赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

脈絡のない自分語りの続き。
腹を立てた思い出話の続きというか、顛末と言うか。
前回のエントリを読んでからこの先に進んでください。

件のイベントから数日ほどたった、ある日のこと。

開発部門に配属された同期と一杯引っ掛けている時に、たまたまその話が出ました。
うちの会社、開発部門と非開発部門が結構離れた場所にあったので、
実は飲む機会ってそんなになかったんです。

さすがに彼も苦笑いしながら話を聞いていたのですが、
「まぁお前は同期だし、誤解されることもないだろうからぶっちゃけるけど」
と前置きした上で、正直な感想を教えてくれました。その時の会話は、確かこんな感じ。
昔の話だから多少セリフは脚色されて、かつ無駄にドラマ仕立てになっていますが(笑)
発言の趣旨は同じということでご容赦ください。


会場の客層を考えたら仕方ないってのは頭じゃわかるんだけどさ、それにしても
そのプロモーションのやり方はねぇよ、って思う事は確かにあるよな。
ヒーローショーや歌謡ショーまでやって無理にアピールするくらいなら、
その層は切り捨ててくれたって構わない、って感じかね。


その気持ちはよくわかる。とりあえず宣伝には流行の若手芸人か
グラビアアイドルを使っとけ、って安直な発想、俺も嫌いだし。

だろ?別に全部の作品が一般受けしなくてもいいわけじゃん。
逆に一般的な切り口から語られてもこっちとしては本意じゃないこともあるし、
むしろ狙った層以外の人には一切わからなくていい、みたいなのもあるわけだしさ。


でもそんなんばっかじゃ、ビジネスにはならないわけだよな。

だよな(笑)。狙った層に届ける、って意味での宣伝は大事だし、だから会議では
言いたい事を正直に言うし、その上で決まった事には従うし、それでもこうやって
愚痴る事もあるし。


・・・さてはてめぇ、今日は愚痴るために誘いやがったな(笑)。

最初に愚痴ったのはお前だ(笑)。それに愚痴の吐ける相手は少ねぇんだ。
むしろありがたく思ってくれ。


なんだよその理屈(笑)まあいいや。

そのオッサンも、もしかしたら日頃から商売第一のプロモーションに
ウンザリしてたのかもしれないな。だから目の前のものだけを見て、
ついそんな事を言いたくなったんだと思うよ。


言われてみりゃ、あの会社も結構エゲツないしなぁ。確かに出し物としては
正直微妙な組み合わせもあったのは間違いないけど。それにしたって他の会社の話だとか、
何故そういう内容にしたのかとか、その辺のことは一切考慮せずってのはなぁ。

他の会社だから、だろうな。うちは違う、俺は違う、ってことを言いたかったんだろ。
その為の踏み台にするなら身内より外のモノの方が心も痛まないしな。
その気持ちはわかる。わかるけど、そんな場所で普通は言わない(苦笑)。
言葉と場所は選べって話だよな。そりゃお前も腹を立てるだろうさ。


宣伝担当の女の子、半分泣いてたぜ。周りは切って捨てられたメーカーの
関係者ばかりだったからなぁ。

よく見てるな、例の美人広報か(笑)。そりゃ居心地は最悪だよな。
しかし社内で事前に何を話すのか、打ち合わせとかしてるだろうに。


間違いなく予定にはなかった言葉だな。でもうちの開発のあの人も突然とんでもない事を
言い出すしなぁ。リップサービスはいいんだけど、結構振り回されてるぜ?(笑)

でもさ、プロモーションや営業にはそういう事がない、とは俺も思わないけど、
ゲームの開発なんてやってると、「こっちの苦労をろくに考えもせずに」って
言いたくなる局面ばっかりだぜ(笑)。ユーザーは割と好き勝手注文つけてくるし、
またそれが色々あって泣く泣く諦めたとこを鋭く突いてきたりして。


しょうがない話とは言え、そりゃキツイわな。

意見は意見として尊重するし、でもそれを実現する義務もないわけだし。
結局、やれる範囲の事をやりながら、そういうものとは付かず離れず、
上手く距離を測って付き合っていくしかないんだろうな。


ま、そういうことだな。

同じ開発畑の人間としてお前の愚痴に応えるとすれば、さっきのオッサンのように
考えるのは、別に不思議な事でもなんでもない。ないけれど、距離感を見誤ったから
TPOを無視して、そんな場所でそんな発言をしたと、こういう結論。
まぁお前も似たような結論なんだろうけど、納得した?



この会社には3年半ほど在籍していましたが、これが彼と酒を飲んだ
最初で最後の機会でした。今頃何をしているんだろう。

どうという事のない仕事の愚痴を今でもこうして覚えているのは、それがある意味で
自分の行動様式の原点を再確認する契機となった出来事だったからなんでしょう。
そして今さらそれを思い出すのは、曲がりなりにも自分が何かを作り、
それを他人の目に触れる可能性のある場所に置き、さらにこうやって多くの人の目に
触れることがわかっている場所で、色々と書いているからでしょう。
何も考えずに長文垂れ流してるように見えても、一応ちょっとは考えてるのよ(笑)。

思ってしまう事は仕方がないけど、それを素直に表明するかどうかは別の話。
前にも似たようなことを書いたんですけど、ある物事に対して別の人が何かを言う時、
全ての事情をわかった上で言葉を発するのってやっぱり難しいし、どれだけ善意に基づいて
発言したところで、誤解や曲解は何かの形で生じる可能性がある。

でも、だからと言って「知らない人間は口を出すな」で、批評や批判の多くを拒絶し、
排他的になり閉塞するものには「この先」ってのはないわけで。
時には理不尽なものであっても、意見は意見として受け止めなければいけない。
そしてある時はどれだけ理路整然とした言葉であっても、平然と受け流される。

1対1の話し合いなら如何様にでもフォローできるし、自分の意図を正確に伝えやすい。
でもそうじゃないケースの場合は、色々考えなきゃいけないし、色々腹も括らなきゃ
いけないって事なんでしょう。

前述のゲームは、売れました。
売れるだろうとわかっていて、その通りになった。

きっとあの日あの場所で何を言おうが、あるいはそもそもあのイベントに出さなくても
このくらいは普通に売れたんじゃないかと思う。
そして商品が売れたという事実は、ゲームを製作・販売することで利益を得て、
それによって社員を養い、株主に利益を還元する会社として、揺るぎないひとつの正義です。
私自身もその輪の中に身を置いていたわけですから、否定のしようがない。

その意味ではあの出来事に対して、それこそ会社を辞めて関係ない場所にいる今も、
どこかこだわっている自分は、あまり賢くはないのかもしれません。

それでもやっぱり、この話は心に残ってるんですよね。
その理由が自戒の念なのか、それとも同属嫌悪なのか、それはわからないし、
あるいは未来永劫わかりたくない類のことなのかもしれない。

・・・さて。
最近の私の職場のアレっぷりが目に見えて顕著なので、
ふとそんなことを思い出して、思うがままに筆を走らせてしまいました。
ま、特に何がどうって話ではないんですけどね。オチもつけずに
投げっ放しにて失礼。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

なるほど・・・(と、投げられっ放しながらも受身を取ったように見せかけ)
で、マケインとオバマはどっちが大統領になるの?(と、ナッシュ級の腰砕け技を仕掛ける)
♪恋したり~夢描~いたりす~ると~・・・(と、強引にまとめようと試みる)
【2008/06/26 07:30】 URL | Y2P #- [ 編集]


> Y2P
全てが強引だ(笑)。ナッシュはなぁ。あのパワーボムはなぁ。
【2008/06/27 00:02】 URL | 赤ペン #Td/ILGRk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/439-276d57d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック