赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

知らなくても楽しめる、という事。
作業の息抜きに、ふと昔マイリストに登録した動画を見てみたりする。
さすがに新規開拓している余裕はないですわー(苦笑)。

で、たまたま昨日はこんなのを見ていました。





私はそもそもPCでゲームをする習慣があまりない人なので、
エロゲは全くやっていないとは言いませんが、まぁ基本的には情報に疎いわけです。
だから何でこの動画にたどり着いたのかと言われれば、単にタイトルの「要注意」って
文字に惹かれただけなんですけどね。

よく知らないジャンルの、さらにマニアック?な話を集めている動画なんだから
正直置いてけぼりになってもしょうがないはずなのに、これがやたらに面白い。
むしろ興味を持って地雷を踏んでもいいかな、くらいの話になりかねない(笑)。

その理由は、もちろんニコ動特有のコメントの恩恵という事になるんでしょうが、
「コメントを付けたくなるような作り」ってのも、大きいですよね。
以下、詳しくないから推測込みのお話であることをお断りしつつ。

選んでいるゲーム、短いコメントと弄るネタ、切り出したシーンやBGM。
さすがに最後のオチには有名どころを持ってきているようですが、基本的には
中途半端に「知らない人にもわかるように」という形にはせず、徹頭徹尾
「わかる人にしかわからない話」になっています。それどころかわかる人からも
「その説明じゃわかんねーよwww」的コメントがついたりしてるし。

でも、「わかる人」がそれを見て反応して、ガンガンコメントを入れて
盛り上がっている様子が、「わからない人」である私から見ると
面白くて面白くてしょうがないんです。だって、何故その作品が「要注意」なのか
まるっきり説明無しに「うはwww」の一言で済まされてて、でも見てる人が
その一言で全てを理解して大笑いしてるわけですよ。

共通の認識によって成立する内輪話ではあるけれど、その内輪な部分には触れずに
「触れた事によって発生する状況」が展開されるから、つい気になる。
町を歩いていて人だかりが出来てたら、何はともあれとりあえず
覗いちゃうような感覚に近いのかもしれませんね。

ああ、そういう発想もあるのかなーなんて思ってみたりするわけです。
どうせやるなら徹底的に。話の中身で全ての人の興味を惹けないのなら、
まずはわかる人にとことん届けよう。わからない人に対しては、話の中身を
届けるのではなく、その話によって盛り上がっている状況を届けよう。
一度巻き込んじゃえば、後は話がよくわからなくても押し切れますから。

そんな事にまで思いを馳せている時点で「息抜き」からは程遠い気もしますが(笑)
まぁ、宜しいんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

オモロイ同人誌は元ネタを知らなくともオモロイんだ。
普通なら原作→同人で、その作品を追うパターンなのだが
同人から入るパターンもあるわけで
コレをニコマスに置き換えるならば
MADを見てからゲームをやるわけで
つまり何が言いたかったというと
□□ゲ買ったら貸してください。
全裸にネクタイ、靴下を履いて、待ってます。wktk
【2008/07/05 00:50】 URL | た #- [ 編集]


「分からない人」が分からないなりに楽しめる雰囲気ってのはいいもんなきがしますな。壁はあるんだけど覗き放題みたいな。
【2008/07/05 09:36】 URL | きつね #- [ 編集]


> たP
買わんわ(笑)。

> きつねP
敷居の高い低いってのはそういう部分も含めての話なのかもね。
中身の専門性だけじゃなくて、みたいな。
【2008/07/06 13:29】 URL | 赤ペン #Td/ILGRk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/448-1c4aabe0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック