赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

気になる動画ご紹介コーナー
とりあえず今日は、先にコイツを貼っとかなけりゃなるまいて。



だいたい、だ。
お前が新人なんて認めんぞー!!(笑)いや冗談。
まぁ見ればわかるんで細かい紹介は省略。いいから見ろ(笑)。曲の世界観も、
それに合わせた3人の"猫"っぷりもたまらん。特に曲。どこから拾ってきたのやら・・・
いいねぇこれ。私も負けてられんっす。

さて、改めて私のセレクトの基準と言うか好みを軽くご説明。
基本的に流行情報とは縁がありません。むしろ人が「いい!」と思うものにはあまり興味が
ないフシさえあります(笑)。マイナー志向なんだろうね。
技術を見るよりも、空気とか雰囲気を見るタイプ。
自分が出来ないことには興味が沸かないタイプといってもいい(笑)。

わかりやすく御理解頂く為に、いわゆるトップどころのプロデューサーさんの作品で
例を挙げましょうか。勝手に名前を借りてしまい大変恐縮です。
例えばわかむらPの作品で言えば、「PSPS」よりも「歌舞伎町の女王」や「千夜千夢」の方が
好きなタイプ。
例えばえこPの作品で言えば「ロケットガール」よりも「踵鳴る」の方が好きなタイプ。
これでなんとなく、私の好みが見えるんじゃないかと。いわゆる「他所の人」的な感覚が、
やっぱり強いみたいです。
なお、上級者及び紳士の属性はほとんどありません。あしからず(笑)。

では、いってみましょう。



まーゲームすらよーしない人間ですから、アニメなんぞ見ているわけもなく。
でもこれは群を抜いて良かった。元のゲームと、派生したアニメと、そこで使われた曲と、
アニメのストーリーと、それを使って作者がこの作品の中で見せたかったもの。
「驚異のシンクロ率」という言葉は、こういうときにこそ使うべきだと私は思うんですけどね。
こーゆーことを自分でもやってみたいんですよねー。なお、これを見てCD買っちまったのはナイショ。



私的なアイマスMAD的「萩原雪歩のハマり役」と言えば、丹下桜とこの斉藤由貴。
「清純派アイドル」なんて言葉が死滅して久しい今日この頃、おっさんとしては
こういうのを見るとホッとします。歌声や曲やキャラのイメージが醸し出す、
ナチュラルに透明な空気感がたまりません。技術を駆使すれば作れるってもんでも、
狙って作れるってもんでもないだけに、とっても心地いい。
それにしてもこのあたりまでのアイドルの楽曲って、ホントクオリティ高いですね。



洋楽好きとして外すわけにはいかない名曲。JB並みに好きですこれ
私は原曲のピッチが変わっているとすごい気になるんですけど、これは全然気にならなかった。
間違いなく「曲から入ってアイマスを馴染ませる」手法なのに、その根底となるはずの
曲をいじってて、それでも雰囲気は微塵も失われていない。作り手としての自分の力量では
絶対出来ません。マイッタ。
ちなみにこの方の作品なら、「浪漫鉄道」も同じくらいおすすめです。



ネタ系の作品からもいくつか。子供の頃からウルトラクイズを見て育った私が18歳になり、
出場資格に手が届いた年、トメさんが引退しました。テレビの前で冗談抜きに号泣し、
今でもその引退挨拶のシーンを見ればあっという間に泣ける、
そんな私の大切な思い出に な ん て こ と し て く れ る ん だ (笑)。
シンクロがどうとか画質がどうとか、っていう切り口は、この作品の前では無意味。
馬鹿負けとはまさにこの事。



アイマスMADに触れた初日に「さよならを教えて」を見てしまった話は書きましたが、
これも見ちゃったんだよね(笑)ダムP幅広すぎ。これと「ブルー・レイン」は、
私が「社長と審査員を使わせたらダムPこそガチ中のガチ」と主張する根拠であります。
ネタPVはガチPV以上に「どれだけ突き抜けるか」が勝負だと思うんですが、
突き抜けすぎだろ常考。まぁ今後この手の作品をダムPが作る可能性は
限りなく少ないと思われますが(笑)。

挙げはじめたらキリがないので、今回はこの辺で。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/42-72e8e5a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック