赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎度おなじみのあっさり更新だけど
鈴木一朗をはじめて見たのは、
ジュニアオールスターの時だったかな。
試合を決めるホームランを打ってMVPを取ったのを見て、
「あー来年あたり1軍の試合に出てきたら面白いなー」
なんてあっさり目の感想を持ったんですけど。

以来、鈴木一朗を見ることはありませんでした。
プロレス好き的には「ミズーリ州で川に身を投げて死んだ」とか
「リヴァプールの風になった」とか言いたいところだけど(笑)
ともあれその翌年「イチロー」となった彼の今日までの活躍は
今更書く必要もないわけです。

これで川上・青田や王・長島を語るオヤジの中に堂々と
イチローを語ることで仲間入りできる権利を得たのは
ささやかな誇りだったりするわけですが、さてそういう事が
出来るのは、いったい何年後になるんだろう。

単純に現役を退いたイチローのイメージが沸かないってのも
あるんだけど、イチローは引退してもイチローなんだろうな、って。
鈴木一朗である事を、周囲の大多数は許してくれないんじゃないかな。

虚像と実像。
虚像は自分自身では決してない。
実像だけでは自分自身を語れない。

マジメに考えたら面倒くさそうな事この上ない話を、
それでもイチローと鈴木一朗はサラリと乗り越えていくんですかね。
それぞれの間を行き来しながら。

なんとなく意味ありげな文章を書き連ねるテストでした。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/829-b1c87eb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。