赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スランプというもの。
いやー仕事が忙しい。忙しいというか、大変というか、おかしい。

8:30出勤で21:30まで仕事、という時間だけを見れば、それ以上に長い時間
働いている方もいらっしゃるだろうし、土日休みが確定しているってのも
恵まれてはいるんでしょう。ただ、「残業した結果として21:30までいた」ではなく
「最初からこの時間帯で勤務するシフト」っていう点と、この時間の間ずーっと
電話を取って話し続けている、っていう仕事内容は、絶対にできる人を選びますね(笑)。

そんなもんだからまともに動画を作る余裕なんて平日はあるわけもなく、
でも土日も普通に色々用事があって、さてどうしようかという状態。
だからというわけではないんですが、どの曲を使ってどんな作品を
作ろうか、色々大迷走している状態が長く続いておりました。


ちょっと身の程知らずの偉そうな物言いになってしまうんですけど、
普通に作るだけなら全然できるし、それをいつもよりも時間をかけて丁寧に作るのも
悪くはないし、結果として見る人がどう評価するかとか、数字の多寡ってのは
最初から気にせずありのまま受け止める用意がいつだってあるわけだし。

ただ、困った事に、どーにもそれじゃ納得いかないというかティンと来ないというか。
その辺の心境であったり、それを誘発する要因に関しては、それなりにわかってはいても
色々書きづらい物もたくさんあったりするので説明できないんですけど。

不思議なもので、そんな状態になってくるとついこの前まで「これでやろう」なんて
思ってたことが、全然つまらないものに見えちゃったりなんかして。
なるほど人はこうやって悩むものなのかと考えることしきり。

こういう状態を指して、時に人は「スランプ」なんていう言葉を使うのかもしれないし、
そのこと自体間違ってるとは思わないんですけど、こと私自身の話で言うと、
他人に説明するときにわかりやすい表現としては使うこともあるけど、自分では
決してそうは思ってなかったりするんですよね。
それはきっと若い頃にこんな文章を読んじゃったからかなー、と。

小林秀雄が、ある野球選手と対談したときに、スランプの話になったそうで。
かいつまんで書くと、その野球選手曰く、スランプとは。


今まで、いい成績を出し続けてきた。
だからどういう練習をすればいいか知っているし、
日々の努力も怠っている覚えはないし、
いいプレイをするために必要と思われることは全てやっている。

もうこれ以上はない、油断をしなければ自由自在にできる。
そう思った時に、スランプは突然やってくる。
何かが足りないわけでも、手を抜いているわけでもない。
だから「これ以上何をやれって言うんだ」という状態。
いつも以上に頑張ってみる。上手く行かない。
いつもと違うことをやってみる。バランスが崩れる。上手く行かない。
どうしたらいいかわからなくなる。焦る。迷う。
それが、スランプ。

つまり、まだ上達の余地がある若い連中が「スランプ」だなんてほざいたら、
「何を言ってるんだ馬鹿野郎、もっと練習しろ」って事になるのさ。



この理屈で言ったら、自分なんて余地ありまくりですよ(笑)。
上手くなるために必要なことをとりあえず羅列するだけで図書館ができるな。
それにこの話は、「それをすることで飯を食って生活している」プロの世界に
住んでいる人の言葉なので、私のように趣味の界隈での出来事で
これをそのまんま当てはめるわけにも行かないんでしょうけど。

ま、この文脈で言うところの「スランプ」が訪れるようになるなら、
その人は一流なんでしょうね。それは間違いない。つまり結論としては
「スランプになれるよう、もうちょい頑張れや、俺」ってことで(苦笑)。

努力しないで行き詰るのは当たり前。そして努力しても行き詰っちゃう。
まるで救いがないように見えますけど、この話には続きがあって。


じゃあ、スランプを抜け出すにはどうするか?
それはもう、待つしかないんだ。諦めずに色々やってみて、疲れて果てて、
どこかで何かが吹っ切れて。
そうやって肩の力が抜けると、ポンとヒットが出る。不意に思い出す。
そこから先はたいして時間もかからず元通りになる。そういうことの繰り返し。



結局、根詰めすぎるとダメってのは何事も同じなようでして。
考えるだけ考えた後は、考えないことが重要なのかもしれません。

いずれにせよ、「こうすればいい」という明快な結論なんていつもあるわけではないし、
フラフラ迷ったり浮気したりしながら、模索の日々が続くんでしょう。
それに、「こうすれば絶対問題ない!」みたいなメソッドがわかって、
それがいつでも実現できるようになったとしたら、その時点で辞めちゃうと思う。

同じ事しかしないルーチンワークの趣味なんて、あり得ないですからね。
Routine "Work" って時点で願い下げですわ(笑)。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/434-87ebaa79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック