赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

出かける前にこれだけは!!<追記あり>
四の五の言わずに見ろ。



もう出かける時間なので、カンタンに。

これは、「センス」じゃないよ。「努力」だよ。

ここに思考が至るまでの時間。動画を作る作業の時間。
どんな手段を選択し、どのように使うか。
そこら辺の時間が我々より短かったり、使える手段をたくさん持ってたり
その判断が的確だという点では、確かにセンスがある、って言ってもいいと思う。

それを実際に、妥協せずにやり切れるかどうか。
この動画は、やり切ってると思う。orgoneP本人はどう思ってるかわからないけど。
何かを最後までやり切る時に必要なものは、センスじゃない。

努力。折れない心。諦めない強さ。

他の何で負けていても、そこで気後れしちゃいけない。
自分はそう思います。

朝から、すげー勇気をもらいました。感謝。

※11/3 20:32 記

出かける間際にバタバタと書いてしまったんで、ちょっと言葉足らずに
なってしまっていたようです。と言うことで追記。

このレベルの作品を褒める時、「センスがある」って言い方を
よく使うじゃないですか。もちろんこの作品もそうだと思います。
で、作り手としてはそういうセンスに憧れたり嫉妬したりしがちです。
この作品を見て、確かに最初は自分もそれしか思わなかったんですよ。

でも、あの5人がコーラスするシーンをみて、思い直しました。
いくらセンスがある人でも、あのシーンを一発で合わせられるとは
考えられないじゃないですか。


それを例えば「すごいセンスだ」「自分にはこのセンスはない」って
言葉だけで終わらせちゃったら、作り手としての自分はきっと
そこまでなんだろうなって、そう感じました。

だから、「センス」じゃなくて「努力」なんだ。
誰かにと言うよりは、自分に対してそう書いたつもりです。
確かにあのセンスが自分の中にあるとは思えないし、これから
カンタンに身につくとも思えない。でも努力はできる。
どこまでできるかは、わからないですけど。

なんだか最初の文章は、
「センスがあるヤツはいーよな、こういうのがカンタンに出来るから」
みたいな意見が出てて、そういう人への文句みたいな書き方に
なってしまってましたね。
人が見るブログで、自分の胸の内をわざわざややこしい表現で
書いてしまって大変申し訳ないです。お詫びの上で追記させて頂きました。

さて、こういう文章で終わらせてしまうのもどうかと思いますので、
是非もう一度このエントリの最初に戻って、この素晴らしい作品を
お楽しみいただければと思います。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/55-ddd6b2b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック