赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

File023:「ルーキー」
全員のソロ作品を、絶対に作ろう。

それは私がニコマスPとしてデビューしてからずっと考えていた事でした。
今年の目標として「まだ取り上げていないアイドルで作る」と掲げたのは
どうやらそれが手の届くところまで来たからなんですよね。

まずは昨年の10月に伊織の作品を作って、残りは3人。
他のアイドルはどうしようかなー、と考えてて。

旧友・Y2PとWWE講座のアイディアについて話していた時、
「リック・フレアーの紹介は、やよいをゲストで」という話題になったんです。
で、フレアーの代名詞である「woooooooooooo!」という掛け声と
やよいの「うっうー!」を引っ掛けるという話になったところで、
「ああ、そういえばそんな歌い出しの曲があったなぁ」
と思いついたのが、この曲でした。

・・・その時点では、思いついただけで内容の精査は全くなし。
ぶっちゃけ、出落ちな感じが満載だったんですけどね(笑)。



玉置浩二といえば安全地帯。あのねっとりと纏わりつくような情感も
嫌いじゃないんですが、個人的にはソロ作品の軽さも好きでして。
何なんだろう、ソロになった途端何かから解放されたようなあのノリは(笑)。

全然関係ありませんが、安全地帯といえばギターの矢萩渉のソロもお気に入り。
名前を見てもピンと来ないかもしれませんが、かつてフジテレビのF1中継を
見ていた人なら、EPSONのCMソングの人と言えば思い出すかもしれませんね。
ゆーくぞーちのーはーてー♪

さて、最初は単に「うっうー」の空耳から入ったこの曲なんですが、
これが思った以上にやよいに合うなぁと思い始めまして。
やよいが頑張る理由というのは、ストーリーの中でも色々手掛かりはあるし
想像もしやすいし、なんなら「やよいおり」みたいな対比の形で表現する事も
出来るんでしょうけど、そうじゃない捻り方をしたいなって思って。

とにかく頑張る姿って、時折どこかもの悲しい色を帯びる事があって、
「もう頑張らなくていいよ」的な感情を呼び起こすこともあるんですけど、
この理由付けなら、そんな心配はないですよね。
右も左もわからないルーキーがやれる事なんて「頑張る事」だけですから。
どれだけ実力主義の世界であっても、そしてほんの1年の間に
トップまで駆け上がっていくアイドルたちであっても、その点は変わらないと思うし。

・・・しかしまぁ我ながら見事な後付けの論理です(笑)。

「プロデューサー」という立ち位置にこだわった曲。
アイドルに歌わせるのではなく、アイドルを歌う曲。
なんならアイドルじゃなくて、彼女たちを見ている存在を歌う曲。

伊織の時にも書きましたけど、赤ペンPお得意のスタンスです。
だからぶっちゃけた話、伊織の「道化師のソネット」とこの作品、
基本的な構造とかやっている事って、見た目はともかくその趣旨は
そんなに変わってないと思うんですよね。きっと亜美真美で
作品を作るときもそうなるんだろうなぁ。

ここから先は毎度お馴染み、歌詞の展開にあわせて画面を作成。
タイトルが「ルーキー」なので、当然入りの場面は一番最初に出会うシーン。
使うコミュも可能な限りDランク以下で。C以上は趣旨に合うセリフだけとか
抜き素材としての使用に留めています。
ダンスのシーンもルーキーっぽく市民ホールのステージにして、さらに
前半戦はノイズを入れて垢抜けない雰囲気に。間奏明けのアピール3連発から
それを取り払って明るい空気にしたいなぁと。

その間奏がフェードアウトしてコミュに繋がるシーンは、まぁ手法としては
某Pのパク・・・リスペクトですが(笑)、一応理由があって。
実はあの間奏のところでも例の「うっうー」のコーラスが入るんですよ。
それを除いて最初と最後だけにしたかったんですが、曲の構成上
ブッツリ切る場所がなくてどうやっても不自然になっちゃうので、
やよいのセリフを重ねつつフェードアウトさせました。

無音になったところで、この作品のキーとなるコミュである
「Dランク/ライブ鑑賞」のひとコマを。アイドルを問わず、
アイマスの中で"好きな場所"を上げろと言われたら、ここなんだよなぁ。
そう言えば伊織の時も、この場所のコミュが作品のキーになりましたね。

引き続きコミュシーンの抜き素材はらくさんPのツールを活用。
今回はこのツールで衣装選択シーンからも素材を作っています。
ホント便利に使わせていただいています。改めて感謝。

普段の私なら、ダンスシーンは意識的にUPのカメラを多用するんですが
(ハナミズキなんて最後のシーン以外全部UPだったしなぁ)
今回は逆にロングやミドルのカメラを多用しています。伊織の時はダンスシーンを
使わなかったので特に問題はなかったんですけど、こういう趣旨の曲だから
ちょっと引いた視線を意識したいなと思いまして。
キメのシーンだけはUPや固定カメラですけど。

その考え方からいくと、こういう曲や趣旨の作品は、曲とダンスが
必ずしもシンクロしている必要ってないよね、と私は考えるんですが、
この曲のように軽い感じやテンポだと、見ていてやっぱり違和感があるので
それなりに合わせてあります。
意図的にズラすなら、早い曲にゆっくりのダンス、あるいはその逆がいいのかなぁ。
そこは今後検証してみたい部分です。

最後の神バの振りは・・・うん、すまない。単に使いたかっただけなんだ(笑)。
でも、なんと言うか、「お客の方に歩み寄ってる感」のある振りだなーって
思いまして。えーと、説明になってない気がするけど、要するに好きだってことです。
ああ、今回は珍しく作者コメントを全然考えてなくて、
脊髄反射的に書きました。元ネタはわかる人だけわかれ(笑)。

実はこの作品、もうちょっと後で上げるつもりだったんですが
諸事情があって前倒しにしようと思い一気に仕上げました。
その分、これを試してみたいなーって思ってた事がちょっとだけ
後回しになっちゃったんだけど、その機会はまだまだあるでしょうし。

その事情については追々話す機会もあるかなぁと思いつつ、
ふと気が向いた時に是非フラリと立ち寄ってください。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

よかった。
すごくいい出来でした。

久しぶりに何度も見てます。
【2009/02/19 19:05】 URL | unknown #- [ 編集]


> unknownさん
どもですー!いつでも見にこれる作品にしたいなーってのも
作ってる時に考えてたりしたので、また是非お立ち寄り下さい!
マイリス率が高いのはありがたい限りです。
【2009/02/20 22:57】 URL | 赤ペン #Td/ILGRk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/662-22ceaafc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。