赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

File 001:「Chase The Dream」(前編)
ブログを開いてから今日まで、まぁ色々と総論めいたことを書いてきたわけです。
本音を言えばまだ書きたい総論があるので、それが終わってからにしたいんだけど。
でも、折角自分の作品があるなら、具体例を見せながらお話するのもいいんじゃないかなって。
そして「偉そうな事ばっか書いてても大したことねぇなぁ!」ってなれば、多少笑い話にもなるだろうし。

と言うことで、需要無視で自分の作品について触れて見たいと思います。順を追っていきましょう。



処女作としてこの曲を選んだ理由は、ダムPについて語った時に軽く触れました。
無論モチーフは、初めて見たアイマスMADであるこの作品。



ただ、実際のところはさまざまな要素がなし崩し的に決まった経緯があります。
ちょうど8月末は真の誕生祭。真を使ってMADを作る理由もあるし、自分ではなかなか決められない
締め切りもハッキリ設定できて、なおかつそれまでには十分な期間がある。
そして借り物Pの聖地・ステ6には、きゃのんPが上げてくれた真の動画が大量に存在します。
それも同じキャラ・同じ衣装で、アピールやアクシデントが入っていない、それぞれの曲が揃ってる。
使い勝手の良さは天下一品。改めてここで御礼申し上げます。

お恥ずかしい話ではありますが、最初はそういう状況の後押しがないと、
なかなか踏ん切りってつかないもんですね。


それにしても、「作りたかったら作ればいいじゃん!」というセリフは、実際にMADを作った
今だから言える言葉ですよね。作成しようという気持ちだけでは右も左もわからなくて、
何をしたらいいかわからないまま時間だけが過ぎていってしまう。
アドバイスをくれた多くの人に、改めて感謝したい気持ちでいっぱいです。

閑話休題。
こうしてMAD作成の状況が揃ったところで、次は具体的な内容をイメージする作業。
といってもこの時は実際の作業で手一杯でしたから、テーマはあんまり意識してなかったんですよね。
敢えて言えば、「MADを作ること」そのものが、唯一無二のテーマ。

豊富な素材を上手く利用して、BPMを合わせて振りをシンクロさせ、可能な限り口パクも合わせてみる。
専門的な技術はないけど、ズームを使ったりカメラワークっぽいこともしてみたり、
コミュの画像も使ったり、自分で字幕素材を作って文章考えてみたり。

楽しく動画を作ること。そのとき思いつく事で、自分で出来ることは全部突っ込むこと。
言葉足らずでも、自分がやりたいことをやってみること。
自分が納得するものを作ること。そのための労力は可能な限り惜しまないこと。
実は作品を半分ほど作ったところで、いろんな理由があって全部消して、イチから作り直しをしています。

その間、画質チェック&UPの練習で4回ほど作品の一部を上げました。
それにしても、そのわずかな時間の一部始終を見ていたという某Pと、現在お付き合いがあるのは
何かの縁といいましょうか。さらにそのPが上げていた作品のテスト動画を
逆に私が見ていたというおまけつき。世間は狭い

そんな中でエンコードや歌詞の表示方法に煮詰まって、既にお話しした通りニセPブログに駆け込んだり、
「こうなりゃヤケじゃ、作品上げたら誰か何か言ってくれるんちゃうか」と勢いに任せて
無演出のバージョンをUP。そこのコメントやブログのやり取りで、色々と教えてもらって無事解決。
演出を放り込み細かい修正を加え、こうして真の誕生日前に作品が完成したというわけです。

この作品をどう評価するのか、私の他の作品と比べてどうなのか、それは見る方の判断に
委ねられる部分なので割愛します。ただ、作り手の側から言わせてもらえば、
現時点での私の作品の中で一番いいデキなのは、紛れもなくこの作品です。
レベルはどうあれ、持ってるものを全部出してますから。余計なことは企んでませんから。

今も動画を作ってて煮詰まった時やイメージが沸かない時は、この作品を見ています。
この文章を書いている時点で5つの作品を作りましたが、そろそろ一度立ち戻って、
同じようなイメージの作品を作ろうと思ってますし、この先も同じ事をどこかですると思います。
この先どんな作品を作ろうとも、私が本当に名刺代わりにしたいのは、これ。
そういう大事な作品です。

・・・思い出話だけで埋まってしまった(笑)。しょうがない、ここまでを前編として、
ささやかな技術の話(言い訳ともいう)は後編にしましょう。相変わらず文章なげぇな自分。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/22-5a4b3c90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。