赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

転機、だったんだろうね
ぜぇ・・・ぜ、ぜぇ・・・。
ようやくカクパー感想文のP名の横に、キャラとお題を追加し終わったぜ・・・。
61人分は半端なく多かった・・・ぜぇ。

・・・息も整ったところで。
今日のエントリは、私にとって身近であり、かつ作風はエラい違うんだけど
どこか似たような考えを持っているみたいで、正直気になってしょうがない
二人のプロデューサーさんが絡んだお話だったりします。

きっかけはそのうちの一人、メイPのブログのこのエントリ。
先にこちらを読んでから以降の文章に目を通していただけるとこれ幸い。

絶望という名の。 その1
絶望という名の。 その2

お互い事あるごとに「それなんて俺」発言を繰り返してます(苦笑)。
今回は導入部分だけのご登場ですが、いずれ主役を張ってもらうことにしよう(笑)。

この話もそうだし、ここで取り上げられているシラカワPの作品の作者コメントも
そうなんだけど、同じような事をみんなどこかで経験してるもんなんでしょうか。
特に一つ目のエントリと同じ体験については、私も年末にちょっと書かせていただきました。
デビュー前にぼねPの「WILL YOU BE THERE」を見て心がへし折られかけた、っていう話ですね。

初耳な話なのにどこかで見た話、いや自分と同じ経験を見て、もうひとつの体験についても
ちょっと書いておこうかなって思って。つまり、デビューした後に自分が色々と
考えさせられた作品
についてのお話です。「絶望」とはちょっと違うんだけどね。

それにしても、単純な数字以外の部分でもこうやって出てくるんだから、やっぱりコレは
自分にとっての代表作なんでしょうなぁ(苦笑)。



えっと、この作品の投稿日付と時間を見て下さい。2007年10月12日、0時46分23秒。
曜日でいえば、ちょうど日付が変わって金曜日、という事になります。

遡ること約3時間。木曜日の22時の段階で、実は完成してたんです、この作品。
当時は「2週間で1作品」ってペースでやってて、それに沿って自分で決めた
「締め切り」にはあと2日ほどあったんだけど、これでOK!って状態になって。
まぁ今だから言ってもいいと思うんだけど、やっぱり自分なりに手応えみたいなものは
あったわけなんですよ。それまで作った4作とは明らかに違う方向性だし、
曲の内容には自信があったし、さだまさしっていうインパクトもあるだろうと。

で、ちょっと欲目が出たのね、そこで。

この当時の集計期間や正確な時間は覚えていないので、あくまで私の思い込みという前提で
聞いていただきたいんですが、たしか週マスの集計期間は金曜日から翌週の木曜日まで、
正確にはニコ動のランキングがリセットされる1時間前、すなわち金曜朝5時の段階で
集計をしめていたよなーと、そんな事をこの時に思い出しまして。
そしたら、せっかくだからそこに合わせて、俗に言う「ランキングを意識した時間帯」
上げてもいいのかな、って思って。まぁ金曜日の朝6時は極端だし、それをしたからといって
6分半のおっさんホイホイなこの曲がどこまで行くのかわからないわけですけど。

まぁ何にしても急いでUPする事もないや、なんて軽く考えながらとりあえずFLVに
変換する作業をはじめ、そして日付は変わり、いつもの溜まり場に顔を出すと、
この人が新作を上げたという話になっている。
それを見た時の私の驚きは、ちょっと尋常なものじゃありませんでした。

てってってーP


同じ春香を取り上げた作品。
それも白とか黒とかじゃなくて、いうなれば「天海春香」にフォーカスした方向性。
単純なダンスシンクロだけじゃない構成。
思い入れの深いアーティストの曲。


それまでのやり取りの中で、どうもこの人とは考え方が似ているらしい、ってことは
わかってるつもりだったんだけど、このタイミングでそこまで似たような発想の作品を
作ってるなんて、想像しろって方が難しいわけで。見た目は全然違いますけどね。
で、作品見た人はわかると思うんだけど、この出来じゃないですか。あーこりゃ面白いわ、
普通にランクインするだろ、って思いながら目をやると。

投稿時間、2007年10月12日、0時09分25秒。
さっきの理屈で言えば、ランキングを意識しない事はなはだしい時間帯。
ひとかどならぬ思い入れがある作品が、ようやく出来ました。上げました。どうぞ。
こういう時は「飄々と」って言葉がいちばんしっくり来るんだろうか。

なんだろう。
猛烈に腹立たしかった。

それはもちろんてっP個人や作品に向けられているものではなく、自分の作品の内容や
デキに向けられたものでも当然なくて、ただただ、腹立たしいって感情だけがありました。

バカみてぇじゃん、俺。
ランキングは気になるけど数字は気にしません!なんて公言してるくせに。
もともとランキングを意識して作品を作っているわけでもあるまいに。
そんなこととは別に、自分にとって大事な曲を使わせてもらった作品だってのに。
修正するわけでもなし、出来たと思ったら、ちゃんとそこで上げとけって。
何をもったいぶってるんだか。


・・・多少極端な考えであることは否定しませんけどね。ともあれこの作品を見終わってから
黙り込むこと約5分。その後のやり取りを、記憶を元に再現してみると。

赤「・・・これ、完成品だよね?」
て「え、何かミスでもあったかな?」
赤「あ、そうじゃなくて・・・うーむ」
て「気になるなぁw」
赤「・・・わかった。俺も今すぐ上げる」


会話になってねぇし(苦笑)。どう見ても意味や真意が伝わらない文章。
そんなやり取りを経て、変換が終わったばかりのファイルをロクに確認もせずに
そのまま勢いに任せてUPの作業を始めて、遅れること30分。
こうして私の作品は日の目を見ることになりました。
事前に用意していた作者コメントに、あの作品へのリンクを付け加えて。

・・・もしかしたらこの時のランキングの集計って0時でしめてたかもしれないので
実はすっげー狡猾な時間帯で、単なる私の壮大な勘違いなのかも知れないんだけど(笑)
まぁそこは駆け出しプロデューサーだった時代の話ってことでご容赦ください。

ともあれ、翌週のランキング。彼の作品は13位に入ってました。
私の作品も、最後の文字の部分ではあるけれど、名前が載りました。

順位が上とか下とかはホントどうでもいい話で、そういう作品と同じ週のランキングで
自分のささやかな目標が達成できたことが、実は何より嬉しいことでした。
ある紹介サイトで、この作品と並びで紹介されてたのを見た時も嬉しかったなぁ。
「すっぴん春香」が推奨でしたっけ?>その某サイトの中の人

デビューしてからも色々と作品を見て、気に入ったり衝撃を受けたりってことは
普通にあるわけですが、デビュー後限定で「思い入れのある作品をひとつ」って言われたら、
迷うことなくこれを挙げます。この作品に、あの瞬間に出会っていなければ、きっと
「赤ペンP」は、今とは多少違う姿をしていたでしょう。その違う姿の良し悪しなんて
わからないけど、少なくとも「赤ペンPの中の人」は、今の「赤ペンP」が
割と気に入ってるから、これで良かったんだろうね。

自分の転機のひとつを、確実に作ってくれた作品です。大好き。

それにしても。
去年の年末も、示し合わせたかのようにお互い似たような趣旨で作品を作ってたなぁ。
「リクエストにお応えして」みたいな作品をさ。
ホント、似たような考えで動く人が身近にいるって、やぁねぇ(笑)。
この記事に対するコメント

えー、だってあのどちらかだけ紹介しろ、って方が無理があるじゃないですかー
どっちも新しい工夫があって、どっちも楽しい。
そりゃ、亜美と真美のどっちが好きか答えるくらい難しいですぜ。
「すっぴん春香」といえばミズナスPがひっそりと使ってくれて嬉しかったなぁ。
まぁ、当然の如く定着しませんでしたがw
にしても私にとって転機となる作品ってなんだろう。
まぁ、いろいろあるんですが、振り返るのは赤ペンPみたく大勢の人に愛されるようなの作ってからですね。
【2008/02/19 06:32】 URL | タクヲ #gwEIZutI [ 編集]


> タクヲP
はい釣れた(笑)いえいえ、ホント感謝してます。多分あの作品の感想を
最初に拝見したのがそちらのサイトだったと思いますんで。
何気にあちらの作品からもリンクが貼り返されてたのも嬉しかったなぁ。
言うたら作った作品はみな転機を内包してるとは思うんですが、
とりわけそれが大きかった作品、って事になるんでしょう。
という事でタクヲPの現世に期待(笑)。
【2008/02/19 10:56】 URL | 赤ペン #Td/ILGRk [ 編集]


ランキング集計の補足
週マスの対象期間は金曜日から翌週の木曜日まで。
ポイントの計算対象はニコニコランキングの4時台に表示されてる数値です。
こっから知られてないことだと思うけど、
投稿日時が金曜0:00以降の動画は掲載対象外、次週へ持越しです。
金曜投稿分のニコニコランキングの数字は次回集計時に加算されます。

....誰だよ、こんな面倒くさいルールにしたの....
【2008/02/19 20:01】 URL | てんじゃ #GQEklplQ [ 編集]


> てんじゃP
一度どこかでそんな話を聞いた覚えがあって、それで少々曖昧な
表現を文中でしてたんだけどね。どこだったか忘れたけど。
まぁ本文の趣旨に変更はないからアレだけど(事実か勘違いかの違いだけで)
まったく、ホントに芸が細かいと言うか何と言うか・・・お疲れ様です。
【2008/02/19 23:08】 URL | 赤ペン #Td/ILGRk [ 編集]


先生の第一声を聞いたときの驚きは尋常じゃなかったわけですが。
「完成品だよね?」ってなんだよwwwって。
未だによく分からないしw

あの時の動きは、数日前に出来上がっていて、
いつもはそこで上げるんだけど
チェックして、直して、チェックして、直して、
チェックしてチェックしてチェックして・・・
仕事帰りの電車の中で踏ん切りをつけて、
帰ってすぐFLV化していたファイルを上げたらあの時間だったかな。
職場のトイレでチェックしていたのは絶対病んでる。
ずっと忙しかったんで何曜日なのかわかんないしw

あの時見た恋愛症候群のインパクトは凄かったなぁ
さだまさしで6分半、ネタかと思いきやガチ
全員出ているのに春香、いろんな意味でずるいw

そういや、年末のあれも、日にちは限定されていたにしても
数十分差だよね。やだわぁw
【2008/03/01 21:29】 URL | てってってー #G6KY6t/Q [ 編集]


> てっP
久々に取り乱したよあの時は(笑)うん、いま見ても自分でも
あの発言の意味や趣旨は良くわからん。

なるほど、やっぱチェックは重ねたよねぇ。あの内容だもん。
まぁ結局のところ曜日だの時間だのはどーでもいい話、って点は
話の趣旨として間違ってなかったと。うん。

改めて、褒め言葉サンクスです。あの作品がくれた転機は他にも
様々にあるのでまた書こうと思ってるんだけど、そのスタート地点に
ある作品として、久々に思い出して書いてみました。

しかしホント、やぁねぇ(笑)。
【2008/03/02 00:33】 URL | 赤ペン #Td/ILGRk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/270-e6637995
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アイマスMADに元気をもらってます

二次創作の問題はいろいろあるけれど、活発なコミュニティなのでその近くにいるんです。 TRPGのシナリオでさえ、もの作りってのは自分の作ったものの評価とか、同じように作る人がいることによる競争意識とか、いろいろな元気をもらえるんです。 自分の出したアイデアや提案 Try to Star -星に挑め!【2008/02/22 11:28】

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック