赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

for Kaku-tail Party 3 <Shiny RED-1>
ってことで、カクテルパーティー3の全ての作品に
感想を書いてみたわけなんですが・・・150作って大変だわぁ・・・(苦笑)。
さすがに仕事を抱えながら書く分量としては限界を超えてますねこれ。

では、一応カンタンに方針を。
公開日ごとに、25作づつ書いたものをひとつのエントリとして、順番にご紹介。
今日から6日連続って事になりますね。全ての作品に対して、だいたい同じくらいの
文章量になっているはずです。

作品は少なくとも2回以上は見ていますが、その後の単品や
ブログ・ラジオ等での発言に関しては考慮していない文章になっています。
つまり「こうなんじゃね?」っていう私の考えが、作者ご自身の発言で
外れていることがわかっている
、ってケースですね。まぁそこは笑って
読み飛ばしてやってください。全部の確認とか取ってたら死ねる(苦笑)。

あと、今まではなるべく文章や表現が被らないように注意してたつもりなんですが、
さすがに今回はそこまでのチェックは無理!無理だから!!(笑)そこもスルーでひとつ。

ホントに私のいち個人の感想なので、突っ込んだ考察とかはあまりしてないと思います。
分量もある程度制限をしているので、言葉足らずな部分もあるかもしれません。
そこに関してもなるべくご容赦頂けると幸いです。ただ、重大な事実誤認があれば、
ご指摘頂ければお詫びの上修正させて頂きます。


RidgerP(美希/太陽)
カクテルのオープニングアクトは、申し込み1番目の方というのが不文律。
凄いな、RidgerP。「初手からこの出来かよ!」って、同じ参加者目線で突っ込みを
入れたくなる以外、文句がありません(笑)。ある種の因縁を感じさせるテーマでしたけど、
いい意味でさらりとこなすあたりの上手さはさすがの一言。

DustP(律子/Go)
選曲でホイホイと号泣(笑)。いやーそうだよね、とむやみに頷いてしまった。
このやり方なら他にもたくさん曲はあるはずなんだけど、また一番いいところを!
曲に合わせたポップな雰囲気作りと、無理のないお題の消化が心地よくて楽しいよねー。
あの1番手にこの2番手、開幕ダッシュとはこの事かと。

ロジックP(伊織/帽子)
出だしでもう有無を言わせないというか、どこまでもガチな作りなのに頭を抱えるより
ほかないという(笑)。敢えて「ネタ系」という括りをするのなら、やっぱりこの
「一発で持っていく」感って重要だし、その上「最後まで平然と押し切る」感が
カクテルらしいというか・・・褒め言葉になってるかなぁ?(笑)

シャックルP(春香/卵)
半熟英雄と聞いて懐かしさがこみ上げる俺は明らかに年代が古いし何か間違ってる。
菊タローを思い出すのならともかくとして。んな事はさておき・・・ささきいさおかよ!!
コーラスがいい味出してるよなぁ、などとのんびり見ていたらバンバン色々入ってきて
吹いた。キュッと捻られる感じがいいですねぇ。

メカP(雪歩/Image)
ガッチガチのガチ、って言い方は失礼になっちゃうのかなぁ?でもそういう表現が
ピッタリはまるし、最初の5作の流れ、って事で考えても、絶対こういう作品が
必要なんだよねぇ。すっごい安心感があるし、気持ちいい。お題を敢えて強調したのは
コメントのツッコミ待ちですよね?(笑)重要、超重要っすよこれ。

ヤマダP(千早/涙)
ど真ん中選曲キター(AA略)実はカクテルみたいな企画の方が有名曲を使いやすいのかも
しれません。ともあれ春香自重(笑)。レッスンでのシンクロ、いいよねぇ。
曲とあいまってキッチリはまって、ちゃんとテーマに繋がって。キッチリとして構成が
心地よい作品でした。

末期P(仮)(あずさ/南)
一瞬とはいえ南国の楽園でパラダイスとか考えてしまった自分のダメさ加減を
オープニングで思い知らされ落涙。コメントがないとお題について理解が出来ない新感覚(笑)。
いいわぁ。ネタのようでガチ、ガチのようでネタ、と書こうと思ったんだが、バイク(爆笑)
最強の痛車といっても過言ではない(さらに笑)。

森キノコP(亜美真美/隣)
いやこれ、カクテル抜きにしてたまんねぇだろ!!テンション上がるわーうまいわー。
曲名でお題クリアとか、もうどうでもよくなった。お見事。とにかく入れるネタそのものと
いうより、その引っ張り方が上手いんだなぁ。パッと終わるものもあれば、もうすっかり
わかったところで説明入ったりとか・・・勉強になります。

moguP(やよい/そば)
テーマの解釈お見事賞・その1。そしてこの選曲。この形。この安心感。なんという和ふぅ。
ただただ賛辞を送るより他ないっすわ。冷静に考えればすっげーシュールな絵のはずなのに、
全然シュールに見えないんだもんなぁ。丁寧なつくりで全部持っていって、オチも決まって
唸るばかり。気をつけないとそばがのびる(笑)。

水無月P(真/車)
みんな「反省部屋」意識しすぎだろ(苦笑)。でも今回ばかりは見る側も作る側も、
やっぱしょうがないのかね。実際の意図は聞いてみないとわからないけど、このいかにも
「最後の締めが決まらなくてやった。反省は(ry」という雰囲気はすげぇ。
あ、もちろんこれ褒めてますからね(笑)。前半の隙の無さがあるからこその破壊力。

ほわいとどれすP(美希/Live)
私はアヴリルはそれほど聞かないんだけど、年代的に意外と合うから、誰か
やるんちゃうかなーとは思ってて。で、それなら金髪美希だよねーって思ってて。
という事でハイ、ツボでーす(笑)。ぜんっぜん関係ないけど、お名前拝見して
ホワイトストライプスを思い出したのは俺だけでいい。

BAMP(亜美真美/天国)
3倍アイスクリームってなんぞ?!という疑問は見事にコメントに解消して頂いたわけで(笑)
そこまで込みの仕込が動画にもあって。これ、"somebody's scream"かな?音ゲーも一応は
守備範囲内だけど、何しろビーマニとかやってたのは随分前の話だしなぁ。
この字の出し方は個人的に是非やってみたいところです。

aramaxP(伊織/妖)
陰陽座キター(またしてもAA略)意外とみんな知ってるんだなぁって変に感心(失礼!)。
あずささんとは違った意味で伊織もまた「妖」の要素があるよなぁ、とか思ったり。
色調やエフェクトに加えて左右反転を入れたり、見た目に「妖」を感じさせる手法が
あちこちに。自重せず徹底することって重要だね。

夜雀P(雪歩/ひみつ)
お前らDIVXに反応しすぎだ(笑)。コメントでも触れられてたけど、この歌詞の出し方が
新鮮というか、それはアイマスで見なかっただけで懐かしさがどこかあるというか。
キャラが雪歩だからってのもあるんだけど、曲調やら歌詞やら動画の作りやらを見ていると
なんとなく「ひみつ」な感じがしてクセになります。

まな板P(千早/Call)
コメント見てたらテーマが何だったのか忘れたのはナイショの話。まぁ最後のアレは
あったにせよ(苦笑)、動画の作りとコメントの乖離が不思議な空気を生み出してますね。
作り手の意図がキレイに隠れてる(受け取られない、ってのとは違うよ)感じが
言葉にならない感覚。面白いもんです。

エコノミーP(千早/氷)
いやー雰囲気あるわー。千早にこういうイメージ、ありそうでなかったというか、
少なくとも自分の中にはこれはなかったなぁ。そういう画面の作りというか効果が
徹底してますねぇ。それにしてもテーマが氷で曲はICEで、イメージはCOOLと来ましたか。
でも冷たくはない、ってのがすっごくよかったです。

FenorlP(雪歩/Rule)
テーマの解釈お見事賞・その2。いわゆる「お題消化できませんでしたサーセン」動画的な
展開かと見せかけてこれか!多分やろうと思えば「ラーララ」にも出来たと思うんだけど、
そこをずっと「ルールル」で押し切る方がカクテルらしいんですよね。その辺も含めた
間合いの取り方が心地よかったです。

ふふP(伊織/体)
いきなりクラブあずさですよ!と思いつつ、しかしアレだなー、この組み合わせは
色々想像できるよなぁ。解釈の幅、相当広そう。ダンスとカット割りがメインというか、
語っているようで何も語ってないところがいい。「誘うミスリード」にも良さがあるけれど、
「ミスリードに見えて実は正解もなければミスもない」ってのも味がありますね。

latisP(美希/Hero)
ちょっと待て色々と待ってくれ(笑)隠す気がないのはよくある話だがさすがにこれは
隠しといたほうがいんじゃね?とニヤけっぱなしでしたわ。で、いやそんだけかよ!
いやそれでもいいけどさ!とツッコミたくなったところで非常に上手いテーマの解釈に
負けたわー。大喜利かと思った(笑)。

時雨P(春香/Rival)
「作品は2分以上だと勘違いしていた」という衝撃のブログ発言に吹いた(笑)。
あなたが春香で作るんなら、このお題でも千早は使わないよね?っていう点だけを
注目していたけど、さすがの切れ味。文字を使った演出にも定評が出てきたところで、
そろそろ「活字中毒者」の看板、背負わないかい?(笑)

歯ブラシP(律子/演)
ねーよ!!(笑)いきなり壮絶に落とされて、以下ガチPVってのは前回の北米版的な
ノリを思い出すわけですが、こういう時にいい意味でシラを切り通すのは基本ですよねー。
それにしてもまさかこの曲が出落ち要員として使われるとは(笑)。1回見てしまうと、
そこから先は始まる前から笑いが止まらない。困った(笑)。

蘇芳P(あずさ/影)
攻殻機動隊来ましたなぁ。原作を知っているからゴーストあたりとのヒッカケでも
OKなんだけど、最後に影になるとはね。途中のモノクロは布石ですか。白い背景に黒い影、
シンプルな演出だけど映えるなぁ。765comm@ndはこの先、色々面白いものを見せてくれそうです。
にしても字幕、大変だったろうなぁ・・・。

tloP(やよい/冒険)
それにしてもクラブあずさは汎用性高いなー(笑)。ある意味、正統派の冒険ですなぁ・・・
なんて思ってしまったんですが。話の持って行き方がしっかりしてて何の無理もなくて、
でもこの世界観と雰囲気の枠からはみ出てなくて、すっごくまとまってて、いい空気を
堪能させていただきました。

たろP(真/蝶)
テーマの解釈も、選曲も、直球。でもただのストレートじゃなくて、スピンの効いた
切れ味鋭い速球。うん、直球じゃなくて速球だね。最初こそあの蝶が飛んでいるイメージで
引き込まれるんだけど、作品としてはどっしり地に根を張ってる感じが心地よいです。
しかしあのコメントの盛り上がり方、凄かったね(笑)。

あかしP(亜美真美/希望)
初日のトリ・・・と思った瞬間後ろから鈍器で殴られる衝撃(笑)。でも、見ていくうちに
違う衝撃に。うわー、イメージそのまんま映像にされてるわこれ。なんつーか、この曲に
合わせて見るべき動画がこれというか、いや「合わせて」って発想が失礼だろというか・・・
お見事!そしてリブルラブルマニアの多さにこっそり涙。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

 おお遂に来ましたね。これを読まないと祭が終わった気がしないです(^^;)。まあここまで来たら読む方も大変だし、紹介blogも悉く通常営業できない状態ですし(笑)。普通に更新してるのってカクテル3紹介してないblogだけでしょう今(^^;)。それでも期待に応える赤ペン先生には頭の下がる思いです。
 それはともかくリブルラブルご存じなんですか。私はリアルタイムで見たことがないので、コメで知ってる人多いのに驚きました。
【2008/08/11 09:23】 URL | zeit #ssipyxQM [ 編集]


初めまして。いつもブログを拝読させていただいています。
カクテルでは4番で無くつなぎのような動画を目指し、すんなりと読める掌編を意識して構成しました。評を読ませていただいて、その辺りの目論見が成功していることを確認できた一方、今の自分に足りないのは逸脱を図る「冒険」なのかなとも思ったり。
量が尋常でないので大変とは思いますが、残りの評も期待してます。
【2008/08/11 19:54】 URL | tlo #LkZag.iM [ 編集]


赤ペン先生の総評ktkr。

自分でもラジオで総評(といってもピックアップになってしまいましたが)をやってみたのですが、とてつもなく大変でした(汗)
でも、赤ペン先生なら、先生ならやってくれると信じています。
大変かと思いますが期待していますよ。
【2008/08/11 21:24】 URL | ヌル村X #WCSj23LI [ 編集]


> zeitさん
おかしいな・・・俺も終わった気がしないんですよ・・・(笑)。
ま、ブログまで込みで赤ペンPなんでその辺はね。
そして遊びをクリエイトする時代からナムコットにはお世話になり
ラジアメのリスナーであり電波新聞社の「ナムコゲームのすべて」を
持っている俺に隙はないかと(笑)>バシシのアレ

> tloP
どうもはじめまして~!いい酒を楽しませて頂きました。
自分も「逸脱」出来なかったクチですから、まだまだ修行ですねぇ。
2番バッターだけでも野球は成立しないわけで。そして文章に関しては
フレッシュな気分で書いている今のうちの方が期待が持てるというか
先に行くほど袋小路といいますか・・・。

> ヌル村Xさん
きつねP自身が4時間語らないと終わらないんですからねぇ。ホント、
数が多いなぁと実感。っつーか何をやると期待しているんだ(苦笑)。
まぁのんびり生暖かく見物してください・・・。
【2008/08/11 23:36】 URL | 赤ペン #Td/ILGRk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/480-adfab7cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック