赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

イコールコンディション
会社に行ってネットに繋いだら、

このブログの更新用ページが

フィルタ対象になってた(爆笑)。


うー、サボリーマン涙目。っつーか気付くの遅いよ!!

という事で、今後は更新頻度は若干下がりそうです(若干なのか?)。
過ぎたるは猶及ばざるが如し、物事はどこかでブレーキを踏まなきゃならんわけだしね。
いい機会です・・・って事は、腰を据えて文章を書く時間が増えるって事か?

さて。
この企画を見て、ふと思ったこと。

im@s MAD Survival Championship


大会の公式ブログはこちら。

塾講師をやっていた頃は、給料日に授業が終わるとよく講師陣が揃って
麻雀をやりに行きました。
22時半とか23時に業務が終わって、そのまま翌朝まで。新人の講師にも
有無を言わさずルールを叩き込み(笑)、四半期ごとには大会も開催してました。
その時の公式?ルールが「ワンスリーの東風戦」。

麻雀を知らない人にも何とかわかるように、乱暴な概略を説明します(笑)。
まずは"ワンスリー"。麻雀ではゲーム終了後に、順位に応じたボーナスポイント
下位の二人から上位の二人に支払われます。その数字の開きがちょっと大きめに
設定されていた、とご理解ください。
つまり、「1位取れないから後はおんなじー」という事がなく、全員が最後まで
ノーガードで殴りあわざるを得ない状況になる。特に3位と4位の差が大きいので
下位に沈んでいても気が抜けない。

そして"東風戦"とは、一般的なゲームのだいたい半分の回数で終了してしまうルール。
つまり、運だけでいいから1回大きな点数の上がりをしてしまえば、その後は残された
短い時間を、専守防衛ハリネズミ麻雀に徹すれば、トップが取れてしまう可能性がある。

だいぶ偏ったルールですが、これらは全て麻雀素人でもベテランに混じって参加できて、
ついでに勝負もそれなりに楽しめて、大会を成立させるためのもの
なんです。

麻雀に限らず、上手い人と下手な人の差っていうのは、勝負が長引けば長引くほど
明確に現れてきます。
特に上手い人がリードした瞬間から守りに入ると、
完全に初心者は運頼み。無理に大技を狙って空振りした隙を狙われて、カウンターで浮かされて
P(Gキャンセル)⇒P(Gキャンセル)⇒→→PPのコンボ成立。追い討ちでストンピング1発。

そこで順位によるポイント差を(特に下位に)つける事で、上手い人が中途半端に
守りに入れないシチュエーション
を作り出し、さらに1ゲームあたりの時間を短縮して
初心者が運頼みでも1回大きい手を完成させれば、それで逃げ切って勝てる可能性が
高くなる状況を生み出す
つまりはなるべく全員が同じ土俵で戦うためのルール
公式に作ったわけです。

作品全編を通じての完成度は一流プロデューサーに及ばなくても、
一瞬ならばその輝きに追いつけるかもしれない。
逆に実力のある人が、わずかな時間でどこまで、何を使って自分を表現してくるのか。
「15秒の時間」という、他のあらゆる余地が介在しない絶対的な制約の前に、作り手は平等。

しかしその限られた時間を活用するための戦略性は高く、それを見る視聴者にも、
必然的に高いレベルでの判断が要求されるハズです。
勝敗の行く末は別にして、この大会が何か大きなものを作り手・受け手に提示してくれる
可能性はとても高いのではないでしょうか。

その趣旨を考える時、今後の運営には並々ならぬ苦労があるでしょうが、
是非成功させて欲しいし、その為には微力ながらお力添えさせて頂きたいと考えています。

そこまで思ってて結局参加できなかった自分はなんなんだ、という事は
ひとまず脇に置かせてくれ(笑)。

まずは視聴者として、37人の猛者との真剣勝負。
そして予選から決勝までの映像と、そしてその後上がってくるであろう完成品を、
作り手の端くれとして、一つの教科書にできればいいなと思っています。
この記事に対するコメント

>このブログの更新用ページが
>フィルタ対象になってた(爆笑)。


ほれみろ、いわんこっちゃないw
【2007/11/15 20:11】 URL | みずなす #- [ 編集]


 みずなすPとのかけあいが楽しみだったのに、サボリーマンの社交場が一つ潰れたかw
【2007/11/15 23:22】 URL | TAK8 #yYfDAmAg [ 編集]


> ミズナスP
楽しそうだな(笑)。
> TAK8P
と言うことで、次はミズナスPのブログを社交場にしましょう。
その次は・・・ア・ナ・タ♪
【2007/11/15 23:30】 URL | 赤ペンP #Td/ILGRk [ 編集]


っ 携帯
【2007/11/16 00:05】 URL | てってってー #G6KY6t/Q [ 編集]


つ携帯
【2007/11/16 00:06】 URL | た #mQop/nM. [ 編集]


> た 氏&てっP
重婚オメ。
私は一向に構わないんだけど、たぶんそれだと携帯の方が
1週間持たないような気がする(笑)。
【2007/11/16 09:16】 URL | 赤ペンP #Td/ILGRk [ 編集]


とうとう遮断されたか。
赤ペンPの更新だけが人生の楽しみだったのにm9(^Д^)プギャー
おっと顔文字間違えた…(。∀ ゚)アヒャヒャヒャヒャヒャヒャ
うーん、おかしいな。悲しみの表情が出せない
【2007/11/16 18:57】 URL | きつね #- [ 編集]


いずれきつねPとは出るところに出て話をつけなければなるまいて(笑)。
【2007/11/16 20:18】 URL | 赤ペンP #Td/ILGRk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/83-c63e5241
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック