赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

始める時と、続ける時と、終わる時。
10月から始めたはずのこのブログのエントリ数が既に50近い件。今日は何日だよ?

ホテルに帰ってきました。22時で大抵の店が閉まりまくってるし、ホントやることない。
もうちょっと考えようぜ茨城県M市周辺(笑)。
この前よりはネット環境が確保できる分だけマシではありますが、少なくとも動画製作の作業は
まったく進まない1週間です。

今までは『2週間で仕上げてUPする!』という自分なりの締め切りを作っていたんですが、
この出張があって今回はムリ。というか今後はそういう縛りではなく、もうちょっと漠然とした
期限を作ろうと思ってます。前作を作ったのがいい区切りになったし。
いずれにしても、構想を練りつつこうやって文章を書いている時間は、戻ってきてから
次の作品を作る時の爆発力を溜め込むための時間なんでしょう。

ところで皆さん、もうこれ、見ました?




RidgerPと言えばいうまでもなく『太陽のあずさ』が有名なわけですが、その路線で大作が来ましたねぇ。
"島谷あずさ"で決め打ちですか。あ、今更内容について語るつもりはないですよ。
どんだけ凄いかは見りゃわかるじゃん(笑)。
余談なんだけどさ、どう考えたってこの2作品、そのデキに良し悪しの差をつけるなんて
愚の骨頂ですよね。でも、なんでこっちの再生数がこんなに低いんでしょう?
低いって言っても2万再生を超えている作品に失礼な話ではあるんですが、『太陽のあずさ』が、
わずか1日でものすごい勢いで伸びていった様子をリアルタイムで見ていた私からすると、
ちょっと勘定が合わないんじゃね?というのが素直な感想です。
やっぱり時間が長いから遠慮されてる?それとも別の理由があるの?

さておき、作り手としてこの作品に対峙する時、どこか気後れする部分があるんですよ。
『太陽のあずさ』の時はよかった。一人の視聴者として、素晴らしい作品が見られることを
素直に喜んでいれば、それでよかったから。
でも作り手の立場からすると、この動画の中で何が行われているのか、それが今の自分にとって
出来る事なのかそうでないか、作品の出来以上にそういうところが目に入るし、考えてしまう。
いやそれがわかるならまだマシなんだ。下手をしたら、自分には何がなにやらわけのわからない
何かが行われていて、それがすげーカッコよかったりして。

誰もがRidgerPのような作品を目指さなきゃいけないわけでも、
誰もが他にもいる多くの一流プロデューサーのような作品を作らなければいけないわけでも、
誰もがアイマスMADの可能性を追求し、道を切り拓かなきゃいけないってわけでも、ない。
それは頭ではよくわかってるつもり。
でもこれを見た後で、心が揺らがずに平然としているのは、なかなか難しい。
気後れってのは、そういうことです。

・・・でも、結局見るんだよね(笑)。
自分がどんな動画が好きで、どんなものを作りたいのか、そういうことは抜きにして、
何はともあれ、見ないと何にも始まらないし、見た上で、自分なりに何か作ってみないと、先に進まない。

ちょっとだけ私の、別の趣味の話にお付き合いください。

競馬を趣味にして久しいんですが、たまに初心者の人に
「万馬券(100円買ったら配当が1万円以上つく馬券)はどうやったら当てられるんですか?」
と聞かれます。
まぁ馬券戦略上の様々な理屈はあるんですけど、何をさて置いてもこれだけは話します。

まずは、万馬券になる組み合わせの馬券を買うことからはじめましょう。

もっと言えばね。

買わない馬券は一生当たりません。
そしてまた、買わない馬券は一生外れないという言い方も出来ます。


別に馬券を買わない選択をしたっていいわけです。リスクテイクに見合うリターンがないと思えば
その方が正しいし、賢い。資産運用なら株をやるほうが遥かに割がいいですよ。
何しろ競馬は外れた際に元本保証が一切ないしね。

でも、私は悲しいかな競馬の魅力に取り付かれて、リスクテイクする選択肢を選びました。
だったら、当たる回数より当たらない回数のほうが多かったり(常にそうだ)、
最後まで迷って買うのを止めた馬が来て100万馬券を取り逃したり(今年春の実話)、
自分より上手い人が儲けてるのを見て歯軋りしたり(これも日常茶飯事)、
目の前でお気に入りだった馬が命を落とすシーンを目の当たりにしたり
(ライスシャワー・・・サイレンススズカ・・・)
そういう事とも付き合っていかなきゃならない。

そういう事と付き合うのに疲れたら、それがイヤでイヤでしょうがなくなったら、
その時は競馬をやめる時なんでしょう。そう思います。
そして幸い今日までの10年以上、へこむ事は数多くあれども、心底嫌になった事はありません。
去年、フランスまで競馬を見に行ってきました。もちろんレースを見たかったからなんだけど、
ロンシャン競馬場に足を踏み入れた時、むしろ自分がどれだけ競馬が好きかを
再確認するために、ここまで来たような気がしました。

だから出来れば死ぬまで、そんな感じで競馬と付き合って行きたいと思ってます。

でね、アイマスMADとの付き合いも、そうありたいと思うんです。
人の作品を見てて、あるいは自分で作品を作ってて、ホントにイヤでイヤでしょうがなくなったら、
今すぐにでも止めます。でもそれまでは出来る限り真剣に取り組みたいし、出来る範囲で努力したい。
自分がどれだけの思い入れを持ってここにやって来たのか、出来れば自分が作る作品で、
それを確認してみたい。
それって、他の誰と比較するものでも、比較できるものでもありませんよね。

他の素晴らしい作品と同列に自分の作品が並んでしまうのは、確かにツライです。
だって明らかに「オマエ本職で動画や映像作ってるだろ」って人がそこかしこにいますし、
今後そういう人がこの世界に飛び込んでくることもあるだろうし。
こっちは動画を作り始めてまだ3ヶ月だってーの。
でもさ、それはそれで考え方次第かなって思います。
2軍の首位打者やサテライトの得点王よりも、1軍の代走やトップチームのスーパーサブの方が、
得るものは多いんじゃないかなって。
たとえ結果はコールド負けでも、同じ土俵でやりあえるのは貴重な体験だと思うし。

多くのプロデューサーの方とのお付き合いが増えました。
その中にはホントにすげー人もいるし、憧れの人もいるし、恩人もいるし、
同じような考えをする人もいるし、まるっきり正反対のベクトルでものを考える人もいるし、
五分の立場で言い合える人もいるし、「こんないい作品作りやがってこんにゃろー負けねーぞ!」って
思える人もいるし、本当にありがたい話です。
一人でやってたらもっと早く心が折れてたかもしれない(笑)。

だから、何事も断言は出来ないけど、まだまだこの世界とのお付き合いは続きそうです。
さすがにこっちは「死ぬまで」ってのは難しいんじゃないかと思いますが(笑)。
始まる時は、自分で決めました。だから終わる時も、自分で決めたい。
どっちも納得できるタイミングならOK。で、もうしばらくはやめる事なんて
微塵も考える事はなさそうです。

・・・あー長ぇ(笑)。
それにしても、ここまでこのブログで競馬の話をすることになろうとは。
これはやはり「あずささんが馬主になったようです」シリーズの支援動画を作らなければ
ならんのだろうか・・・でも取り掛かれるのはちょっと先になりそうだし、
支援する内容のものになるのか分からんし、そもそもこのシリーズがいつまで続くのかの
スケジュールがわからないし・・・うーん、LotusP、詳細を教えてください(笑)。
この記事に対するコメント

同じ土俵でってのはやはりいいですよね。
憧れ、尊敬してる方々とともに時間を共有できることは嬉しいです!

自分が競馬にはまったのが丁度ライスが死んだ年からなんですよ。。
サイレンススズカのときは呆然でしたね。
あれほどの馬ですし。あのまま無事で種馬になってたらって考えるとやっぱり残念ではります。

そうそう、あずさん馬主シリーズ自分もみてますよw
うまく作ってますよね~。とくにBGMが逸材ww
原作より迫力あるしw
あずささんが、騎手になってみましたシリーズでも作ろう・・げほげほ。
それでは仕事のほうもがんばってくださいw
【2007/11/01 19:04】 URL | ディープ #m.2.LkcQ [ 編集]


> ディープP
このエントリ自体が壮大なディープPホイホイという話も(笑)。
確かに、同じ場所にいて同じ時間を過ごせるのは貴重ですね。
たかが趣味の世界ではあるけれど、この先自分の人生であと何回
そんなシチュエーションが巡ってくるのやら。

> サイレンススズカ
あの日は仕事でした。場所は新宿駅、アルタの目の前。
あのビジョンでちょうど天皇賞が放映されていましてねぇ・・・。

> それでは仕事のほうもがんばってくださいw
なーんか含みがないかぁ、その言い方www
【2007/11/01 21:28】 URL | 赤ペンP #Td/ILGRk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/47-0b01c5b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック