赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Days with you <その2>
頭を抱えたくなる文章・後編でございます。
お望み通りSS仕立てにしてやったぜコンチクショー(笑)>某P

他の方が書かれたこのバトンをご覧になっていれば、まだ回答していない設問が
前回以上に頭を抱えたくなるような内容であったことを覚えていらっしゃるかもしれません。
ええ、私も自分で書いた文章、こっぱずかしくて読み返せません(笑)。
なので誤字脱字があったらゴメンナサイ(さらに笑)。

●お風呂に入ろうとしたらあずさが先に入っていました。

いや、良かった。

何が良かったって、まずは眼鏡を外してて湯煙も凄かったので
風呂場の様子が良く見えてなかったこと。
ほぼ無意識に前を隠して風呂場に入ったこと。
あずささんが湯船の中だったこと。

っつーか、それって「良かったこと」なんだろうか?

一瞬の静寂と、それに続く悲鳴と絶叫の見事なハーモニー。

「ゴ、ゴメン、すぐ出る!」
「え、いや、その・・・」

あずささんが風呂にいる横で自分が洗濯をしてる、あるいはその逆ってのは
今までもよくあったけど、この接近遭遇はなかったわ。
珍しく仕事で疲れてて、ろくに確認もせずフラフラと入ったのはちょっと迂闊だった、
などと思ってたら。

「・・・あの、忙しかったでしょう?待って頂くのも申し訳ないですし、
 もう私も上がりますから、そこで髪を洗っててください」
「・・・え?」
「キャ!こっちは見ない~!」
慌てて後ろを向く。そうしないと、興奮したあずささんが何を手にとって投げてくることやら。

「・・・その間に失礼しますので、目を瞑ってよ~く、念入りに洗ってて下さいね」
俺はシャンプーハットがないと頭が洗えない小学生かっつの。
まぁ確かにもう一回外に出て、あずささんの着替えを待って入り直すよりは、
こうやって入れ替わる方が効率はいいとは思うけど・・・ともあれ
湯船に背を向ける形で洗い場に座り込み、

「ハイ、鏡も見ない♪」
さすがによくわかってらっしゃるというか、近眼+湯煙でどーにもならんから
それは心配御無用というか。

シャンプーが飛び散らないよう、静かにゴシゴシ頭を洗ってる俺の後ろを通り抜けながら、
あずささんが一言。

「うふふ、これで"裸のお付き合い"、ですね」
いや、まぁ、そう言われればそうなのかもしれないが、いろいろ違うと思うぞあずささん。

●やけに余裕のある朝だと思えば時計が止まっていました!慌てたあずさが忘れそうになった物は!?

「えーと、えーと・・・」
「何か手伝う事、ある?」
「えーと、ええ、ああ、まだ着替えてるので、こっちには来ないでくださいね~!」

今日着ていく服をベランダから取り込んで、そのまま居間で着替えているらしい。

昨日はこっちも仕事で疲れてたし、あずささんはそれに輪をかけて疲れてた様子で
帰ってくるなり部屋で寝てしまい、居間の時計が止まってることにこれっぽっちも
気付かなかった。色々悔やむことはあるけれど、今はそんな状況ではないわけで。

「はい、どうぞ~!」
居間に入ると、あずささんはもう身支度をあらかた終えていた。一安心。

「食事は大丈夫?」
「はい、えーと、ロケ現場で食べるので大丈夫です~」
前言撤回。食パンの封を切ろうとしながら言うセリフじゃないでしょ、それ。

「(やんわりと食パンを取り上げて)まだ時間は間に合う?大丈夫?」
「(食パンの代わりに荷物を持ちながら)えーと、ええ、なんとか」
「(巧みに背中を押して玄関へ誘導しつつ)まずいと思ったらタクシー拾ってね」
「(化粧を気にする様子で)はい、多分大丈夫ですから」
「(うん、大丈夫、今日も美人だと確認しながら)じゃ、いってらっしゃい」
「はい!」

ポン、と軽く背中をたたいて送り出して。ふぅ。
何しろ「家に帰るまでが遠足です」という言葉を拡大解釈して座右の銘に
して欲しい人だからなぁ。最近は遅刻して騒ぎになったという話を
聞かないから、まぁこの心配が無駄にはなっていないのだと信じておこう。

・・・さて、散らかった居間を片付けつつ、忘れ物が無いかどうかを確認していると、
部屋のインテリアとしては明らかに不釣合いなものが、ソファーの上に乗っている。

目の端に入ったそれを疑いの目で見つめながら、頭を3秒間フル回転させて、
それが女性が上半身に着用する下着以外の何物でもないという結論に達すると、
苦笑いしながらそれを拾い上げ、そのまま洗濯物のかごの中に放り込む。

他の下着類や衣服がベランダに残ってるって事は、身に着けるために取り込んで、
それをキレイに忘れたと考えるのが正解だろう・・・ってあなた、ブラですよ、ブラ。
あずささんは自分の魅力に自信がないというか無自覚なところがあったりするんだけど
それにしてもこれってむしろ狙ってやってません?!んなこたぁねぇか。

いずれにしても、夏場だったら大変なことになってただろうなぁ・・・。

●ちょっとした事から喧嘩になってしまいました。原因は何?

「うーん、でもやっぱり、俺はこっちの方がいいんだよなぁ」
「お気持ちはわかるんですけど、私も譲れませんから」

喧嘩、というよりは、意地の張り合い。それも相当にくだらない類の。

お互いに言いたいことがあったらちゃんと言うようにしているし、相手の言うことを
全部聞いてから自分の話を始めるタイプ、ってのもお互い似ているもんだから
(あずささんはおっとりさんなので結果的にそうなっているだけかも知れないけど)
カッとなってまくし立てて口論に発展、というケースはほとんどないんだけど・・・

「どうしても、というのでしたら、今日は私が当番ですから、ご自分で
 用意してもらうことになりますけど、それでいいですか?」
「困る。それは困る。すっげー困る」
「じゃあ今日は私の言うことを聞いてください!」
「むー、でもなぁ・・・」

それでいてお互い、譲らないところは徹底的に譲らない頑固者なので、
こういう地味な言い争いが延々と続くことになる。

む、あずささんの表情がちょっと曇った。危険信号。
今日の場合は完全に俺がふっかけてるつまらない争いごとだから、
ここが引き際ということなんだろうけど、それでも最後のひと足掻き。

「うん、まぁ今日は、それでいいけど、でも・・・」

それにしても。
一緒に住んでると、ホントに些細なお互いの考え方の違いが目に入ってしまう。
育ってきた環境が違うから好き嫌いは否めない、とはよく言ったもので。

「・・・やっぱりカレーには牛肉かな、と思う」
「いーえ!よく煮込んだ豚肉です!」

●仲直りに成功!貴方もあずさも寝るまでにはまだ時間があります。

つまらぬ意地の張り合いも、空腹と女神の一喝には勝てず。

というかあずささんお得意のカレーにそもそも文句なんてありはしなくて、
俺の今日の昼飯がポークカレーだったからちょっと甘噛みしてみたら
予想外の反撃を貰って嬉しいやら困ったやら。
もっとも、そんな理由を言おうものならあずささんが気を遣い慌てて鶏肉を買いに走り
商店街で迷子になるのは確定的に明らかなので黙っているのでありました。

ともあれ、無駄な言い争いで時間を食ったお詫びが半分、料理のときは長い髪を
決まってポニーテールにまとめてるあずささんをそばで見ていたかったのが半分で
結局今日は二人で料理を作ることに。
後者の理由は本人にはナイショだぞ。ナイショだからな!

そしてあれだけ文句をつけておきながら結局ガッツリとカレーを頂いてしまった点に関しては
"あずささんの幸せそうな視線"という強烈なスパイスが効いていたんだから仕方ない、と
ここに明言しておきたいわけであります。

さて、食事も終わり片付けもひと段落。寝るにはまだ早い中途半端な時間。
ボーっと居間のソファーに腰掛けてると、あずささんがやって来てチョコンと座る。
ああ、お茶まで淹れてくれて恐縮です。

「あのー、さっき思ったんですけど・・・」
「何?」

あずささんは絶対に意識していないと思うんだけど、実はあずささんが座る場所の
ポジショニングで、話の内容が大体わかってしまう。野球のブロックサインかよ。

俺の正面に座る時は、生活の上での実務的な相談事や確認の話、お互いの報告。
真横に座ってくれる時は嬉しい反面、確実にヘビーなお悩み相談がついてくる。

で、今日のように斜め前に来る時は、他愛のない文字通りの茶飲み話。
何をするでもなく、ただ言葉を交わすだけの、幸福で安心な時間。
一番大事にしたい日常の風景。それは例えばこんな具合。

「やっぱりカレーに添えるならラッキョウですよね♪」
「いーや!福神漬!」

●疲れていたのかあずさが布団に入らず眠ってしまいました。貴方はどうする?

・・・ん?
気が付くと、居間のソファーで微かに寝息を立てて寝ているあずささん。
時計は深夜の2時を回ったところ、か。ちょっと部屋に篭って仕事を片付けてたから
全然気付かなかった。

物音を立てないように近づきながら、最近のあずささんのスケジュールを
頭の中で反芻してみる。日付が変わる前に帰ってきたのは、今日の前はいつだったっけ。
こちらも忙しかったけれど、もう少し気をまわしてあげられたよな、と反省。

よっ、と。
お姫様抱っこなんてちょっとカッコつけ過ぎな気もするけど、誰が見ているわけでもなし。
起こすのも野暮だし、部屋まで連れてくのはこれが一番手っ取り早い。
あずささんは女性としては背が高い方だし、眠っていて力が抜けている分、
もう少し抱きかかえるのに苦労してもいいはずなんだけど。

女性って、思っているよりも華奢なんだな。
今更、そんな事をふと思ってみる。

それにしても、抱きかかえられてもまるで目を覚まさないなぁ・・・。

●貴方も寝ようと思った時あずさの口から微かに寝言らしき声が。

とうとう、ベッドに寝かせて布団をかけるまで、寝息のリズムは変わらなかった。
ベッドの端に腰掛け、その長い髪に触れながら、視線を落とす。

あずささんには言ってないけど、俺が一番好きなあずささんの顔は、この寝顔。
どこにも力の入ってない、自然で、幸せそうな顔。

元々穏やかでやさしい微笑をする人だし、腹芸のできる人でもないから
必要以上に自分を作るようなことも、あまりしていないとは思う。
それでもやっぱり、普段のあずささんは無意識に、どこか「誰かに見られてる」事を
感じながら日々をすごしている気がする。それは二人だけの時でも。

人に見られて、注目されてナンボのアイドルとして、それはきっと100%正しい。
正しいから、より一層、この顔が愛しい。どんな一流カメラマンも撮ることが出来ない、
"アイドル"の仮面を脱ぎ捨てた、あずささんの素の表情。ひとりの、ただの女性の顔。
考えてみれば、そこに惚れたんだよね、俺。

・・・ああ、いかんいかん。
こうしていると、つい約束を破りたくなる。

二人で決めた、3つめのルール
おやすみのキスは、互いに目を合わせた後で。抜け駆けや不意打ちは、絶対しないこと。
あずささん相手ならいくらでも誤魔化せそうだけど、ちゃんと守ってないと、
この愛らしい顔を、正面から見つめられなさそうな気がして。

軽くため息をついてそっと立ち上がり、部屋を出ようとする間際。
「・・・ありがとう、ございます・・・」
それは寝言だったのか、ホントのお礼だったのか。

電気を消して、静かにドアを閉めて。
おやすみ、あずささん。また明日。


●ここまでの回答有難う御座居ました。最後にこのバトンに答えた感想をどうぞ。

どうもこうもないでしょうまったく(笑)。
一部問題の趣旨とは異なる回答がある点につきましてはお詫びしつつ
まぁいいじゃん、そのくらい(さらに笑)。

●お疲れ様でした。このバトンをキャラ指定付きで5人に回して下さい。

ねーよ(爆笑)これだけ書いた後でどうやって他人に振れと(さらに爆笑)。
立候補者がいればお渡ししますが、まぁ書いて欲しい人には大抵バトンが行ってるし
旬も過ぎてることだし、この辺で止めておきましょう。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

「ばーか」だけ書こうと思ったけど、
そうすると本人はともかく、他の訪問者が
本気でdisってると解釈する危険性もあるので、
とりあえず・・・えーっと、お疲れ様でしたw
【2008/04/17 00:27】 URL | きつね #- [ 編集]


( ゚∀゚)o彡°延長!延長!
( ゚∀゚)o彡°続編!続編!
【2008/04/17 00:30】 URL | surume #JJ0gGjY6 [ 編集]


(´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д`)

てか普通に文章うまいですね。流石です。
じゃあ動画にしてみようか。
【2008/04/17 00:32】 URL | 桃月 #ulYx6Mu6 [ 編集]


やっぱり文豪ですねwwwうまいから嫉妬しますわwww
あずささんやっぱりいいなぁ~さすがだw

で、いつ動画うpするんですかー?
【2008/04/17 00:36】 URL | 京都 #- [ 編集]


お、お疲れ様でしたw

全部読ましたの自分も乙w
【2008/04/17 00:45】 URL | DS #CaF7/EVY [ 編集]


>>きつねP
そんな言葉じゃ、ダメージ0よw

まだ赤ペンPも若かりし頃生まれた名言を現代風に代えて言っておこう
「もうやめてー!Y2PのMPは、もうゼロよー!」
【2008/04/17 01:09】 URL | た #- [ 編集]


(´-`).。oO(もうこの人にバトン渡すのは辞めとこう…)
【2008/04/17 01:30】 URL | アンドリウ #- [ 編集]


m9(´д`)


俺のコメントはすぎさる爽やかな春の風のように突然吹くのです。
だから

( ゚∀゚)o ……


(゚∀゚)連載?

【2008/04/17 01:49】 URL | 時雨 #- [ 編集]


誰か、誰か文豪に他のバトンをっ!
そう、出来るだけこっぱずかしいヤツっ。
新しいバトン捏造して渡すしかない?!

っ [同棲バトンⅡ]
【2008/04/17 04:39】 URL | M@co.j #- [ 編集]


  ( ゚д゚ )

なにこのバカップr

キャラ特性のおかげか文章力の賜物か、全編がすんごく緩い空気に満ちており、それがとても心地良いっす。
いいもの読ませていただきました。SSとリクエストした甲斐があったかな?w

でもやっぱり言わせてもらうと、なにこのバカッp(ry

>M@co.jp
そのバトンは、まず真っ先にそちらに飛んでいく可能性高いと思いマースw
【2008/04/17 07:06】 URL | きゃのん #9EqAmqiI [ 編集]


正座して待ってたら足つったw

  ( ゚д゚ )

とりあえずテキスト&PDFで保存っと
Acrobat8買っといて良かったw
【2008/04/17 07:26】 URL | 小魚 #aEmTB4nk [ 編集]


バwカッwプwルwww

うん、まぁ、真面目に感想を書くとするなら・・・
福神漬ですよねー。

(・∀・)<  動画マダー?
【2008/04/17 07:32】 URL | 自称紳士 #- [ 編集]


寝る前に布団の中でじっくり堪能しました。
(夢に見るかと思ったが、なんとか持ちこたえた)

日刊「赤ペンPとあずささん」の連載開始オメデトウ!
赤ペン先生の妄想日記が読めるのは、赤ペンPの添削日記だけ!
モットヤレー!
【2008/04/17 09:44】 URL | まっつP #ZMnQA7pQ [ 編集]


……
【2008/04/17 19:34】 URL | Gate #mQop/nM. [ 編集]


wikiの例の項目に「赤ペン病」も追加しようかと検討している俺ガイル。

あんた最高だ!モットヤレ!!wwww
【2008/04/17 19:53】 URL | wingeddeath #- [ 編集]


お疲れ様でした

ニヤニヤニヤニヤニヤニヤヤニヤニヤニヤニヤニヤ
【2008/04/17 21:58】 URL | ととす #NeR3TYh6 [ 編集]


NovelsM@ster準備のために書いたのですね。
わかります~。
【2008/04/17 22:04】 URL | CAPRI #- [ 編集]


だからなんでこんなにコメントが多いのかと(ry
つか昨日より多くね?今日もレスは分割で失礼。

> きつねP
いや、むしろこの状況を見ると
書いちまった方がよかった気がする(笑)。

> surumeD
勘弁してください(笑)体力も気力も持ちません・・・。

> 桃月P
動 画 は も っ と 勘 弁 し て く だ さ い

> 京都P
だ か ら 動 画 は 勘 弁 し て く だ さ い

> DSP
ホント乙(笑)それは自分を褒めていい(苦笑)。

> たP
ヤツはMPだけじゃなくてHPもゼロだと思う(笑)。
まぁ吸っても使い道がないのが悩みどころでありますが。

> アンドリウP
あんどりうP に あきれられた!

> 時雨P
「過ぎ去る」?「爽やかな」??「春の風」???
100%ダウト(笑)。あとこっちみんな。
【2008/04/17 23:33】 URL | 赤ペン #Td/ILGRk [ 編集]


> M@co.jP
何をそんなに興奮してるんだ(笑)ええ、そのバトンは
丁重にお返ししますのでまずはご自分で書かれて(描かれて)みては?(笑)

> きゃのんP
だからこっちm(ry 実はSSリクエストは他にもいるんです・・・。
まぁこの空気は完全にキャラ特性ですね。そしてM@co.jPに返した
あのバトンはあなたにも飛ばして差し上げましょう(笑)。

> 小魚P
い く ら な ん で も そ れ は や り す ぎ w >PDF
10年後くらいに法廷で証拠品として突きつけないでください(笑)。そしてこっ(ry

> 自称紳士さん
ですよねー>福神漬け ちなみにカレーはポークでも全然OKだったりして。
そして く ど い よ う だ が 動 画 は (ry

> まっつP
じゃあ日刊のイラストの下請けをお願いしたいわけですが(笑)。
なんかあっているようで妙なフレーズだなこれ(笑)>読めるのは~

> GateP
げーとP にも あきれられた!

> wingeddeath
せんでええせんでええ(笑)日々やれるこっちゃありませんって・・・。

> ととすP
バトンを渡してくれた方全員のコメントを頂けてホッとしてます。
なんか悔しいから真面目にレスしてやったぜ(笑)。

> CAPRIP
だから無理無理無理無理(笑)。
【2008/04/17 23:35】 URL | 赤ペン #Td/ILGRk [ 編集]


流石いい物を見させていただきました。
って、にやにやというよりは、赤ペンPの本気を見た!!そんな感じがしますwww<おいおい
ただ…動画にする時、声をどうするかですよね…文字だけにするのもやっぱり物足りないというか…でも、声つけてもおそらく変になるような気もするし…ん~悩みどころですよね…どうしましょ?
いやぁ~ご馳走様でした。

次は新婚バトンですね?わかります。
【2008/04/18 08:51】 URL | 影鞍十三 #- [ 編集]


> 影鞍P
だからなんで動画作るのが前提なんだ(苦笑)。
まぁ仰ってる点が確かに悩みどころではあるんでしょうが。
そしてホント新婚バトンは勘弁してください(笑)。
【2008/04/18 12:15】 URL | 赤ペン #Td/ILGRk [ 編集]


カレーは鶏肉だとおもいます(・ω・)まこまこりーん♪
しかし妙にリアルな描写に
「ほんとに一緒に住んでるんじゃないの?」
と思ってしまいますw
これは動画期待せざるを得ない!
【2008/04/20 10:27】 URL | シーダP #- [ 編集]


> シーダP
昔の偉い人は言いました。
「妄想は生々しくなければ意味が無い」
だから動画は勘弁してくれと(苦笑)。
【2008/04/20 12:11】 URL | 赤ペン #Td/ILGRk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/345-7ddcb660
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。