赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

MSC3考察・本選の章
毎度お馴染み注意書き。

原則として以下の文章は、MSC3という大会のエントリー作品であるという前提のもと、
動画内で視聴できる映像だけを見て、私個人が感じた感想及び考察となっております。
つまりこの大会という趣旨や形式の中において、30秒間の映像を見た状態での
現時点での私の個人的な感想であり、製作者の方の本来の意図とはかけ離れた考察になっている
可能性があることを、あらかじめご承知置きください。

またそれぞれの作品が勝ち残り決勝に残った場合、あるいはMSC3という大会という枠を
外れて単体の作品としてみた場合に、この予選時とは異なる感想を私が持つ可能性も
ある事をあわせてご承知置き下さい。

今回までは私の投票作品と、そのほか気になった作品を寸評形式で
ご紹介する形となっております。決勝は投票の有無に関わらず
全作品についてコメントをさせて頂く予定です。

もうここまで来たら方針も何もありませんので、いきなり行きましょう。


本戦Aブロック
赤ペン投票作品:2
<寸評>

困った事に予選でなるべく投票を避けていた「普通にいい作品」が
かなり固まっていて、重箱の隅をつつくような選び方をしなければ
絞り込めないなーと。2にした理由はもの凄く単純で、一瞬見えた黒目の
静止画が何を意図して仕込んでいるのか、それが決勝で明らかになるかどうかを
見てみたいなぁと思ったから。


本戦Bブロック
赤ペン投票作品:2
<寸評>

いやーこのブロックのこのカチ合い方は・・・(笑)。あの2作、単純にどっちが
得票数が上か、その結果だけは知りたいわー。ただ、赤ペンの個人的嗜好だけで
言うならば、どの作品も飛びぬけて引っ掛かるって事がなかったので、これまた迷う。
その中で敢えてシンプルに見える2に入れたのは、もうブロック分けの妙であり
逆に決勝で何かしでかして欲しいなぁ、という期待込みで。


本戦Cブロック
赤ペン投票作品:7
<寸評>

色々条件付きでこれまで選んだ作品たちが一堂に集結!って、
それメッチャ困るんですけど。無理矢理投票しちゃいましたけど、いっその事
無投票でもよかったかもしれない。実は「決勝で豪快にひっくり返して欲しいなぁ」という
思いの強い作品がいくつかあって、投票作品もそのひとつ。まぁひっくり返せば
評価するのかといわれるとそれはまた微妙なんですが、さてどうだろう。


本戦Dブロック
赤ペン投票作品:1
<寸評>

まずこれは書いておこう。7はよくやりきってると思います(笑)。素晴らしい。
そんな中で1にした理由を説明するのは難しいんですが、ある意味このブロックで
一番異質な作品に入れたかったな、と。この大会の中で、珍しく全部見てから
考えたいなぁ、と思った作品なんですよねぇ。他の作品も描いている世界や手法は
それぞれ色があっていいんですけど、ちょっとこれだけは違ったという1点で。


敗者復活
赤ペン投票作品:LoK-6(C-4)
<寸評>
・・・書かなきゃダメ?(笑)もう覚え切れていないので、
自分が投票した作品でここまで残っていないものの中からチョイス。
正直この数だと、敗者復活はキッツイですわー。


<総評>
文章にそのまま現れている通り、今回は完全にブロック分けによって
私の投票の方向性が決まってしまいました。A・BブロックとC・Dブロックの
作品が半々くらいで入れ替わっていたら、もっと違った形になってたんじゃないかと。
今回から各作品への細かい感想を書こうとしていたんですが、この状況だと
非常に微妙な内容になりそうなので、ちょっと薄味になっちゃいました。

さて決勝。個別の作品について触れるのもさることながら、そこに出揃った
作品の顔ぶれから見えてくるものが、果たしてあるのかないのか。
その辺を楽しみに、「嵐の前の静けさ」的に今回は終了。いやー、実は危なく
投票に遅れそうになったというですね・・・(笑)。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

毎度ながら考察お疲れ様です。
競馬がわからない人間はこういう所で存在感を出しておきますw


しかし、視点の違いがあるだけでこうも投票の仕方に違いが出るとは、面白いものですねぇ
今回は前回みたいに捻くれた投票の仕方をしないでとにかく続きが見たいと思った作品に投票してみました。
そしてまた感想記事を書いて見ました、もの凄く適当ぽい記事になりましたが、どうしてもお暇な時間がありましたらご覧くださいませ
http://huro4225.blog92.fc2.com/blog-entry-32.html
【2008/11/18 00:06】 URL | 風室 #xsVPzGQc [ 編集]


> 風室さん
考察お疲れ様でございます~、そしてもう決勝っすよー(笑)。
現在頑張って本編考察を書き始めてますんで、
落ち着いたら拝見しに行きますねー!
【2008/11/19 20:25】 URL | 赤ペン #Td/ILGRk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/582-a16c1882
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック