋楽好きでも、曲の背景とかまでは言及する知識無いんで、俺には絶対無理ですわ。
それに、赤ペンPの語り口調は紹介動画でも絶対映えると思うので、是非前向きに検討を。
【2007/11/23 00:41】 URL | TAK8 #yYfDAmAg [ 編集]


> TAK8P
えーせっかくだから作ってくださいよ俺も見たいんで(笑)。
検討は前向きですが製作は善処レベルですかねぇ。文章をどうやって
見やすく編集するかが結構大変そうだしなぁ。
【2007/11/23 09:57】 URL | 赤ペンP #Td/ILGRk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/97-b225efce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。