赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

File 006-2:「がんばって!」<後編>
「blogに定評のある赤ペンP」タグって!(苦笑)

いつもは自作解説って、UPしてから間をおいてやってるんですけど、ちょっと来週は
バタバタするので早めにブログに書いちゃってます。っつーか明日からまた
出張2日間だよ・・・以上、どうでもいいお断りと愚痴でした。

そして警告!!多分ここから先の文章、過去最高の長さだ(爆笑)。

さて、ぶっちゃけた話をすれば、この作品がたたき出すあらゆる数値の「絶対量」は、
最初から問題ではありません。多分やることそのものに意味があると思うから。
だからと言ってあまりに独善的な自己満足で作品を作っても、それは他の視聴者の方に
申し訳ない。だったらわざわざUPするなよって話ですしね。やはりそれなりの作品として
仕上げないと。

素材の「受け取り手」としての自分の考えは考えとして置いといて、今度は立場を入れ替えて、
作品を見てくれる方に対して自分が何を投げかけられるのか。ちょっとオーバーな言い方だな(笑)。

ともあれ、作り始める前に、冷静に客観的に丁寧に、現状の確認作業をしなければいけません。

状況としては処女作の時とほぼ同じです。キャラが真から美希に、素材の提供元が
きゃのんPからてっPに換わっただけ。そして違う点は、やはり普段使っているステ6の素材に
比べれば、画質という点では1枚落ちていると言わざるを得ない。ズームアップやカメラワークも
試したんだけど、正直苦しい。「できること」にはかなりの制限があるわけです。

そして処女作ともう一つ違う点は、同じ衣装、同じアクセ、同じステージの同じキャラの素材が、
16曲分全部揃ってるって事。だったら、選曲だけじゃなくて作り方も「原点回帰」。
どの道カッコイイ演出なんてまだ私にはできませんから、変に背伸びせず、豊富な素材を
活用して、大事に丁寧に作りましょう。シンクロノミにも五分の魂。

と思って作り始めたらさぁ・・・(笑)。

ポジティブ→FirstStage→思い出をありがとう→idolm@ster→太陽のジェラシー

BPMに合わせて速度調整して、この順序でタイムラインに乗っけたら、なんか知らんけど
それなりに繋がっちゃった(笑)。
特に曲の歌い出しに選んだポジティブ。おいおい、1コーラスまるまる歌いきっちゃったよ!
すげーなこれ。正直気分は他人事。これはこのまま使えという神の思し召しと信じる事にして、
そのまま頭から最後まで連続するPVもどきを作成。

この時点でavi吐き出し→エンコまで実施して、実際に通して見てみる。思ったほど画質は
悪くなかったんだけど、やはりカメラワークのモーションを入れたりズームにすると苦しいなぁ。
全体的な動きは概ね合っているので、基本は長回しを生かしながら、カメラの遠近が
気になるところには別の素材を挟み込む。演出はカンタンで見た目が変じゃないものであれば
大丈夫かな。あー相変わらず私の作風は地味だ(笑)でも、なんか楽しい。

煮詰めるところまで煮詰めれば、細かく素材を切り刻んでテンポだけじゃなく
動きのシンクロまで考えた素材の使い方が出来るんだろうけど、その一方で、アイマスの
素材はあくまでも「ひとつの曲」として構成されたダンスなので、理屈から言えば
なるべく切り刻みたくなかったりします。
まぁそこに拘りすぎると、結局「振りに合う曲」しか使えないという結論にしかならないので、
そこは修行と勉強です。

長回しの心地良さを出すため、1番は演出皆無。だから私の作品はジェノられるんだよ(笑)。
ただし実際はカメラが切り替わるところで素材をカットし、フレーム単位で長さや速度を
微妙に変えて、スムーズに繋がりつつも曲と振りやカメラワークのタイミングがなるべく
合うように調整してます。

歌い出しからの部分が少々前ノリ気味になってるアクションは、敢えて目を瞑りました。
直しちゃうと他が微妙に狂っちゃって(苦笑)あれが一応の妥協点。
ただ、もし動きが逆に遅れていたら絶対に無視しませんでした。
ここは歌詞の出し方と共通してる、私なりの感覚です。

仮組みした動画の上に被せたい別の動きや演出の素材を乗せて、レンダリングして目視。
場合によってはその部分だけavi出力→エンコで実物を確認。ズームを使いたい場所は、
画質が落ちないように拡大した静止画素材を作って代用。繋ぎが苦しい部分は、
普通のディゾルブ以外のトランジションエフェクトでごまかす(笑)。
リップシンクロもなるべく合わせたいんだけど、優先するのは振り全体のテンポ。
その意味で、頭のポジティブと締めの太ジェラがビシっとハマったのは幸運でした。

曲の最後がああいう終わり方をしてるんで、さてどうしたものかと考えて使ったのが、
タイトルの「がんばって!」を言わせて、そのままエンドロールにしてしまう方法。
ここも含めたアップのところは、口パクはもちろんですが、表情や目の動きに変化がある
部分
を積極的に使いました。いいアクセントになるし、数秒の動きならBPMの値なんて
無視しちゃっても大丈夫ですしね。
それにしてもほんの細かなところにも動きがあっていいですよね、このゲーム。

で、ハイ完成。おいおいどこが解説なんだよこれ(笑)。
でもこれが事実なんだからしょうがない。口パク、照明、カメラの切り替わりのタイミング、
表情、えとせとら。素材を生かしながら、自分が見て不自然じゃない映像を作っていったら、
特に意識しなくても、その辺の要素はなんか偶然ハマっちゃいまして。
色々演出も入れられたんだろうけど、なんか、出来上がったの見て納得しちゃって(苦笑)。
いや、色々アイディアはあったんですよ。この曲に入れるコール掛けのタイミングに合わせて
カットを入れてみようとか・・・っと、ちょっと暗い過去に言及してしまった(笑)。

さて、コメントの中に、「今のめぐさんの髪型考えたら覚醒美希でも」ってのがありました。
うん、100%同意。その方が雰囲気出たかもしれないし。
でもね、この作品は、この素材を使う事に意味があったわけです。
だからその選択肢は最初から存在しませんでした。

動画そのものの「外側」に、重要な意味があったり強烈な動機がある動画。
動画を見ただけでは完結しない動画。


正直ね、こう思うんですよ。これってどうなのよ?って。
やっぱり一流の作品ってのは、自分が言いたいこと、伝えたいこと、見せたいことを、
その動画の中で表現しきって完結させてるものだと思うし、自然とそういう作品は
評価されるわけだし、一流のプロデューサーの皆さんは、中身の違いはあるけれど、
それぞれなりの方法でそれを実現しているし、またそこで苦労している作り手の方も
多いと思います。
そして動画を作る以上は、そういう一流の作品を目指すんだ!っていう考えは、
すごく正しい物だと思います。

でもまぁ、別に自由意志の集まりなんだから、ちょっとくらいこういう作品があっても
バチは当たらない
だろうし、いいんじゃないですかね?なんて思っちゃったりするわけですよ。
単に自分の技術の無さへのエクスキューズとも言いますが(笑)。
例えばこれがプロスポーツだったらさ、ナンボ苦労や努力を重ねたところで、結果が
出なかったら給料は上がらんし、下手すりゃ首が飛ぶわけですから、
「結果を出さなきゃしょうがないんだよ!」ってなると思うんです。

でもここは、結果を出すためにやってきた人ばかりじゃない。自分の持てる力と技術を
注ぎ込んで自己研鑽したい人も、私のように動画編集なんてやったことも無いのに
興味を持って飛び込んだ人も、いろいろいるわけです。
そのどれが正しくてどれが間違ってるなんて、誰にも決められやしない。

だから、まずは自分のやりたい事をやるのが第一。そのやりたい事が
「技術や演出をビシっと決めた作品を作りたい!」と思ったら、迷わず研究して勉強して
頑張ればいいし、「日曜職人」として好きな路線を行きたいのなら、マイペースに行けば
それでよし。その楽しみ方、アプローチの仕方は、もちろん人それぞれ。
私はそれを、作り手としても受け手としても、基本的には全部肯定したいんですよね。
やっぱり趣味は、それぞれなりに真剣に楽しめなくっちゃ。


さて、今回集めた美希の素材は、全てそのまま仮組み用の素材として、早くも今日から
次回作のために働いてくれています。いやー助かる。スマンねぇ・・・と思いつつも、
楽してトップアイドルになろうなんざ問屋がおろさないってことさ(笑)。

だからそれに見合うだけの作品を作りたいなと、やっぱり思います。
出来た作品の評価がどうなるのかはわからないけど、少なくともその為の努力は、
できる範囲で常にしないとイカンのかなと。
別にその事を変に義務みたいに背負い込むつもりもないんだけど、
そのくらいの気持ちで取り組む価値が、アイマスMADにはあるんじゃないかな。うん。

最後に、私信。

・・・で、どうよ?(笑)
この記事に対するコメント

 長い。長すぎるよ!
 「ブログに定評のある赤ペンP」のタグを見てきた人の何割がジェノってることか。w
 まぁ、ここまでの長さの文章をまとめ上げる文章力は素直に憧れの念を持ちますわ。

 新作に関しては、自ら言ってる通り、丁寧だけど地味、に尽きますね。
 たとえて言うならスポンジケーキみたいなもの。
 一視聴者としては、それ単体でもおいしいんだけど、生クリームやイチゴが乗っていればなぁ、と思わずにいられません。
 素材調達に制約が色々とある作者には厳しい注文かもしれませんが。
 まぁ、同じMAD製作者としては「それで、自分で素材を揃えられるお前はどうなのよ?」とか言われると「アイタタタタタ」としか言えないんですけどね。w 
【2007/11/19 18:50】 URL | TAK8 #yYfDAmAg [ 編集]

ご挨拶に伺いました
こちらでは初めまして。昨日は私のブログへの米ありがとうございます。
いやぁ、今日も何回か見てしまいました。
私も「日曜職人」用のMAD制作動画作ってないで精進すべきですなw
今後ともよろしくお願いします。

それにしても……長いですねw
【2007/11/19 20:09】 URL | おきな。 #LWshcgts [ 編集]


確かに長い!ww
作品ジェノる前にブログの文章ジェノりそうだwwww
まぁこれだけ書くと、ブログタグつくのもうなづける・・・w

まぁ人それぞれ目指してるものも違いますし、それこそ得手不得手というのも必ずどこかに存在するわけで、それぞれをふまえた上でどう、このニコマスと付き合っていくのかってことじゃないですかね~。
自分は、色々な目標を立てて、それをモチベーションにMAD作ってますね!w 

アグネス故障らしいですよ!
【2007/11/19 20:13】 URL | ディープ #m.2.LkcQ [ 編集]


文章の長さから目を逸らしつつ。
> TAK8P
いやもう仰るとおり。それは素材調達云々とは別の次元で考えなきゃならない私の課題です。
とりあえず、生クリームやイチゴやチョコが乗っかっても負けないだけの土台を作るところまでは
どうにかこうにか来れた感じなので、いよいよ真剣にデコレーションを研究しないと、ですね。
次に向かってステップアップできるかどうか。ひとつの勝負どころかな。

> おきな。P
こちらでははじめましてー。お互いに無理しない程度に精進して
がんばっていきましょう!って、上のレスと矛盾してるのかな(笑)。

> ディープP
さすがに今回はやり過ぎました(苦笑)。まぁそのうち自然と適正な
長さになっていくんじゃないかと他人事のように思ってみたり思わなかったり。
あーレース後下馬してましたからねー。残念。
【2007/11/19 20:27】 URL | 赤ペンP #Td/ILGRk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/92-9bd91d4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック