赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

足跡は見えていそうで見えないもので
8月19日。誕生祭も終わって1ヶ月、夏の暑い盛りになると
私もデビューしてから2年を迎える事になります。

2周年のまとめはこの前の誕生祭でやってしまいましたので、
デビュー日当日は特に何もせず、フォークジャンボリー
最終日である8/31に合わせて作品を作っているはずです。

下手をしたら半年くらいで飽きて投げ出したり、それまでに
このムーブメントが終焉してるんじゃねぇか、とまで思っていた
この趣味ですから、たとえ2年ではあっても、随分と長い付き合いを
しているものだと思いますし、また感慨深いですね。

恐らく来年の今頃は間違いなく、辞める辞めないの岐路
立っていると思いますので、この1年でどんな道を歩んでいくのか
色々考えるところが多くなりそうです。

さて、それなりに長い期間ひとつの事をやっていると、
当然節目のときにはこんな事を考えるものです。

動画を作り始めた頃と比べて、自分は成長しているんですかね?


とりあえずハッキリ傍証できる事を書けば、
最初の頃から比べて制作環境は明らかに向上してますな。
1GHzそこそこのCPUに512MBのメモリ、80GBのHDDのマシンで
Premiere6.0を動かしてた借り物P、というのが私のスタート。
それが今じゃHDDが合計3.5TBとかどうかしてると思います(笑)。

逆に数字という面では傍証のしようがないですね。
きっと「処女作から作るたびに数字が右肩上がり」っていう人なんて
ほとんどいないと思いますし、大まかに時期を決めて平均値を取って、
みたいな曖昧なやり方くらいしか思いつきません。
私は2作目で再生数が上がって、3作目で落ちて、4作目がちょい上がって
5作目が大爆発&いまだに最も再生数が多い動画、ってな具合。

でも、特に私のように全くの動画初心者からスタートした人は、
何かの形で成長や進歩を実感したいじゃないですか。
それでいて他の人から「上手くなったよ!」とか言われても
「・・・そうなのかなぁ?」とか思ってしまったりするし、
逆にそう言っている人を見て「コンニャロー謙遜しやがって」とか
思っちゃってカチンと来たりもする。
つくづく人間ってのは面倒な生き物ですよね、ホント(笑)。

さて、こういう話で他人様を引き合いに出すわけにも行かないので
当然自分の話をせざるを得ないわけなんですが、そりゃあまぁ、
デビューした直後から比べれば、上手くなってるとは思いますよ。
やればやるほど退化していくなんて話はどんなジャンルでも
ついぞ聞いた事がない。ごく当たり前の話です。

ただ、自分の中では、例えば成長とか進歩っていう
直接的な言葉でそれを認識しているわけではないんですよね。
こういう事をしたいなーっていうイメージがあって、
それを形にする事が出来るようになって、何かのキッカケで
「ああ、これは最初の頃はできなかったな」って気づいた時、
自分はあの頃よりは前進してるのかな、とようやくわかる。

そこには「形に出来る」という技術的な部分だったり、
「こういう事をしたい」「こういう風にしたい」と
"思いつくことが出来る"部分だったり、いろんな要素が
含まれるんですけどね。

でも、基本的に考えてる事が劇的に変わったとか、その内容が
進歩したとか、そういう事はあんまりなくて。そりゃそうだ。
さんじゅうちょめちょめ歳にもなってそういう部分で進歩が
見られるって事は、それまでは一体なんだったんだって事になる(笑)。

それまでは自分の中にないものを取り入れて、
それを咀嚼して外側に出していく事。
それまでは出したくても出せなかったものを、
その為の方法を見つけて表に出していく事。

きっと外側から見る人にしてみれば、それは「変わった」という
一点において等価
であり、その内実の違いを区別する必要はないでしょう。
作り手としてそれを受け手にわからせる必要も同じくありませんしね。
ただ、自分自身ではきちんとわかっていたいなぁとは思います。

で、そんな事を考えてて思いついたことがあって、
ちょっとこの前キッカケがあって、予定は全然していなかった
あることをしようかなと思ってます。タイミングで言うと
フォークジャンボリーが終わった後に、敢えて時間はあまりかけず
一気にやってみたいなぁと考えてるんですけど。

ま、あくまでも自分のための動画であり、なんか凄い事を
するわけじゃないのでご承知置き頂きつつってことで。
でも、逆に緊張しそうだなぁ(笑)。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/801-ba1d568b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック