赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Into the mirror, deep inside
「他のPを語ることは自分自身を語ること」
とは、かの有名な時雨Pの名言だったりするわけですが、それは私も全面同意。
自分なりの切り口でそのPを語っているのと同時に、そのPの個性を切り口として
自分の事をさらけ出してるもんだと思ってます。

例えば自分の本棚、CDラック、DVD、まぁ、なんでも、いいですけれど、
そこに並んでいるものは自分自身をキレイに映し出しているのと同様、
「誰を選んで語るのか」もまた、その人の好みなり価値観を示しているんだろうなと。

随分といろんなプロデューサーさんとのお付き合いをさせていただいていますが、
ここで特定の人についてそれほど語る機会がないのは、それがある種のネタバレ
繋がる話になってしまうからなんですよね。
もちろん、そんな手段のために人付き合いをしてるんじゃないってのもあるし、
仲がいいとか付き合いが長いって事とはあまり関係がなかったり、逆にそうだから
長々と話をしたくないってケースもあったりする。

そして以前にも書いたけど、それなりにやり取りがある相手でなければ
突っ込んだ話を書く事もできないわけです。
性格上、失礼な発言が平気で飛び出したりしますから(苦笑)。

ってことで、ここでは4人目になるのかな。
久々の「他人語り(に見せかけた自分語り)」、せっかくこの日付ですから、
景気付けの意味も込めて、今回はこの人にご登場願いましょう。




ご多分に漏れずディープPとの交流のキッカケもブログだったわけですが、
まさかそのP名がホントにディープインパクトから来てるとは思わなかった。
お互いアズサスキーかつ競馬スキー。話が転がらないわけがない(笑)。

ちなみに"ディープP"って名前を始めて意識して見た動画はこれだったかな。



TV版のサイレントメビウスとか懐かしすぎるwwww
お前確実に俺と同世代だろwwwwwwwwwwww
ええ、劇場版の1も2も見に行きましたが何か?


そういう感想(笑)。こう書くと笑い話に見えるけど、実は全く笑えない。

ガッツリとエフェクトを入れて演出する手法。
それは確かに憧れの対象でもあり、けれど私が作りたいなぁと思う動画の姿とも、
ちょっと違ってた。やり方がわからないからってのもあるけど(苦笑)。
いやーうめーなー、とはもちろん思うんだけど、だからと言って諸手を上げて
喜ぶこともせず、歯の浮くような褒め言葉も使えず、何ともいえない感じ。

さっきの感想、作品の中身について全く触れてないでしょ?

お付き合いが始まった後も、例えばあずささんだの競馬だのっていう共通の話題で
いつでも会話が成立する分だけ、なんだか私の方が勝手に作り手としての
距離感みたいなものをいつも感じてた、って書くとしっくりくるのかな。
あ、もちろん上手い下手で話をすればディープPの方が遥かに上手いわけだから、
そういう距離感もあるわけなんですけど。

そんなところに割り込んできたのが、誰あろう時雨Pだったわけさ。
もちろん、この「割り込んだ」ってのは私の主観で、客観的に見れば時系列的にも
二人の間に私が割り込んでるってのが正しい表現なんですけど。
私とのお付き合いが始まった時期が、ディープPが先で時雨Pが後だったというだけの話です。

二人の間柄と言うか因縁(笑)と言うか、まぁその辺の詳細は私が語るまでもないので
それぞれこちらをご参照あれ。

from Shigure to Deep

from Deep to Shigure-1
from Deep to Shigure-2

ディープP、語りなげぇよ(笑)。それにしてもお互いがお互いを語り合う姿は
見ていて微笑ましいじゃない?って、そもそもそんな事を書いている俺は何様なんだ(笑)。

前にも話したことなんですが、アイマスキャラで誰が好きか?的な質問に対しては、
「あずささんが1番で、その次に千早」
という回答をしています。嫌いなキャラがいるわけではないけれど、
序列をつけなければいけないというのなら、ここまでは即答。

アズサスキーな理由は赤ペンPの中の人の個人的な嗜好に基づいていることや、
次に千早が来るのは「最初にニコマスで見たデュオがこの二人だったから」という
単純極まりない理由だって事についても、以前お話しした通り。

その二人を、それぞれ愛してやまないプロデューサー。
もちろんこの二人以外にも、あずささんや千早が好きだと公言している方は
たくさんいらっしゃるし、その想いに順列なんぞ付けられないわけですが、
そんな中でもたまたま私と近い位置にいて、なんとなく波長が合いそうで、
オマケにお互いに強烈に意識しあっている二人。

赤ペンPは、アイマスとは無縁の場所をスタート地点にしてこの世界に飛び込んでいます。
そのこと自体を必要以上に卑下したりコンプレックスに感じたりすることはないけれど、
折に触れてそれを気にかける機会は、やっぱり多いのね。だからこういう人たちと
色々話ができたらいいなぁって、漠然と思っていたんです。話してみて、
その「心の在り様」が多少なりとも垣間見えると、違った視点が得られるかなぁって。

・・・で、その機会が案外簡単に、それもほぼ同時に訪れたあたりは、
私が唯一どんなプロデューサーにも誇れる"人付き合いの運の強さ"なんでしょう(笑)。
こんな書き方をすると失礼だし、二人は不服かもしれないけれど、もしもどちらかとだけ
知り合っていたら、それなりのお付き合いしかしてなかったんじゃないかな、って思います。

もういつの事だったか、自分で探すのも面倒なんですけど、このブログにディープPが
コメントをくれたことがありまして。なんか知らないけど、すっごく悩んでた。
本音を書けば、お前そんだけの動画が作れるのに何を悩んでるんだよ!みたいな感じ。
ここでそれをブチまけてくれて(それも公開コメントだぜ?)嬉しくもあり歯痒くもあり、
何はともあれちょっと話をしてみようって思ってたんですよ。そしたらさぁ。



てめぇ!全然吹っ切れてるじゃねぇか!!(爆笑)
結局この時語り合おうとしていた話は、今に至るもペンディングのままです。
何かの機会に「三浦あずさのプロデュース方針」について、お互いの意見を
じっくり聞いてみたいもんですなぁ。

他人を語ることは、他人を切り口として自分を語ること。最初にそう書きました。
言葉を変えれば、他人は自分を映し出す鏡のようなものです。ただ、鏡とはいっても
サイズや形はまちまちだし、微妙に湾曲してたりして、だからそこに映る自分の姿は
必ずしも等身大のものではないんですけど。

「鏡に映る自分の姿」を、ニコマス的な意味でもう少しわかりやすく言えば、
その人の動画を見て、自分は何を思うのか、ってことになるかな。
だからいろんな鏡に自分を映した方が、いろんな自分の姿が見られるはずだし、
正直見なきゃよかった!って事も多々あるんだけどさ(笑)、それを怖がってたら
何も始まらないかなーってのもあるし。

そして、言うまでもなく自分自身も、他人を映し出す鏡となりうるわけで。
誰かにとって、自分がいい鏡であれたらいいかな、と思ったり。
そのためにはアホほど精進せなアカンなぁ・・・。

さて置き、ディープPは赤ペンPにとって、絶対に必要な鏡のひとつです。
私自身を映す鏡として、そして同じものに向けているはずなのに、
私とはまるで違う何かを映しだす鏡として。

だから憧れや尊敬、嫉妬の対象とはちょっと違うし、全肯定する気もないけど
全否定する気もないし、ライバルっていう立ち位置でもないし、赤の他人でもないし、
無視する気もないけど争う気もないし、勝った負けたの話でもないし。
(てか、勝ち負けを言うならどう考えてもディープPの圧勝だろ常考)

つまり、いいお付き合いはさせてもらいながらも、
そこには何とも言えない距離感が常にある、そういうプロデューサー。
さて、向こうはどう思ってくれてるんだろう。

で、その距離感は面白い意識と表現を生む。
「どんな作品を作りたいですか?」って質問に対する回答は、どんな人であっても
恐らく一言では表現しきれないと思うんです。で、私がその質問に対して、
ディープPという単語を使って回答の一つを表現するならば。

「ディープPに全力で貶されてしまうようなあずささんの動画」

言葉が悪くてすみませんあずささん。あずささんには謝るがディープPには謝らない(笑)。
いや、だってディープP、とりあえずあずささんの動画を作っておけば
そこそこ褒めてはくれるんだもん。だったら逆に「この野郎やりやがったな!!」って
全力で突っ込まれるような動画の方が、面白いんじゃない?
そうそう、余談ですが「褒める」と「貶す」ってテーマのエントリを後日書く予定。

さて。
まぁなんだ、お互いあの日にそういうことをやろうと企んでるのは間違いないわけだ。
この前言ったけど、正直自分は「聖地」タグが付くような動画を作ろうなんて
基本的には考えてないので、それは任せたから。あと、もうちょっとソロで作ろうよ(笑)。

じゃ、最後に愛をこめて一言。


・・・「あずささんは俺の嫁」だって?
言っとけ!!(笑)
この記事に対するコメント

なんでしょうか、真摯に受け止めてしまう自分が居ます!
上のサイレントメビウスは俺とディープさんとの繋がりの作品といえば変に聞こえちゃいますが、俺のリクエストに答えてくれた形の作品で、俺をこの世界へと引き込んでくれた作品でもあります!
ディープさんは何がうまいって、今のブログのタイトルの絵にもあるんですけど、あずさのりりしい表情を入れるのがすごくうまいなぁ~って思います。俺自身技術云々とか、動画の構成がどうのとか、シンクロがどうのとか、そういったものは全然解らないのですが、動画を見ててディープさんの動画がひきつけられるのはダンスの要所を締める表情なんだろうなぁ~って思ってしまいましたw
ってか、語り長!!

鏡の語りの所とは全然趣旨が違って捉えちゃっているのかもしれませんが、俺はまだ誰かが映っている鏡と言うのはありませんね。、
俺にとって赤ペンさんは「道」であり
ディープさんは「頂」なんですよね
未だ自分の道なんて作れているわけでもないので、今は先人さんの道を行っていますが何時かは自分が道として行けたらいいかな!
まぁ、楽しめたらそれでよしって感じなんでしょうけどねぇ~ww<結局それなんですがw
【2008/06/20 12:17】 URL | 影鞍十三 #- [ 編集]


こちらでは初めまして。
毎度おなじみ流浪のP、めるりPでございます。
 
赤ペンPには自分のブログにて御挨拶して頂いたのに、
こちらが挨拶に伺わないのも失礼だと思い、
コメントを残していこうと思いまして。 

今回の記事を含めて過去記事にざっと目を通させて頂きましたが、
とにかく文章の展開が上手く、長文の記事もだれることなく読ませる
その語り口の巧みさに感服しているところです。
この記事も、ディープPの語りだけに止まらず
(多くのブログは、賞賛だけで筆が止まってしまうものなのに!)
それを通して自分の立ち位置を示し、
その中に自分の意見がしっかりと込められている。
そういった意味ではまさに、冒頭の、
「他のPを語ることは自分自身を語ること」
この言葉に、内容が寸分違わない。
こんな見事な文章の組立て、そうそう出来るものではありません。

自分も語りをたまにやる(≒やらかす)者として、
赤ペンPのブログは参考になるばかりか、
「何を書くべきか?」という問いに答える「鏡」になり得ると思います。
優れた作品(文章)は、それを好むか、厭うかに関わらず、
触れたその時から、自分がそれに対し、
何らかのリアクションをすることを自然に促してくるものです。
そしてそこから、自分の一面が、また、見えてくる。
そういった意味では、これはまさに「鏡」と呼んでも…いいと思うんですけど。
……どうでしょう。
何だか意味が繋がらないような気もしなくもないけど。

このブログは「鏡」に相応しく、よく磨かれているのではないでしょうか。

話が無駄に反れるのが取り得 三平かめるりPのコメントか。
【2008/06/20 14:26】 URL | めるりP #N0jCXyfA [ 編集]


まさしく俺のことが書いてあるw
先生との出会いなんてもう覚えてないぜー!はっはーw
なんだろ、そんな衝撃的な出会いとかでもなくてニコマスやってて、競馬好きあずさ好きって言う時点で、むしろ必然だったような気すらするんで
出会いの印象なんてないですな!

自分を映し出す鏡かぁ。最近なんかしょっちゅう見てる気がして、その度に奈落へと突き落とされてたりするんだよねw

距離感に関しては"現実"を知らない時点で多少なりともあるかなぁ。
とはいえ、ニコマスの中でもかなり近い存在ではあるんじゃないですかね?色々喋ったりもしましたしw
まぁネットですし、顔も見えないですから、表面上だけでの人も中にはいるでしょうし距離に関しては少なからず誰にでもあるでしょうねー。
俺ほど自分を出してる奴なんてそういないでしょ?w
今でも俺感動秘話の続きかけるよ?包み隠さずにwww

あずささん貶すことかぁ。貶すとこないしwwww
後、あずささんの動画は確かに俺自身補正がかかりますけど、嘘や建て前で言ったりはしないですよw 言ってないことはあっても、言ったことは全て本心ですから!


>十三さん
俺を頂なんてもうさっさと超えてくださいw
俺は道を指し示せただけで満足!
目標はでっかくいきましょう。



【2008/06/20 20:35】 URL | ディープ #m.2.LkcQ [ 編集]


長文エントリには長文コメがつく!不思議!!

> 影鞍P
道、かぁ。どうなんでしょうその辺(笑)。あんまり自覚はないというか
普通はそんなこと考えないですからねー。ともあれ、自己を何らかの形で
投影でき、あるいはドライブしてくれるものは、言葉は違えど
何かあるって事なんでしょうか。大事なことだよなー。

> めるりP
どうも初めまして!褒めすぎだろ常考(笑)。
自分を磨く行為は自らを高め、誰かをキチンと映し出すための行為。
なーんてカッコつけてみたりして(笑)。そして後半部分!
これから書こうとしていることを先取りするんじゃない!!(笑)
リンクさせていただきつつ今後とも宜しくです~。

> 大将(一方的に命名)
忘wれwたwのwかw まぁいいか、その方がらしい気もするw
"距離感"に関しては、まぁ当然リアルな知り合いでもないから
相応にあるんだけど、それとはまた違う意味でも微妙に存在する
何か、って感じ。最近はだいぶ縮まった気もしますけどね。
ともあれ1ヵ月後には、何かのんびり語ってみたいなって思ったり。
家が近かったら一杯やれるんだけどねー(笑)。
【2008/06/20 23:39】 URL | 赤ペン #Td/ILGRk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/433-b2cc74c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック