赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

自己矛盾は百も承知で
ボタンを押して次の画面へ行くのに10分かかるシステムと現場で格闘する中、
皆様方におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
申し上げるから誰か助けてくれ(笑)。
言いたい事言って引っ込みがつかなくなったお偉いさんってのは大変ですね。
俺も万が一この先偉くなったら、こうやって現場を苦しめてしまうんでしょうか・・・?

今週は主張先からインターネットを見たりブログを更新してます。
持ち込んだ借り物のPCがあまりスペックが高くない上にスピーカーもないので、
結局月曜日から今まで全く動画を見ていません。会社のPCはもちろんサイトへの
アクセスがブロックされますし。

さて。
一応はプロデューサーってことで、どちらかと言えば「作り手的な視線」で文章を書くことが
多いし、実際問題として私のニコ動における「視聴者」としての時間は確実に減っています。
しかも私、「ジェノる」って行為が大嫌いでして(苦笑)一度クリックした初見の作品は
余程の事情がない限り、デキや好みは一切関係なく最後まで見ます。
だから見ている作品の絶対数は他の方よりも少ないでしょう。
そんな中でね、ふと思うんです。「好きな動画」「凄い動画」の違いについて。



今更アレな話なんですけど、今週は例の「まこにゃん動画」が凄い事になっているわけです。
肝心の中身を見ていないのでこれ以上は何も言いようがないわけなんですが(笑)、
10月は3週連続で破格の数字を叩き出す作品が飛び出したことになります。
週マスランキングのバッケンレコードがあっという間に更新されてますねー。

ここ最近の作品はもちろん、例えばランキング上位に来るような動画って、
たいてい凄い動画なわけです。製作者のネームバリューや曲の知名度、その時々の
流行情報といった付加要因はありますが、その根底には図抜けたセンス、卓越した技術、
並々ならぬ労力、海より深い愛情、そういうものがあるから、そしてそういうものを
「より多くの人に感じさせることの出来る作品」だから、多くの人に支持される。

その一方で、みんなが支持する凄い動画を見ながら、どうも今ひとつ
ティン!と来ない事ってありませんか?凄いことは認める。でも
「みんなが盛り上がっているほどには、自分は盛り上がらない」っていう状況。
どれだけ凄くて素晴らしい作品でも、それを理解できていても、どーしてもその作品が
「好きな作品」になってくれない状況です。

色々理由はあるでしょうが、それって結局「アンテナの違い」なんですよね、きっと。

恥ずかしながらわかり易い例をお話しします。アルフィーの「銀河鉄道999」のMADが
あったじゃないですか。私は最初あれを見て、なんでみんながあそこまで騒いでるのか
全く理解できなかった(苦笑)。
ゲームをプレイしたことがない私にしてみれば、
「3人が違う衣装で同じステージに立っている」という状況の意味がわからなかったわけです。
「同じキャラが3人」とかならさすがにわかるんでしょうが・・・。
で、その辺の事情を知ったところであの作品を見て、改めてひっくり返ったと(笑)。

ある特定の音楽ジャンルに興味がない人は、そのジャンルのどんなアーティストの曲を
聞いても、違いには気づかないし分からない。だから何を聞いても同じに聞こえる。
でもそのジャンルに興味がある人からすれば「全然違うじゃん!」ってことになる。
競馬好きな私はサラブレッドを直接見たり、その血統表に書いてある名前から、
得意な距離やコースや馬場状態をある程度類推します(当たり外れはあるけどね)。
でもふつーの人はナンボ馬を見ても、色と大きさくらいしか違いがわからんですわな。

ま、ありがちな話です。
それぞれが持っているアンテナは大きさも種類も取り付け向きも角度も、受信しやすい
周波数に至るまで様々。アイマスMADの世界に集まってくる人という枠で括ってみても、
ある程度は方向性が定まるだろうけど、でもだいぶ個人差はあるでしょう。
で、重要なのはそれはあくまでも単なる「違い」であり、
どっちが上でどっちが下、なんて事はないってこと。

確かにアンテナの感度を上げたり性能を向上させれば、もっといろんな事が見えて
くるんでしょうけれど、いろんな事情があって誰もがそれを出来るわけでもないし、
また誰もがそれを望んでいるとも限らない。今の状態で満足なら無理をする必要はないし。
ましてや向きや周波数を変えてしまったら、今まで見えてたものを捨てなきゃいけないかも
しれないじゃないですか。そういう事を、何かに触発されて自分からするんならいいんだけど、
他人に押し付けるのはどうかと思うし。

そろそろ本題に入ろうか。
その辺がわかっていない、あるいはわかっていてもついつい配慮を欠くとどういう事がおきるのか。
ニコ動の動画につくコメントに話を絞れば、例えばこういう事になるわけだ。

「こんなの絵を描いただけじゃねーか」
「ただ技術が凄いだけじゃん、どこが面白いの?」
「この凄さを理解できないやつはゆとり」


アイマスMADに興味がないと思われる人の物騒なコメントは、ここでは除外。

「ゲームの素材を使ってこそアイマスMAD」って価値観は大いにアリでしょう。
「自分で素材を作ってこそ価値がある」って価値観も結構。
もっと言えば「アイマスMADはこうあるべきだ」って価値観は人それぞれだし、
根本的にはその価値観に上も下もないわけですよ。

でも、あなたの価値観は、その一言でちゃんと相手に伝わりますか?
その一言を、本人を目の前にして直接言えますか?
同じように他人から言われたら、どう思いますか?


私にとっては、「凄い動画」が全て「好きな動画」というわけではありません。
好みの幅が広い分、むしろ好き嫌いの線引きはハッキリしています。
だから凄くて好きな動画も、凄いけど好きじゃない動画も、凄くないけど好きな動画も、
凄くなくて好きじゃない動画も、それぞれあります。

使われている技術や労力の大きさと、自分がそれをどう感じるかと、他人はそれを
どう感じているのかは、全て似て非なるもの。だからそれぞれをごっちゃにしないで
別々に考えてあげるべきだと思うんです。

その判断基準は全て自分の中にある、自分だけのもの。それが全てとは思わないし、
他人に言われてすぐ変わるものでもないし、他人のそれをどうこうしようとも思わない。
そしてこれだけブログで好き勝手書いている人間として、そういう意見や気持ちを
一切表現するなとは、口が裂けても言えない。

でも、言うべき時と場所と、言葉の選び方は、考えてもいいよね。
言う必要のないことは、黙っておけば事足りるよね。

大いなる自戒の念も込めて、そう思います。

幸いにして、似たような考えを持っている方は決して少なくないようです。
せっかくの素敵な世界、これからもずっと居心地のいい世界であって欲しいなと思います。
この記事に対するコメント

ええいっ、仕事をせんかw

まぁ・・・・ウチは中学生が書いたとしか思えないソースの
改変に涙を流してますよw
【2007/11/02 22:36】 URL | みずなす #- [ 編集]


> ミズナスP
もう仕事したくなくなったよ(笑)。
帰る寸前にとんでもないことになって・・・いやぁ、もう。
ちなみにこちらは幼稚園児の落書きレベルのフローチャートに
引っ掻き回されてます。
【2007/11/03 00:34】 URL | 赤ペンP #Td/ILGRk [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/11/03 02:35】 | # [ 編集]


> 非公開コメさま
書き込みありがとうございました。お返事をしておきましたので
ご確認ヨロシクです。
【2007/11/03 10:55】 URL | 赤ペンP #Td/ILGRk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/53-c691d57c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック