赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アイドルマスターSPの感想など(その3)
さすがに今回が最後だよ!(苦笑)

前回のクソ長い文章をまとめると、美希という鏡になる存在が
いた事で、無印とは違うあずささんを見ることができたという点で
あずさ派的には(100%ではないにしろ)満足できたわけです。

じゃあ、その鏡の立場に回されてしまった美希はどうなのよ?

「そもそもそういう立場になることが納得いかない」
という方は、これ以上は読まないほうがいいと思います。
そこがこの話の一番の分岐点で、私はそちらの方には
歩を進めなかった人間ですから、その視点からの文章は
書けないというか、書いたらウソになるので。

正直まとまっていない長文だけど、
まぁ書きたいことを書けるだけ書いてやれ、という内容です。
ついでにそれもご承知置き頂ければ。

無印のアイドルマスターは、
「目標はあるけど道筋は決まっていない」ゲームでした。
ランクを上げてトップアイドルになるという目標はあるけれど、
どのランクに上がるまでに何回レッスンをやり、何回営業に行くのか、
それぞれどのレッスンなり営業を選ぶのか、それは完全にプレイする人に
委ねられ、オマケにその目標は達成を義務付けられてはいない。
1年間プロデュースしたらエンディングですから。

私が最初にあずささんでプレイした時に、あまりにコミュを見てなくて
「ランクBに行ったらいきなり運命の人の話が出てきた」という
話になっちゃったわけなんですけど、そういうある種の矛盾した
シチュエーションを容認しつつ、こちらでいろんな想像をする余地が
あるのが、無印のアイドルマスター。

一方SPのストーリープロデュースは、その名の如く一本の
ハッキリした道筋と、そこを通らせるための"縛り"が加わります。
SPの"縛り"はそれほどキツイものではありませんが。
その道筋に沿って進んでいけば、どんなプレイをしても
ストーリーが大きく矛盾する事はありません。

そしてSPはゴール地点がハッキリわかっている。
例えば無印でCランクエンディングを迎えることと、
SPでIU予選落ちするのとは、意味が全然違うわけで。
だからゲームをクリアした人達にはある程度共通の認識が
生まれ、その分頭の中で物語を補完する余地は確実に減る。

いささか乱暴に区分けしてしまいましたが、要するに
無印とSPはそもそも趣旨が違うもの。だったら、
趣旨が違うなりにそれぞれを捉えようじゃない?

実のところ私の中のSPの評価は、この違いがわかった時点で
決まってたようなものです。実際に購入してプレイするのは
それを確認するための行為に過ぎない。
だから大事な事は、変化したことそのものではなくて、
変化した結果として、一体全体どうなったの?という点。

最初に書いた「分岐点」の、私が選んだ側の道ってとこでしょうか。
だから移籍の事実自体が納得いかない、というスタンスの方は
これ以上読まなくていいと思います(苦笑)。編集点です、ここ。
前提条件が違う以上、たぶん私のどんな感想も意味がないでしょうし。
それをあらかじめ書いた上で、続き。


私はSPで出会った美希に感謝しています。


だってあの美希がいなけりゃ、あのあずささんは未来永劫見られなかった。
その姿を全て肯定するわけじゃありませんよ。別物だとは思う。
でも違うものでもないと、そうも思う。少なくともそこにいたのは、
二人で上だけを目指して踏ん張っている時には、きっと見られない
あずささんの姿だったのだ、っていう事。

この物言いは、美希が好きな人にとっては納得いかないでしょう。
確かにそれは損な役回りで、辛い立場なのは間違いないと思う。
「何で美希だけ」とか「お前に何がわかる」って言われたら
そりゃ何にも否定できないよ。

でもね、SPだけを見て、美希が気の毒とか可哀想とか、
そんな風には私にはどうしても思えない。いや、思いたくない。
そんな気の毒で可哀想な立場にある鏡に映ったものは、
当然気の毒で可哀想なものになるでしょう?違う?


他の方がどんな考えを持たれているかはわかりませんが、少なくとも
私にとっては、美希が可哀想だというのなら、ミッシングムーンは
プレイするまでもなくその全てが可哀想な存在なんだと思いますよ。
そう思うのならプレイするべきでもないでしょうし。
で、プレイした結果、私はそうは思わなかったから、こんなことを書いている。


・・・もう一回編集点を作っておこう(笑)。
以下はそういう視点に立脚した人間の文章なんで、
他人の考えは他人の考えとして相応に尊重できる人は
読み進めてください。無理だと思ったら止めた方がいいです。
正直、そういう人が納得して読んでもらえる文章だとは、
自分でも思ってませんから。


確かに、それまで他のアイドルたちと同じ立場にいた存在が
突然一人だけ違うところに送り込まれるわけだから、
それは不公平だし「なぜ?」って事になりますよね。

その決定にまつわる部分はどこまで行っても類推でしかないし、
それは邪推にも繋がりかねないから、書くのは止めておきます。
いや、書くとなったら、「赤ペンP」としては無理ですね。
中の人の経験談まで含めた、もっと大きな話になって、
ニコマスとは本当の意味で無縁のことになっちゃうんで。

で、とりあえずこういう設定になることが決まったと。
そしてその役割は新キャラを除くと、美希しかできなかったし、
託せなかった
んでしょう。

他のアイドルたちは、多少の時間のズレはあっても、
同時にこの世に生を受けたメンバーです。
そして美希だけは、他のメンバーを見て生まれてきた。

美希以外の誰に、その役回りが務まるよ?
どんだけ身贔屓しても、あずささんじゃ無理だよ。
他のアイドルでも無理だと思う。

私は狂言回しや道化が好きです。
時代劇でいかに見事に切って捨てられ、主役をカッコよく
見せられるかを考えてる端役の人が好きです。
送りバントや右打ちでランナーを次の塁に進めて
自分はアウトになるバッターが好きです。
ゴール前でひたすらポストプレイに徹して、他の選手の
シュートを演出する選手が好きです。
得点は二の次で黙々とディフェンスリバウンドを
確保する選手が好きです。
絶妙のパントで少しでも相手の攻撃開始地点を遠くしようと
精進しているパンターが好きです。

"Roll-Player"
主役ではないけれど、いてくれなきゃ困る人。
目立たないかもしれない。損な役回りかもしれない。
ギャラだって主役のほうが高いに決まってるよ。
でも、誰かがどこかでそういう役割を担わなければ、
全体としては絶対に立ち行かなくなる。
主役だけでドラマは成り立たない。4番打者だけでは勝てない。

普通に考えたら美希なんてどう考えても4番を打つタイプだと
思うんだけど(笑)、今回SPで美希が託され演じたのは
そういう役回りなんだと思います。

だからこの件で不満があるとすれば、その美希がどうして
ミッシングムーンでだけ鏡となっているのか
、っていう点。
全員の前に立って、全員を映してあげなきゃイカンでしょ。

あるいは貴音や響がその鏡として、それぞれのメンバーにとって
より好ましい存在なのかもしれない。3本のソフトのメンバー分けには
何気に深い意味があるのかもしれないけど・・・まーそれを証明するのは
いろんな意味で至難の業だわな(苦笑)。

だから、次はちゃんと「美希を映し出す鏡」を作って欲しいな、とも思う。
もしそれが放ったらかしにされたら、それはさすがに美希が気の毒だし
可哀想だと思う。そして見聞する範囲では、あのエピローグの流れは
ちょっと不安な気分なのも確かですけど。

いささか楽観的で性善説によった発想だとは思います。
でも、そうやって考えてあげた方が、「次」がありそうじゃない?
とりあえず、まだここで足を洗おうとは思ってないからさ。

だからなのか、それとも私の勘違いなのかもしれないけど、
この人のこの作品の作者コメントが、スッと心に入ってきた。

whoP


包み隠さず書けば、私はこういうタイプの作り手の人とはきっと
対極にいて、相容れない存在なんだろうと思ってました。
いや、今もそう考えている部分はあります。
実際whoPの作品を見ても、それが単純に作品としてどうかという部分は
見えるけど、それ以上の感情移入って、全然しなかったんです。

でもSPをプレイした後にこの作品を見かけて、この作者コメントを見て、
凄く感じ入る部分があったんですよね。もっとも、だからと言って
同じような思考の過程を踏んでいるとは到底思えないし、
結論的な部分も絶対違ってるとは思うし(苦笑)。
それでも、なんと言うか、すごく得心がいったと言うか。

そして一番大事で重要で考えるべきは、この後、自分がどうするか。
結局それだけですよ。目の前にある事実をどう受け止めて何をするのか。
無印もSPも全部ごった煮にして、それをどう盛り付けようか。

ここから先にあるのは、私自身の中の問題。
だからここで書けることもこれ以上はありません。
思う事、感じる事は他にもあるけれど、それは文章という形で
他人にお見せするべきものではないと思いますし。
でもSPの発売が、自分のスタンスを見つめ直すいい機会
なり得ることだけは間違いないと確信してますけどね。

なんか、思った以上に長くなりました。
半年以上も言いたいことを溜め込んだせいだな、きっと(笑)。
そのくせ結論は単純極まりない話だからねぇ。

うん、もうこの話はおしまい。本音を言えば書きたくはなかったんだけど、
書いておかないと次がない気がしたんで、珍しく"頑張って書いた"文章です。
だいたいまだ一人しかクリアしてないわけだし。
とりあえず次はサンをやろうかスターにするか、ムーンをそのままやるか。
まぁ何にしても忙しくて時間がほしいけどね!

なんて、いつもの自分のペースに戻して、長ったらしい感想はここまで!
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

とりあえず、あずさは俺の嫁 まで読んだ

>美希以外の誰に、その役回りが務まるよ?
春香、雪歩、真、
以外

美希の代わりが務まるベタなシナリオならオイラにも思いついた。
サンしかやっていない、勝手な解釈人のたわごとですけどねw

オイラはサンのラスト真をクリアしたらスターに移行します。
【2009/03/03 03:57】 URL | た。 #mQop/nM. [ 編集]


>いてくれなきゃ困る人
とっても同意。美希には感謝してる。
それだけにIU後の美希の幸せを願わずに入られない。
サンもスターも買ってないけど、俺的最優秀助演女優賞。
【2009/03/03 09:15】 URL | シャックル #jxT87rSU [ 編集]


> たP
相変わらず空気を読まないレスありがとう(笑)いや、
これ褒めてるのよ(さらに笑)。ま、みんな勝手な解釈人だからね。
こっちはまだ全然追いつかないのでまた話でも聞かせてくれ。

> シャックルP
その後を幸せにするのはこっちの役割なのかもしれませんな。
そこの解釈をみんなで前向きにできれば、小賢しい理屈は
どーでもいいのかもしれません。そんな気がします。
【2009/03/04 20:19】 URL | 赤ペン #Td/ILGRk [ 編集]


何となく分かる気がします。whoPは小説家タイプ、赤ペンPはライタータイプって感じですよね。
ただ、whoPよりも赤ペンPの方がより感覚的な表現が多くて、そこは個性なんだろうなって思います。
色々あって面白いですよね。
【2009/03/07 15:55】 URL | かんち #FF3H9HIM [ 編集]


> かんちさん
どもです~。うん、その通りですね。私の方が一歩引いてる感じ。
でも小説家だって一歩引くこともあれば、思い入れて文章を書く
ライターだっていて、やっぱり色々あるなぁって思います。
いずれにしても「自分と違う人」って、あれこれ気になるものですね。
【2009/03/07 23:50】 URL | 赤ペン #Td/ILGRk [ 編集]


うーん、外から拝見してると、あまり引いてる印象は受けないかもです。赤ペンPはとても情熱的だなあと感じてましたよ。
【2009/03/08 07:38】 URL | かんち #FF3H9HIM [ 編集]


> かんちさん
表に出てる部分は確かに結構突き抜けてるかもです(笑)。
出さない部分は全然出てないなぁって思いますし、
アクセルもブレーキもベタ踏みしてるって感じでしょうか、
っていう答えでいいものかどうか(苦笑)。
【2009/03/08 16:47】 URL | 赤ペン #Td/ILGRk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/675-c97c7e56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック