赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

おかげ様で。


2万再生を超えるだなんて、作った時には想像もしなかったし、できなかった。
コメントとマイリストが共に1000超えの状況ってのも、もちろん想定の範囲外。
何はともあれ、皆様に感謝、の一言しかありません。

実は思うところがあって、この作品のリメイクを考えてなくもないんですが、
何をどう作り直したところでリメイク作がこの作品を超える事なんて
主観的にも客観的にも絶対ありえないでしょうから、実現するとしてもそれは
だいぶ先の話になりそうです。

っつーか、作るとしたら素材は自撮りが前提ですよね。えーと、全キャラ登場してて、
90%以上がコミュの映像で、確かアレは休日イベントで・・・(笑)。

閑話休題。
2万再生を超えたこと自体は、もちろん非常に嬉しい出来事なのですが、
実は同時に、なんとも言えない気分でもあるんです。
なぜなら、この作品が2万再生を越えたという事は、自動的に
「2万PV以下限定名作アイマス動画」タグとのお別れを意味するわけですよ。


実は作品を上げた翌日くらいにこのタグが付いてて、
それって評価してくれてるんだか「どーせ2万は行かないっしょ」って事なのか
微妙に判断がつかなくてねぇ(笑)。ちなみにその時再生数は2000くらいだったかな。
それ以来、ついたり消えたりするこのタグとのお付き合いをしてきました。

「○○以下限定名作」、あるいはそれに類するタグは、もちろんその作品に対する
評価の現れであり、賛辞の意思でもあります。まぁ穿った見方をすれば、
「これはいい作品だけど、視聴者受けはしないよねぇ」って意味にも
取れなくはないけど、少なくとも嫌がらせでつけるタグではないですわな。

これらのタグをキーにして作品を巡っている方もいらっしゃるでしょう。
このタグが消えれば、当然そこをキッカケにしてこの作品を見てもらう機会が
減ってしまうわけですが、まぁそれは些細な問題でして。

再生数が増えた結果としてこのタグが消える事は、現状で考えうる限り
もっとも素晴らしいタグの消え方、なのでしょう。その点に関しては
多くの人が見てくれたことで積み上がってきたこの数字に対して
感謝の気持ちでいっぱいなのですが。

このタグがつくことは、当たり前だけど未来永劫二度とない。
なんだか、長く連れ添った相棒と別れるみたいな、変な気分でもあるんです。
誰かこの気持ちを説明してくれませんかね?無理だって?そりゃ無理だよね。

変に1作だけドーンと飛びぬけた数字を叩き出している作品があるから
そんな風に感じるんだろうか。
出す作品出す作品、全てが普通に万単位の再生を稼いでランキングに乗るような
作り手になったら、そんな気持ちにはならないんだろうか。

・・・なーんて、色々考えて、結局は元のところに戻ってくるわけです。
この間だいたい3分。逡巡の時間として長いのか短いのか、それはわかりません。
わからないけど、誰だってきっと、逡巡はするんですよ
その人なりの立ち位置で、その人なりの想いを抱いて、その人なりの考え方で。

今朝、出社する前に見てみたら、ちょうど2万を超えたところだったので、
自分で「2万PV以下限定名作アイマス動画」のタグを消してきました。
またこのタグをつけてもらえるような作品を目指して頑張ろう・・・ん?
って事はやっぱり初動が鈍い作品、って事か?(笑)

いい話を台無しにしながら、改めて視聴頂いた皆様に感謝いたします。
そしてまっさんにも、感謝と無償の愛を。
この記事に対するコメント

「2万PV以下限定名作アイマス動画」卒業は自分もつい最近体験しました。
自分もまた付けて貰えるような動画を作れるよう精進しようと思います。
(律子の紙芝居にも付いたのはビックリです)

自分はこのタグがとっても好きです。
赤ペンPの言われる通り、検索のキータグだったりするんで、
コレが付いた時はかなり嬉しかったのを覚えています。
「このタグを付けるのに値する作品だ」と、認めてもらえたような気がして。
うん。「認めてもらえた」ってのが一番嬉しかったのかもしれません。

「2万PV以下限定名作アイマス動画」タグが外れた事による言い様のない気持ちってのは、
「不安」に似ている気がしますね。
自分の紙芝居についてるタグで、コレが一番力のあるタグだったので、
ちょっと頼っている部分があったように思います。
そそるネーミングですよね、「2万PV以下限定名作アイマス動画」って。
「2万以下」という絶妙な縛りに、「限定」「名作」なんて付いちゃって。
そういう部分で一番力があったかなと。
外れた時は寂しいって気持ちが先に出ましたね。

恋愛症候群のリメイク、楽しみにしてますね。
自分も新作頑張ります。
それでは、失礼します。
【2008/07/11 00:39】 URL | Gate #mQop/nM. [ 編集]


初コメさせていただきます。
2万再生おめでとうございます。
アップされて間もない当時ついてた「ブログに定評のある赤ペンP」というタグのおかげで検索してここに通いはじめたものです。
最近日記をブログにし、足跡なる機能のせいで(おかげ?)でこっちの存在もバレてしまったわけですが、ずっと前から見てましたと一言言っておこうかとw

リメイクもあずささんの誕生日動画も楽しみにしております。
私事ですが、こちらも動画製作が大詰めだったりするんで、出来上がったらリンク申請させていただこうかと思ってます。
それでは、お互い頑張りましょう。
【2008/07/11 01:35】 URL | RED.P #/tVxdjDU [ 編集]


> GateP
遅ればせながら「欲望」の2万PV越えおめでとうございます。
あの作品の弟分が「恋愛症候群」だと思っているので、
我が事のように嬉しいです。あ、妹分の方がよろしければそれで。

うん、「認めてもらえた」ってのは大きいですね。
外れるときの心境は、不安というよりはこの渋いタグが惜しい、という
感情の方が強かったかもしれません(笑)。

新作、期待して待ってます!

> RED.P
どうも初めまして~!同じ赤つながり、今後とも宜しくお願いします。
ちなみに今ブログに定評があるのはじあめの人だと思います(笑)。
長文を読むと目に悪いので程々にひとつ。

あ、私も製作真っ只中ですが、自重せずにリンクしちゃいました(笑)。
リンクはいつでもお時間のあるときにどうぞ~!
【2008/07/11 23:59】 URL | 赤ペン #Td/ILGRk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/454-33aa238f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック