赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

タグ1万件ごとのお楽しみ
・・・とさりげなく定例化を推し進めてみるテスト。

てってってーP


詳細は動画の方をご覧頂くとして、3月は壮絶な月だったんですねぇ。
今月はちょっと落ち着いたとの事ですが、それにしても2月の数字が
とりあえずのスタンダードとは・・・。


この動画やアイマスからは離れた話になるんですけどね。

「数字による裏付け」ってもんが大事になる局面は、
それなりに仕事をして入れば必ず出くわすわけです。今なんかまさにそう。
想定される現在の状況をどれだけ説明しても疑ってた連中が、
実際の現状を数字で示した途端に凄い慌てぶりでオロオロしている様子を
見ていると、数字の力を実感すると共に、自らの非才をしみじみと
感じてしまったりするわけなんですけど。

そういえば昔、「数字が全てだ!」と主張する上司(と言うか、会社)と
給料の話をするときに、このロジックでいじめたことがあったっけ。

「数字を上げなければ評価が下がる、というお話でしたが、
 私も自分への評価をこの数字で判断させていただきます。
 恐縮ですが、私を評価していただけるのであれば、
 "言葉"は要りませんので"数字"で示してください」


あーイヤな社員だ(苦笑)。こうして中間管理職の夜は更ける。

私は最初理系を目指し、理科がまるでダメで文系に転身し、
今度は社会がまるでダメで(笑)結局は国・数・英の3教科で受験できる
文系の学部を探して回った人間だったりするので、こういうデータ的な数字というか
数字そのものの取り回しは結構好きなので、毎回楽しみに拝見しています。
ま、趣味が競馬でいろんな数字を扱ってますし(笑)。

という事でデータマスター4に早くも期待。さあ今からネタを考える作業にもd(ry
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

「1万件ごとのお楽しみ」 これはいい宣伝文句ですなw
データマスター見ると、改めて3月は今までに無い1ヶ月だったのかと。
今は落ち着いてきたとは言え、底が上がりすぎてもう何がなんだか・・・

自分も脱線しますが、サラリーマンは「数字による裏付け」は
切っても切り離せないですよね。
自分の上司はあまり数字には強くないんで、自分で計画練って
生産予定を立てる仕事をしてたら、総務の偉いさんが「何故お前が
この仕事してるの、これはアイツ(上司)の仕事じゃ?」と
聞かれたのでありのまま、「え、上司が数字を丸投げするから」と言ったら、
ここから数日は修羅場でしたよ(苦笑)。自分は火の粉もかかって
こなかったのですが、2人ほど丸焼け、背中からなんとも言えない
オーラが時々見えてましたw
自分で言うのも何ですが、食えないヤツだと思うわ(苦笑)
【2008/04/27 13:47】 URL | 小魚 #aEmTB4nk [ 編集]


流石赤ペン・スコット=ボラス・Pと誉めてやりたいところだと思っていなければ、オレはこの☆を破壊しつくs
【2008/04/27 15:26】 URL | Y2P #- [ 編集]


> 小魚P
何がなんだか分からないから好き勝手やろうと(笑)。
あーうちの職場もみんなゴール前でパスを出したがる人ばかりで
よく問題になってますよ(苦笑)。修羅場が修羅場に見えないという(ry

> Y2P
いやいや、年俸を吊り上げたくても結論が出てる状況だからなぁ(苦笑)。
というかネタの投げっぱなしはやめれ(笑)。
【2008/04/27 21:22】 URL | 赤ペン #Td/ILGRk [ 編集]


次回は文章部分よろしく!
【2008/04/28 01:32】 URL | てってってー #G6KY6t/Q [ 編集]


> てっP
高いよ?(笑)つかあのセンスは俺には出せないので
(実際、てってってーより言い訳の方が私的には衝撃だった)
まぁ相談程度なら・・・(笑)。
【2008/04/28 10:38】 URL | 赤ペン #Td/ILGRk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/356-a2946cd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック