赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

File018:「Say,Yes!」
リアル生活でいろいろ忙しかった事、想像以上にあずささんの誕生祭に
集中してしまった事、その影響でカクテル用の作品製作が大遅刻となり、
公開直前までかかってしまった事。

やっぱり自分の1周年には何かやりたいよね、という思いはありつつも、
これだけいろいろ重なると、例えば「この1年の集大成」的な作品として
この日のために何かを作るのもなかなか難しい現状がありまして。

ただ、この日に何か作品を上げる、という事にはどうしても拘りたかった。
正直なところこれから先、どれだけ動画を作り続けるのかわからないけど、
「この日に作る」みたいな意識は多分薄れるんじゃないかな、って思ってて。

だから最初の1年の区切りの日に向けて、自分でも笑っちゃうくらい
わけのわかんない日々が、誕生祭前からここまで約2ヵ月も続く事に・・・(苦笑)。



デビューして曲がりなりにも1年。その節目には、やっぱりキッカケを作ってくれた
私の「3人の親」に対してのリスペクトを形にしたいなぁ、と思って。
だから本音を言えば、3作やりたかったんです。ま、最初に書いたような状態だから
とても3作を手がける時間的余裕なんてないわけですけど。
そこで1作に絞った理由は、こんな具合。

まず桃月Pへは、昨年末に似たような趣旨で作品を作ってたし、リスペクトとなると
まだ自分ではやってなかった「俺ランキング」でも作るか、って話になるわけです。
それ、やりなれない形だからどう考えても手間がかかるよなぁ。
どうせならいつもの自分らしくPV的な作品にしたいなぁ。

そしてorgoneP。ねぇ、この人へのリスペクトってどうやったらいいと思う?(笑)
同じ曲やアーティストを使えばいいって話でもないだろうし、いつも少々斜め上を行く
アイディアとセンスの持ち主であるこの人へは、正直なところリスペクトしない事が
最大のリスペクトなんじゃないか、って気もする今日この頃。

そしてこの二人とは、ご縁があって今も交流をさせてもらってます。
だから軽んじるって事は全然ないんだけど、気恥ずかしいのは確かなんだけど(笑)
ともあれ1作に絞るのなら、それは最後の一人、というか、最初の一人に対して。
そう考えたわけです。

ダムP


ラジオでもお話しした、2番目に私が見たアイマスMAD「Never The End」。
そこに「"Say,Yes!"で作って欲しい!」っていうリクエストのコメントを残した事を、
このブログの最初の頃に書きました。それ以来ダムPが2月にこの作品を上げるまで、
私との間には接点がないどころか、ダムPが自分の事を知ってるかどうかも
わからなかったわけなんですが。

それでこの選曲、この作者コメントでしょ?どーしろっつーのよ(苦笑)。
片想いの相手がことごとく(こっちを好きかどうかは別として)振り向いてくれる状況。
同じ作り手になっても、自分が憧れたり尊敬する人に会う機会がどれだけあるのか。
もう一回書くけど、自分はどれだけ恵まれてるんだよ、って話です。

1周年でこの曲で作ろうと思った経緯とかに関しては、この前のエントリに
だいたい書いたので割愛。リクエストしたのはデビュー前、「自分で作ろう」って
決心したのは去年の10月末くらい、「じゃあ自分の1周年で」って決めたのは年明け早々。
この前の「ハナミズキ」もそうなんだけど、最近は暖めまくったアイディアばっかり
やってる気がするなぁ(苦笑)。

1年頑張って、そのアイディアを形に出来るようになったから・・・なーんて書けたら
多少はカッコイイのかもしれませんが、そもそも6分越えという曲の長さは
借り物Pかつ技術レスだった私には難しかった!(笑)オマケに前奏が1分30秒続く構成。
普段「コミュを曲中に使わない」という"俺ルール"があるダムP
その点に苦慮して、結局千早のコミュの音声を使って乗り切ったそうなんですが。

ただ、春香でこの曲なら、何とかなるかなぁって思って。だってこの歌詞だし。
ぶっちゃけ映像見なくていいから、ゆっくり曲を聴いてみて下さい。
(だから「恋愛症候群」を作った後でこれを使おうって決心したんですけどね)
それに私はダムPと違ってコミュを平気で使いまくりますんで(笑)。
リスペクトと自分の作風はまた別の話ってことで。ちなみに普段コミュを使う時は
徹底的に「P名」を出さないようにしているんですが、今回ばかりは敢えて使ってます。
ま、自分の1周年だしね。

超余談ですけど、「恋愛症候群」で春香が転ぶシーンをアホほど繋ぎながら、
春香は何で転ぶんだろう、ってふと考えた事があって。
それを寺山修司風に読み解けば、つまり「春香は前に進もうとするから転ぶのだ」、
ってことなんだろうと。その場にただ立ち尽くす人や、部屋の隅で膝を抱えて
うずくまっている人は、そもそも転ぶ事すらできないわけで。
(元ネタは寺山修司と競馬にまつわる話なんですが・・・結局馬かよ!

自分にとって春香は、基本的にそういう子に映るんです・・・なんて書くと
恐らく春香好きの皆様から色々突っ込まれるのかも知れませんね。
「見方が甘い!」って言われて、実際この先別の何かが私に見えてくるかもしれないし、
何度見ても変わらないのかもしれないし。

いつだったか、DikePの「キスを」を紹介したときのコメントのやり取りで、
「依り代」っていう私の発言について噛み合わないやり取りをした事があるんですが、
まぁ春香に限らずどのキャラに対しても(それはあずささんであっても)そういう相違が
人ごとにあるのが面白いというか、難しいというか。ウエシタ、良い悪いじゃないあたりが
なかなか悩ましくて。

閑話休題。
相変わらず技術的な話はたいして出来ないんですけど、時間的余裕がないのが半分、
残りは意図的に、あまり派手な事をしていないのでもっと書く事がない(苦笑)。
全体的に長回しメインの構成。特に1番の部分は、カットイン以外は全て意図的に
Autoで撮った「まっすぐ」の素材ひとつだけを使っています。

「まっすぐ」を選んだ理由は「Never The End」を意識してってのもあるんですが、
要するに、借り物Pだったころと同じやり方を多く使ってるんです。
後半もコミュやアップは使いつつも、基本的には長回しをまず意識して。

お馴染みクドイ英文も入れてみて。そうそう、間奏のところの文章は
my songの一節を引用して作文しています。作ってる間は相応に入れ込んでるから
「これって春香の為の曲だよなぁ」とか思ってたんですが、春香に限らずみんなの為の
曲だよねこれ。っつーかあずささんの時も同じ事考えてなかったか?(苦笑)

最後のシーンが春香のあの顔なのは・・・ま、もう言わんでもいいか。さっきも書いたし。
サムネも敢えてこのシーンを選択。昨今の流れから言ったら地味すぎるキライは
もちろんあるんですが、それで構わないんです。

・・・あ。
ひとつ書き忘れたことがあったな。でも随分書いちゃったから、もういいや。
わかる人にはわかるだろうし、わかんなきゃわかんないで構わないし。
それから始まりと終わりがゲームの最初のシーンになっているわけなんですが、
いわゆるループ構造はあまり意識していません。私の中では、最初と最後は
同じように見えて別物、なんですけど・・・その話も冗長だから割愛しますか。

ともあれ、自分のためのひと区切り。デキや評価はどうでもよくて、
この衣装の春香とこの曲の組み合わせの作品が、自分の投稿動画として
残る事が何よりも重要
な、そんな位置づけの作品かなぁ。
なんか自分のわがままに皆さんをつき合わせちゃってるみたいでスミマセン(苦笑)。

さて、どうにか1年やってこれました。
ダムPも含めた3人の生みの親の皆さんと、この1年で知り合ったかけがえのない同僚たちと、
一緒に仕事をしてくれる全てのアイドルたちと、使わせてもらった全ての曲と、
もちろんバンナムと、何より見てくれる皆さんに、改めて篤く篤く御礼申し上げます。


もの凄いスケジュールの中を駆け抜けて、とにかく今は「Premiereはしばらく見たくねぇ」
正直な感想です(笑)。あずささん誕生祭、カクテル3、デビュー1周年といろんなものに
追われまくり、さすがに疲れ果てた2008年夏。もうお釣りは残ってないっす。

ともあれ2年目に無事突入したわけですし、ちょっと休んでのんびり考えたいですね。
これから先はあまり日付に追われずに作ってみたいなぁ、なんて思ってます。
アイディアはいくつかあるけど、先に本家アイマスももう少し色々とプレイしてみたいし。

今後ともブログともども――ってのがいかがなものかって気もするけど(苦笑)――
ひとつよしなにお願いできればこれ幸い。キレイに締めてラジオの準備に突入だ!
この記事に対するコメント

(全てひっくるめて)色々とお疲れさまでした。
んでデビュー一周年おめでとうございます。
赤ペンPの益々のご活躍を期待させていただきますとともに、ニコマスの更なる発展をお祈りいたしまして祝辞とさせていただきます。
【2008/08/22 07:32】 URL | Y2P #- [ 編集]


> Y2P
ひどい棒読みを見た(笑)サンクスです~。
ま、今後ともひとつよろしくって事で。
【2008/08/22 23:21】 URL | 赤ペン #Td/ILGRk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/490-f4eda53e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック