赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドルマスターSPの感想など(その1)
という事でチマチマとプレイを重ね、ストーリーモードをクリアしました。
昨年7月末の発表以来、「自分でやってみてから感想を」みたいな事を
ここで書いてきたわけですが、さすがに全アイドルとか3本全部やってからだと
いつになるかわからないので(笑)この段階でちょっと書いてみようと思います。
・・・って、"ちょっと"なのに「その1」とか!(笑)

前提条件の説明と事前の注意。
今回はミッシングムーン、あずささんでストーリープロデュースをプレイし、
48週目でIU勝利クリアしています。レベルは12、記者ブーストでクリア時は16
ファンは最終的に120万人ちょいのランクAです。

当然ながらあずささんのストーリーやライバルである美希の話も含めて
各種のネタバレ成分がある文章になっています。なるべくその辺は抑えて
書くようにしますが、あらかじめご容赦ください。

以上のような条件で私が感じた感想ですので、様々な部分で他の皆さんと
意見の相違が出てくるでしょうが、そこは是非とも、いち感想として
華麗にスルーしていただけると幸いです。

んじゃ、書きやすいところから。


まず、動画の素材的な視点。ま、これは簡単でいいよね。
頑張ってるとは思いますけど、映像に関して言えばやっぱり
箱○版とは別物と割り切るべきでしょう。個人的にはこれを
上手く使った動画にもトライしてみたい気はしますけど、
相応の構成を考えなくちゃいけませんね。
あ、音声素材は面白く活用できそうかな。

既にSP素材を使った動画を上げている方もいらっしゃいますし、
そちらをご覧頂いた方が早いでしょう、ということで、以上!
ハイ、次行ってみよう(笑)。

続いては、ゲームとしての視点。
ゲームにおける「ゲーム性」の定義は人それぞれでしょうが、
ここでは「課題をクリアする行為」として考えています。

そう考えると、これはかなり頑張ってると思いますよ、正直。
私はアケマス未体験なので、そちらとの比較は別の方にお譲りするとして
箱○のプレイと比べてレッスンに「緊張感」がありますね。

歌詞レッスンで文字がひっくり返ってるとか、
ダンスレッスンなどで十字キーも使うとか、
そういうちょっとした変化だけで、グッとゲームっぽくなったというか、
「作業感」が減りました。まぁ「作業」と感じてしまうのは
私のプレイスタイルが悪いからというのもあるんですが(苦笑)。
各種の約束などによる時間指定も、緊張感を演出する要素として
機能していると思います。

一方で、オデ前に曲や衣装の変更が出来たり(5曲縛りはそのままですが)
敏腕記者ブーストをかなり任意に発生させることが出来たり、
テンションが高ければジャストアピールの心配はほぼ無用だったり、
通常より制限時間が長いハードレッスンがあったりと、各種の救済措置が
講じられているので、全体的な難易度自体は高いとは感じませんでした。

箱○で気になっていたインターフェース周りの操作性(特にオーディション)も
ストレスはだいぶ減りましたし、結構プレイしやすかったですね。

難点というか個人的に困ったのは、オデのアピールボタンの配置が箱○とは
若干違ってて(ダンスアピールと思い出ボムが入れ替わってる)最初のオデで
大変な事になったのと(笑)、その思い出ボムの流れが早い上に
goodがピンク、badが紫と色が似通ってるので、箱○に慣れてる身としては
ちょっと戸惑ったことかなぁ。でも「欠点」って程のことではないよね、これ。

画質とか動きに関しては、まぁ既に巷間囁かれている意見とほぼ同じです。
携帯機だから色々許してあげましょう。でもコミュは頑張ってると思うけどなー。
私服が違ったり背景とキャラの割合が変わったりして新鮮ってのもありますが。
あずささんのノースリーブマジ最高!あとBランクアップコミュの上目遣いで死ねる。

新規追加コミュも、いくつか拝見。あくまでも「追加」ですから、
ストーリーの本質に迫るものではなく、それを補完する内容ですね。
いわゆるお約束というかお遊びというか、そういう内容も・・・
詳細は直接確かめてね(笑)。


・・・で、ここからが本番ってわけですな。
ストーリー的な視点。ここが一番厄介で、だからこそこのエントリが
エラい長文になったわけなんですが。

分量的に詳細は次回に書かざるを得ないので、
今回はプレイ前の話を。

詳細は深く突っ込まないでね、って話なんですが、
実はSPをプレイする前に、箱○で美希のプロデュースを終えました。
金髪と覚醒、両方で。いきなりSPをやっても良かったんですが、
まぁその辺は色々とね。そういう前提での感想になります。

さて、SPの発表や追加の情報が明らかになって以降も、このブログで
私は一貫して「プレイしてから考えよう」って書いてたわけなんですが、
その一方で、プレイする前から身構えていた部分があったんです。
「どう考えてもいきなりシビアな状況になるよね」って。

「あずさ派→最初のプレイはミッシングムーン→ライバルは美希」

まず、この流れが最初からわかっていたわけです。
そして美希の移籍の理由がああいうものであり、
あずささんのストーリーってああいう内容で。

昨年のあずさ派ラジオで「多分あずささんは美希みたいなタイプは苦手だよね」
みたいな話をしてたのを思い出します。想い入れたら一直線、でもその想いを
内に抱えるタイプと、迷わず表に出すタイプ。苦手かどうかはともかく、
スタンスが正反対の二人。

しかも風の噂によると、サン→スター→ムーンの順番でプレイするのが
推奨されているらしい。理由はまだわからないし、その通りかどうか
確認もできませんが、まぁ移籍した美希がムーンにいるんだから
その流れは当然といえば当然だし、下手をしたらいきなり
話の本質に触れる羽目になるのかもしれない。

以上のことから類推しうる状況。
どう考えても、これは"ど真ん中の正面衝突"。

同じ月組の千早や律子でプレイした方のご意見も是非伺いたいんですが、
あずささんには少なくとも相当にベタなシチュエーションがあらかじめ
用意されているのだろうと、事前に考えていたんです。

こりゃ身構えるなって方が難しい。
美希だけの問題で終わるはずがないもの、絶対。

幸か不幸か年明けは公私共に忙しい日々が続いていたので
それほど強く意識せずにすんだのですが、ともあれそういった
鬱屈した妄想と、純粋な期待感がないまぜになった
複雑な心境のまま、PSPを立ち上げたわけでありました。ベンベン。

んじゃ、本編?は次回のエントリに続く。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

好き嫌いは分かれるだろうけど、ゲームらしくなりましたよね。
ランクAまで完全に規定路線ですし。先生と同じくアケ版を知らず、さらにはニコマスが入り口な身としてはとても遊びやすくてよかったです。
【2009/02/26 11:46】 URL | シャックル #jxT87rSU [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/02/26 19:34】 | # [ 編集]


> シャックルP
確かにランクAまでは規定路線、でしょうね。でもよくよく考えたら
ゲームの感想で「ゲームらしい」って言葉が出てくるあたりが、
動画製作者の業の深さなんでしょうねぇ(苦笑)。

> 非公開コメント様
後程お返事に伺いますのでよろしくですー。
【2009/02/27 21:51】 URL | 赤ペン #Td/ILGRk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/669-200dfd6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。