赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ロケハン?
Do-Daiをやってみる。
うん、何ていうか、あずささん、頑張ってるなぁ・・・(笑)。
それよりもうっかり衣装をレオパルドゴールドにしてしまったもんだから
(以下、察する人だけ察してくれ)

さて、ここ数日の休みを利用して、外出のついでにちょっと某所に足を伸ばしました。
頼まれ事というか、半分以上は私が勝手に請け負ってるんですが(笑)
ちょっと写真を撮りに行きましてね。

要するにロケハンってヤツです。まぁ自分の作品で使うわけではないんですが。
それがいったい何の話なのかという点については、いずれ明らかになるかもしれないし
ならないのかもしれませんので置いておくとして(笑)。

昔私が部活動として写真部に在籍していた話は以前に書きましたが、
その影響でAF一眼レフのカメラを買ってもらった事があります。

写真は他所から借りてきましたが。
F801

ニコン製のF-801。シャッタースピードが1/8000秒まで選択できるカメラでしたが、
ぶっちゃけそんな機能、普通は使いません(笑)。レンズとフィルムも相応のものを
そろえないと、このシャッタースピードで撮影したら真っ暗な写真しか撮れない(苦笑)。

そして日常的に写真を撮るケースにおいて、一眼レフのカメラは明らかに大きすぎるわけで。
10代の若造がポンポンとレンズを買い揃えられるわけもないので、使っていたのは
もっぱら35mm-70mm、F3.5~4.5の標準的なヤツだけでしたが、それにしたってねぇ・・・。
絞りもシャッタースピードも基本はお任せな感じで撮影してましたが、でも楽しかったかな。

今の私はデジカメというか携帯についてるカメラにお世話になりっぱなしで
世の中便利になったもんだとしみじみ思うわけですが。フィルム代が不要で、
撮影したけど気に入らないカットは消しちゃえばいいし。
当時はフィルム代もバカにならなかったから、思うままにパチパチシャッター切るのも
躊躇われたりしたわけです。この年になって映像なんてものに携わるとわかっていれば
無理してでももっと色々撮ったんでしょうけどね。

ま、どうせ腕前なんてたいしたもんじゃありませんが、それでも色々考えながら
思うままにシャッターを切るのは、やっぱり楽しいわけです。

今回のロケハン写真から、一枚だけご紹介。
居酒屋春香看板


・・・ああ、これは違う(笑)。こっちこっち。

道すがら


説明がないとこれがいったい何なのか全くわからないわけですが(笑)。
一応地名繋がり、ってことになるのかな。まぁその話は機会があればって事で。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

はじめまして。
長文読む気力がある日には読ませて頂いてます(笑)。
見覚えのある場所に見えたので思わず。

地名つながりというのもあるし、
O駅のそばの某公園に見えるような…。
うろ覚えなのでわざわざコメしといて違ってたら恥ずかしいですが、
まあそのときはそのときでいろいろと妄想してみることにしますー。
【2008/05/01 00:47】 URL | がいすと #ihn3MyrQ [ 編集]


> がいすとP
どうもはじめまして~、ええ無理して読む必要はないですよここは(笑)。
適度な斜め読みが健康の秘訣ということで。
で、その想像で正解です。O駅降りてテクテク歩いてました。
問題はそれが何に使われるかって事なんですが、これはまぁ
ガンガン妄想してやってください(笑)。
【2008/05/01 10:24】 URL | 赤ペン #Td/ILGRk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/359-295bccf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック