赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

やり合うということ
本気とか真剣とか真面目とか、とにかくそういう言葉があります。
今回は、その使い分けを考えようって事じゃないんですけど。

動画を作っている時に本気だったり真剣だったり真面目なのか?
と質問されれば、それはもちろん本気で真剣で真面目に
やってるつもり
ですけれど、突き詰めて考えていくと
これがなかなかに難しかったりするわけで。

ものすごく良くあるパターンの話から入れば。

所詮は動画作りも趣味ですから、私の作った動画がどんなものになり、
それが見る人にどう受け取られても、それが直接的に自分の何かを
脅かす事は、まぁないでしょう。

数字や評判が自分の思うところと違ってたら精神的にはキツい事も
あるでしょうが、少なくともそれで生活できなくなりましたとか
実生活で路頭に迷うという事はないわけです。だから真剣に仕事をする事と
真剣に動画を作る事は、同じ言葉を使っていても、当然意味合いは違ってくる。
だからまぁ、頑張るといってもそれなりに限界はあるわけで。

・・・なーんて例え話は、良くあるパターンだと思うんです。
だからいまひとつインパクトがないというか、どうせなら
もうちょっと違う言い回しはないかなー、なんて思って。

で、真剣という言葉を使っていてふと思い出した。
プロレス・格闘技好きとして、私もかつては「修羅の門」
愛読していたわけですが、そこに出てくるこんな比喩が、
結構心に残っていて。あ、漫画のことを知らなくても大丈夫っすよ。
詳細は省き、セリフを編集して結論部分だけをまとめます。

お互いが本気で戦う、というシチュエーションであっても、
それぞれが木刀を持ってやり合うのと、真剣を持ち出してやり合うのとは
その趣旨において全く別物である。
まぁ、そんな内容です。

剣道の試合でお互い竹刀を持っているはずが、相手だけなぜか
真剣を持っててそれを振り回されても困る、というか危ない。
「怪奇大作戦」の"狂気人間"かっての(わかる人だけわかればよし)。

一方で、確か剣道では、竹刀の糸が張ってある面は剣の峰とみなされ、
そこで打突しても有効にはならなかった気がするんですけど
(うろ覚えなんで間違えてるかもしれません)
そういう風に竹刀や木刀を「真剣であるかのように扱う」
という心構えは当然あってしかるべきなわけで。

相通ずる部分と異なる部分が、それぞれある。
だから、お前は真剣に趣味をやっているかと言われたら、
真剣にやってるよ、と胸を張って答えるし、そうありたいと思う。
でも、もし「真剣で切り結ばなければ意味がない」と言われてしまったら、
その観点からすれば「真剣ではない」のかもしれない。
少なくとも、真剣を持ち出しているという意識はありませんから。

単純に危険度を考えたら、そりゃ真剣を持ち出す方が遥かに上です。
考えるべき事だって当然多くなるでしょう。なんと言っても
相手だけじゃなく、自らだって傷つけるかもしれないし。

でも、木刀を持った勝負だから傷つかないかと言われたら、
そんな事はない。竹刀だってそうでしょう。
下手をしたら刃で切るものではない分、力を入れて振り回して
かえって痛みは増すかもしれない。

今、あなたが手にしているのは、真剣ですか?木刀ですか?竹刀ですか?
あなたの目の前にいる相手は、何を持っていますか?
あなたと同じ得物を持っていますか?同じ土俵に立っていますか?
間合いから何から、全てが変わってきますから。

"やり合いたい"のなら、条件は揃えたほうがいいでしょう。
巌流島の戦いが、どこでも見られるわけじゃありませんからね。
だからと言って"俺はこれで試合がしたい。お前もこれを持て"
って理屈が常に通るわけでもありません。

もっとも、それが常にちゃんと把握できるのなら苦労はないし、
だからこそ面白い部分があることもまた否定はしないというか
むしろそのギャップを楽しむことすらしますから、
偉そうな事なんて言えた立場じゃないんですけどね。

ま、特にどうという事もない愚痴でございました。
最近職場が殺伐としているからいけないんだ・・・(笑)。
この記事に対するコメント

エントリ興味深く拝読しました

自分では何気ない事が、他人には致命傷だったりしますよね
得てしてそういう時は責任も感じ難かったりします
恐ろしい話しです

話しは飛びますが戦争を一番忌避するのは前線で戦う軍人であり
一番好戦的なのが文民であるなんて言葉もあります
自分の言動が凶器となる可能性は常に認識しておきたいものですね
【2009/04/04 02:55】 URL | medic #- [ 編集]


> medicさん
おっかないもんを自分が持っているという自覚は
案外としづらいもんですからね。そこは誰が悪い話でもないんだけど
できる限り意識はしたいなーと、まぁそんなところでしょうね。
自戒の念もこめつつ。
【2009/04/05 10:31】 URL | 赤ペン #Td/ILGRk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/701-158c3234
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック