赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

こちらもお手伝い
律っちゃん誕生日おめでとう!!
ってことで、写真に続いてのプチ下請けです。

DSP


全て中文であるこの曲の歌詞を、日本語訳するお手伝いをさせて頂きました。
そしてこっちを見たなら、もう一方も必ず見に行くように。無論逆でもOK。
"ふたつでひとつの物語"ですからね。



orgonePの「LIFE」で英作文をした時は、多少なりとも英語の知識はあったし、
資料として辞書やツールも使えたわけですが、中文は知識なし資料なし。
確かに漢文は好きだけど、読むのはあくまでも日本語を使ってるわけで。

だから実際の作業は、

○まずDSPが原曲の歌詞を元に日本語訳した文章を書いて赤ペンに渡す
○赤ペンはそれを読んで文章を整え、さらにその文章を基に意訳の文章を作文する
○それをDSPに渡して読んでもらい、意味がわからないところや日本語的な表現、
 倒置や単語の入れ替えなど不明点について疑問を挙げてもらって修正


という流れでした。

まぁ文章の添削って言っても、元々DSPは日本語が上手いし
(この長文ブログを読んでるって時点で推して知るべし)
いわゆる「てにをは」の部分とか、使う単語とか、日本語特有の細かい部分を
Native Speaker的な視点でチェックするだけでした。
だいたい、こっちに文章をよこしてくる時点で原文の歌詞と日本語訳の文章を
一部倒置させて送って来てるんだからさぁ(笑)。一瞬迷ったよ。

で、むしろそこから先がひと苦労。意訳の作文です。
正しい日本語訳の文章が、曲や映像に合うとは限らない。
そしてお願いをされた時点では、もちろん絵や映像は一切ない状態。
だからと言って、それを見せてくれってわけにもいかないしねぇ。
一緒に貰ってた曲のデータを聞いて雰囲気を感じるくらいしか手がかりがなくて。

原文には確かに漢字があるんだけど、中文特有の意味を持つ漢字も多いし、
日本では使わない漢字や"発音するけど意味はない漢字"とかの扱いは完全に守備範囲外。
また会話の主体や客体も微妙に食い違っちゃってたり。
「この曲はfrom DSP to Ritsuko? from Ritsuko to DSP?
と英語まで駆使して確認する始末(笑)。

結果として、原文の歌詞からは随分と離れた単語や表現を使ったりしています。例えば、

DS「"冬服"って日本語で通じないかな?」
赤「通じなくはないけど、この文脈だとちょっと雰囲気は出ないかなぁ」


なんてやり取りの結果が「マフラー」っていう言葉になったりとか。
あの部分、直訳は単語どころか文章自体が全然違ってるんですよね、実は。

最初に日本語訳の文章を渡す時、なるべく参考になるように、もの凄い説明過多な
内容にしました。嫌がらせかってくらいの長文(笑)。そして可能な限り説明をして
DSPの意見を伺いました。なにしろ自分が書いた文章が、本来の歌詞の意図通りに
なっているかどうかはDSPじゃないとわからないし、作品の演出もあるだろうし。

つまり、DSPの日本語を赤ペンが添削したというよりは、赤ペンが作った
日本語の文章をDSPが添削した、という表現の方が適切ではないかと。
律子が手紙を読んで「そんなことあるわけないでしょ!」って言うあのシーン、
訳文はまるまるボツを食らってまして(笑)プロデューサーからの手紙の文章は
ほぼ原文の直訳になってます。あのイラストと演出なら、その方がいいよね。

この作品はDSPのもの。だからDSPが遠慮なくガンガン添削するべき。
じゃないと、赤ペンPの文章になっちゃうもの。そういう事です。

ま、何にしても私の文章は、あくまでも説明のための補足的なもの。
DSPの愛に溢れたイラストを存分にお楽しみください。

「あなたが居るから、世界が色付きになる。」

そんなフレーズがさらりと出てくる人の文章なんて
基本的に野暮な添削なんざ必要ないんですよ!(笑)
この記事に対するコメント

先生もおつかれさまw 今回はありがとうございました、
最初自分の訳は、本当にグダグダでしたねw
元の文章で行ったら、笑われるかもしれません!
助詞は、本当に苦手です。
読めるけど自分はうまく書けないのです、
長文も読むだけで気力が尽きましたよ!(笑)

しかし最近いろいろ人と話して、
自分の日本語がだんだんおかしくなってきたの気が!

とになく、最後はやさしい歌詞になってよかったです~
でももう中文歌で作りたくないかもですorz
【2008/06/24 04:58】 URL | DS #- [ 編集]


次はあずささん誕生祭で合作フラグ?
【2008/06/24 06:08】 URL | 自称紳士 #- [ 編集]


> DSP
いやいや、大変ではあったけど、やってて楽しかった!
むしろこちらこそ、いい機会を貰ってありがとうって気持ちです。
まぁ日本語は変なところで難しいからねぇ。
えーと、周りの人から日本語を学ぶのもほどほどにね(笑)。

> 自称紳士さん
いやー、まだ自分の動画にはDSPのイラストが入るだけの余裕が
ないっすわ(苦笑)。全部持ってかれると思う(笑)。
【2008/06/24 23:23】 URL | 赤ペン #Td/ILGRk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/437-febab432
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック