赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

MSC3考察・地方予選の章
えー、毎度おなじみ大会の考察でございます~。

ただ、その前に主催のえがちゃんことcx0101Pからご案内がありまして。
詳細はこちらをご覧ください。

im@sMSC3 地域&作品応援ニコ割CM募集のお知らせ

なんか色々凄いことになってるなぁ(笑)。興味がある方は
是非是非奮ってご参加ください!

さて、この大会の考察記事の時には毎回書いていることですが、改めて。

原則として以下の文章は、MSC3という大会のエントリー作品であるという前提のもと、
動画内で視聴できる映像だけを見て、私個人が感じた感想及び考察となっております。
そのため、今後予選を勝ち残り、公開されている10秒以外の部分を視聴した場合や、
MSC3という大会という枠を外れて単体の作品としてみた場合に、この予選時とは
異なる感想を私が持つ可能性もあります。

ですので、あくまでもこの大会という趣旨や形式の中において、10秒間の映像を見た状態での
現時点での私の個人的な感想であり、製作者の方の本来の意図とはかけ離れた考察になっている
可能性があることを、あらかじめご承知置きください。

では地方予選について、投票方針も含めて行ってみましょうか。


最初の予選のスタンスは、毎回同じ。

「続きが見たい作品」という大前提に立った上で、
「普通に良作と思われる作品」は原則として回避。
むしろ「10秒の中で仕掛けてきたと思われる作品」を優先。


ただ、先に結論を書いてしまうんですが、そこまで考えて選べているケースは
実は決して多くなくて。単純に曲だけ、インパクトだけのチョイスをしているケースも
かなりあったりします。で、それってどうなのよ?というご意見もあると思うんです。

でも、10秒という時間はそれを強要している。
毎回書いてますが、そこがこの大会のポイントなんだと思うし、
そこに変な逆らい方をしても、投票できずに立ち尽くすだけでしょう。

過去2回の考察でも折に触れて書いていることなんですが、この大会では
視聴時間が長ければ長くなるほど、一般的な作品に対する考察と同じ基準で
考えやすくなる。つまり、視聴時間の変化によってその考察基準を変えていくのが
醍醐味であり面白さであり難しさ、と考えています。その判断の確かさと
裏切られっぷりを楽しむのもまたこの大会なんじゃないかな。

ま、そんな感じで最初は考察と言うよりは私の脊髄反射っぷり
見ていただく方針で。じゃあブロックごとに行ってみましょう!!


LoAブロック:北海道、青森、岩手
赤ペン投票作品:6


<寸評>
いや、明らかに釣られてるのはわかってるんだけどさ、とりあえずアイマス成分が
出てくるまで見てみたいじゃない?という好奇心で6に(笑)。次に見せる部分次第では
あっさり落とす可能性も高いわけですが、まぁ最初なんで。
他には、3のような見せ方は好きと思いつつ、千早という「わかり易い」題材がどうか。
4のあのモーション、意外と好きかも知れません。それから10なんだけど、
あの音のこもり方は意図があるのかな?


LoBブロック:秋田、宮城、山形、福島、新潟
赤ペン投票作品:7


<寸評>
このブロックはこれ!という作品がなかったので、致し方なく曲補正で7。
ノベマス形式は最初の1回は引っ張れるけど、次をどう繋いでくるんだろう。
4は曲補正もさることながら、A-10と同じ理由で音の部分が気になったかな。
あと6のカオス路線は前回もありましたけど、どこまでやり切れるのかが楽しみです。


LoCブロック:群馬、栃木、埼玉
赤ペン投票作品:6


<寸評>
見た目のインパクトという点で5と6の2択。そこで6にしたのは、そのインパクトを
作ることと選ぶことの両方で生み出しているのかな、と感じた点を重視して。
2は割と普通の作りに見えて、さて何かあるのかもしれないなと興味津々。
そして10!だから色々自重しろ!!(笑)


LoDブロック:千葉、茨城
赤ペン投票作品:3


<寸評>
この次に前の部分を見せるのか後ろを見せるのか、という戦略的な部分で
一番気になった3を選択。この後の評価は見せる場所と内容次第ですね。
2は最初と最後に一瞬見えるアレが惹き・・・なんだろうか(笑)。
私は腹抱えて笑ったけど、7は市場がニッチ過ぎないか?いやそこがいいんだが。
そして8、選曲が卑怯過ぎるだろこれ(笑)。


LoEブロック:神奈川、山梨
赤ペン投票作品:1


<寸評>
空気感だけで即決。最初に見た瞬間、このブロックはこれだろうな、って
思ってたら、やっぱりその通りに。次にどう転がしていくんだろう。
4とか5とか6みたいな、楽しそうな空気に溢れている作品はいいですよね。
逆に言うとそれが重なりすぎて選べなかったってのもあったりします。
っつーか6の東スポ(笑)。


LoFブロック:東京
赤ペン投票作品:4


<寸評>
ああわかったよ釣られてやるよ選曲に(笑)もしあのフレーズを使ってたら
逆に選ばなかったと思います。という事で次が勝負。
選曲って意味では6もすっごい気になったんですけどね。
9みたいなタイプは敢えて投票したり書いたりしないことが多いんですけど、
あまりのいい直球ぶりが気になりました。


LoGブロック:静岡、長野、岐阜
赤ペン投票作品:5


<寸評>
無難なところで5に投票しましたが、個人的嗜好って意味ではまだこれだけじゃ
今ひとつティンと来なくて。この後どうなるんだろう。
1はさすが長野を含むブロックと言いましょうか・・・(笑)。
4も負けず劣らずバカでいいですなぁ。っつーか色々大丈夫なのかこれ?
6については俺殺しの選曲ということでひとつ。えーと、8については
何か語ったほうがいいでしょうか?(笑)このブロックは色々振り切ったのが多いなぁ。


LoHブロック:愛知
赤ペン投票作品:3


<寸評>
ぶっちゃけ、無理やり選びました。Gブロックの反動かどうかわかりませんが、
突出して気になった作品がなかったので消去法で。
3を見た時に、絵柄が面白いなって感じがしたんですけど、それ以上に
全体を見て投票したいというフックになる感じがなくて・・・うーむ。


LoIブロック:三重、滋賀、福井、石川、富山、京都
赤ペン投票作品:7


<寸評>
楽しそうな作品にも投票したかったんですけど、他の作品との兼ね合いで
ここまで機会がなかったので。この辺はブロック分けのアヤですね。
1はまごう事なき直球ですなー。直球作品でも目立つものと目立たないものが
ハッキリ分かれるのは面白いですね。
誰か3みたいな事はやると思ってたんだけどねぇ(笑)ここで見るとは。
あとさ、8が次に勝ち上がっちゃった時のみんなの狼狽を見てみたいと思いません?(笑)


LoJブロック:奈良、大阪、和歌山
赤ペン投票作品:6


<寸評>
ドット絵2択。1も懐かしくて気になったんだけど、見た目ローテクなのにやってることは
大変だろうこれ、という部分も込みの楽しそうな空気で。
3は変な気になり方をするんですが(笑)。教養講座っすか?
個人的には、4の発想がかなり好きというか。なんかすっごい気になりました。


LoKブロック:中国地方
赤ペン投票作品:6


<寸評>
ノータイムでこれ。一瞬の中にいろんなものを詰め込む感覚って好きなんですよね。
ただし選択基準はあの画作りに対して。この世界観に関しては、敢えてコメントしないでおこう。
他には4かなぁ。いったい我々にどうしろと言うんでしょうか(笑)。


LoLブロック:四国、九州
赤ペン投票作品:4


<寸評>
画面見てません。マッシュアップの対象曲の一発だけです(笑)。最初の予選は
そういう選び方もいいでしょう、という事で。次は画面も見るよ。
1の選曲、だから自重しろっての(笑)。3も何と言ったらいいものやら(苦笑)。
あと7は時節的に色々切ないですねぇ・・・(笑)。


宇宙ブロック:銀河系、太陽系
赤ペン投票作品:3


<寸評>
OPが一番面白かった件(笑)。別の何かを転用したな?と邪推してみる。
3の絵柄は面白いし、ここでは見た目のインパクトで行けると思うんですが、
この先どう展開していくのかっていう期待と不安込みで選んでみました。
そして1の音声が・・・(笑)。この2択とか俺はいったいどうなってるんだ(苦笑)。
6の世界観をどこまで押し通せるのかも気になってます。


遅刻ブロック:遅刻
赤ペン投票作品:4


<寸評>
まぁ遅刻組のOPはこんなもんだろう(笑)って趣旨が違うな。
で、ここも消極的投票ブロックです。2の曲に盛大に吹き、4の曲にひっくり返り。
投票しない事も考えたんですが、色々悩んで4に。他のブロックだったら
多分投票してないと思うチョイスで、敢えて。


<全体の感想>
この大会も回を重ねて3回目、その間にもニコマスは様々な方向に枝葉を伸ばし、
総論的な意味での技術水準は確実に上がっている中で、見る時間が5秒減っている。
作る方も選ぶ方も、相当シビアな状況と言わざるを得ません。

先鋭化させすぎても、平均点過ぎても、多分ダメ。そしてこの先を勝ち抜くために
一瞬の瞬発力だけでは足りない。正直今回の予選は、これまで以上の確率で
多くの作品が涙を飲む結果になるのでしょう。

大会が終わって全体を俯瞰するまでは結論付けなんてできないわけですが、
ここで一言感想を書いておくと、カオスな作品だって多かったはずなのに、
何かこう、静かな立ち上がりって感じがするんですよ。なんでだろう。

さて、次はどんな作品が我々を悩ませてくれるのか・・・楽しみに待ちたいと思います。
この記事に対するコメント

大会考察お疲れ様です。
今回初めてのリアルタイムでの投票が出来てホクホク顔でございます

さて、考察を拝見させていただきましたが、見事に投票作品が被らずww
でも寸評に頷けるのが赤ペン先生の上手さでしょうか。


さてさて、人のやってること見て自分もやりたくなる私なんですが、私もMSC3ネタで何か書くかと思ったところでお暇させていただきます
【2008/10/28 01:20】 URL | 風室 #xsVPzGQc [ 編集]


> 風室さん
投票するのも結構大変ですしねぇ(苦笑)。
あー、こういうのは被らないのが面白いんですよ。そして私の寸評に
騙されてはいけません(笑)。ご自分の思いの丈を是非どうぞ!
【2008/10/29 21:13】 URL | 赤ペン #Td/ILGRk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/560-930302d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック