赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

謹んでお詫び申し上げる次第
昨年末、卓球Pのラジオにて。

この方の処女作を紹介する際に、
「処女作だから込められる熱がある」的な話をしました。
最初の作品は、とにかく自分が持っているありったけを
ブチ込む事ができる、誰にでも1回だけある機会。

作り続けていくと、良かれ悪かれ「力の抜きどころ」を
人は覚えていきます。もちろん、抜いた力を放っておけば
それはただの手抜きになっちゃうわけで、その抜いた力を
別のところに使って、作品全体のクオリティを上げていく。
それが一般的なあり方かな、と。

そういう意味で、この人の処女作は「正しく処女作だな」
感じました、なんていう話でした。

あのね。
これ見て、そんな事を言ってた自分が恥ずかしくなったよ(苦笑)。

えにこP


動きはもちろん、歌詞、小物の使い方、カメラワークにライティング。
すげぇ。何もかもがあの処女作よりすげぇ。

そして一番すごいと思ったのは、
処女作よりも楽しく作ってるんだろうな、って感じが伝わってきた事。
もし、私がこれをやる事になったとしたら、出来る出来ないはさて置き
絶対に「楽しく作る」のは無理だと思います。作り終えたら別だけど。

確かにすごい労力を使ってると思います。
正直、どれだけの作業が必要なのか想像もつかない。
でも、この作品はそこを褒める必要なんて微塵もないよ。
多分えにこP、それを苦労だなんて思ってないよ。
大変な作業だけど、ニコニコしながらやってると思うよ。

私が今作っている作品は、そこまで割り切るのはちょっと難しいけど、
そして常にそういう気持ちで作品を作れる時ばかりとは限らないけど、
でもやっぱり、できる限り楽しく作りたいよね。そう感じました。

だから、ただこの気持ちよい楽しさを褒め称えたいです。
ステキなステージをありがとう!
この記事に対するコメント

同じねんぷちなどのフィギュアで動画を作ってるものとしては心の折れる動画ですよ!
詳細は自分のブログに書いたけど、
あんだけ綺麗に動いてステージを作られたらかなわないです。
今作ってる動画を投げ出したくなったのはホントです。

作品としてはDikePのSeasons of Love(RENT)の方向の作品かなと思いました。
洋楽だからそう思うだけかもしれませんけどね。
【2010/02/05 00:15】 URL | まこT #- [ 編集]


> まこTP
ですよねぇ。ホント困ったと思います。この動画に関しては、
自分は「楽しむだけ」の側にいるので、正確にその心情を
理解できないのかもしれませんけど。でも、これに折られたら
後で悔しくてしょうがないだろうから、新作期待!(笑)

あの字幕の出し方は確かに大工さんでしたね。
意訳がハンパないんだけど、それがどうでもよくなるくらいの
動画の出来ってのがある意味惜しいというか(笑)。
【2010/02/06 01:03】 URL | 赤ペン #Td/ILGRk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/924-e05cd3f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック