赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
03 | 2021/04 | 05
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

年末のご挨拶です
そんなこんなで今年も終わりです。
毎年恒例年末のご挨拶を。

…とは言え、今年はとにもかくにも前代未聞。
普段ならニコマス絡みの話でまとめるんだけど、
さすがにちょっと世情に絡んだ真面目な話も書こうかなと。
あんまりそういう話を積極的に呟かないんでね。


2019年は個人としての動画を全く上げませんでしたが
今年は企画参加の動画を手掛けつつ、合作にも参加して
まぁボチボチ頑張ったかなと思います。
PCを買い替えてちょっと環境が変わったんだけど、
さすがにもう金をかけて大幅な変更はできないかなぁ。

アイマスや動画との付き合いの距離感は、今くらいが
ちょうどいいのかな、と感じています。
自分のペースで楽しくやれてたら、それでいいや。
そして何かの機会にお声掛けされたのなら、老害らしく
周囲を煽る事に執念を燃やすキャラで行こうと(笑)。

で、だ。
今年はご存じの通りのような状況でしたので、
数年前までの赤ペンだったらこの時間を使って
ガリガリと動画を作ってプライベートの時間を
過ごしていたんでしょうけど、さすがにもう
そういうモチベーションはないので、
ネットを眺めながら色々考えちゃうわけですよ。

赤ペンが所属している職場は、4月の緊急事態以降は
自宅待機こそありましたが、仕事そのものがなくなる事はなく、
給料も変わらず支払われてましたので、経済的には
コロナ禍の影響を受けずにここまで来ています。

元々仕事終わりに食事や飲み会をする事もほとんど無く、
そしてご存じの通りライブの類にも行かない生活だったので、
家に引き籠っててもそこまでストレスが溜まるとか、
今まで通りの生活が出来なくなった!みたいな事も
そこまで大きかったわけではない。

何より、主要な趣味の一つである競馬がこの状況下でも
ほぼ当初のスケジュール通り執り行われていたというのは
大きかったなぁと思います。世界的に見ても稀なケース。
初めてPOGなんてものもやり始めたし、2歳馬がデビューする
夏以降は週末ごとに楽しみがあって。

要するに、割と我慢しながらの生活を頑張れてるわけです。
70を超えた高齢者がいる家庭なので、その点に関しては
色々と意識しなければならないけれど、恐らくは
比較的幸運な部類なんだと思います。

そして私の近しい親族には医療従事者もおらず、
国や地方自治体の仕事をしている人もなく、
飲食業やエンターテイメント業に従事している人もいない。
世間のいろんな局面で苦労を強いられている人たちについて、
その状況を知識として理解する事は出来るけれど、
実感や体感としての切羽詰まった状況は身の周りには
それほど多くあるわけじゃなくて。

普段からそういう感じなんだけど、こんな時だからこそなお、
SNSではあんまりこの手の話は積極的にしないでおこうかなと。
私が持っているアカウントは「赤ペンP」としてのものです。
「赤ペンP」はどこまでもニコマスPとしての私の肩書で、
つまりニコマスやアイマスの話をするためのものであって、
そりゃ赤ペンPの中の人はそういう事について色々と
思うところもあるけれど、わざわざこの肩書を引っ提げて
語る事じゃないだろ、って事ですね。

やー、話のついでにガス抜きしちゃいますけど、
率直に言って、SNSにはいろんな立場でいろんな主張を
声高に叫んでる人、多いじゃないですか。
その内容の是非を問わず、正直辟易してるんですよ。
要するに「お前らもうちょい黙っといた方がいいんじゃね?」
って感じることがアホみたいに多くなって(苦笑)。
なまじ言葉尻が強くて上から目線の発言が多いからなおさら。
それこそアイマス的な話で言えば9・18の比じゃないレベル。

しかも、まさか自分のTLにいる人たちからも割と頻繁に
そういう発言が出てくるとは思わないじゃん?
だってただの、およそ政治色があるとも思えない趣味のために
このアカウントを作って、同じ趣味の人をフォローした結果
出来上がったTLのはずなんだよ?(笑)

いや、まぁ、その、少なくとも私なんかよりはずっとずっと
多くの情報に触れ、いろんなことを考えているんだろうとは
思いますよ。思いますけど、あんまり上から目線で発言してるから
どんな人なのか気になってアカウントのプロフィールを見てみたら
特にどんな人なのかが全然わからなかったり、例えば
「SEでーす」「プログラマー」「ゲーム作ってます」
みたいな自己紹介を見て、思わず「お、おぅ、そうか」って(苦笑)。
なんならご丁寧にサブ垢捨て垢裏垢まで作ってる人もいるんだろうし、
いやまぁ世の中にはいろんな人がいるんだなぁと。

あらゆる事象に対してどのような意見を持とうが、
それは私も含めて「人それぞれ」でおしまいの話で、
私と考え方が同じでも違ってても、それは別にいいんです。
なんならそこには同意できることも数多くあるくらいだし。
ただ、そこまでして「発信したい」のかなぁ、って感じちゃって。
承認欲求なのか啓蒙欲求なのか、まぁいろんな要因があるんだろうけど。

そもそも自分で何かを発信するツールがあるってだけで
自分が何者かに進化したわけでもないのにね。
やっぱ人類にSNSは早すぎたんだよ…(笑)。

Twitterを始めて10年以上経つけど、その間にブロックした人数を
上回る数のアカウントを今年だけでブロックしたわ(笑)。
なんなら今まで通りの生活ができないストレスよりも
そーゆー人たちを見ているストレスの方がデカいという本末転倒な。

以上、ガス抜きはこのくらいでいいかな。
実名やアカウントを書かずに我慢できたのは何よりです。

ともあれ、そんなSNSにぶら下がってるどうしようもない我々ですが、
ありがたい事にこの状況を戦い抜く武器は与えられているわけで。
手洗いうがいを欠かさず、マスクを身に着け密集を避け飛沫に注意する。

そんなどうしようもない、お金もない我々ですが、
医療従事者への感謝と支援をする方法はある。というか、
実は一番の支援って
「コロナに感染しない」「大きな病気に気を付ける」
に尽きるんじゃないかな。

守るべきことを守りつつ、行けるところまで頑張りながら、
こんな中でも楽しめる話やバカ話をしていたいなと
そんな風に考えています。そうじゃない話は
「俺はお前ら(含む専門家)よりわかってる」と
思っている人たちにお任せしてスルーしときましょ。

という事で、動画を作るペースはがっくり落ちてますけど、
赤ペンPは相変わらず赤ペンPのまま、今日も明日も頑張ります。
皆さんの目に触れる部分であれ、そうでない部分であれ、
動画を作ってなくても、いつものようにてきとーに呟きつつ、
自分のペースで来年も生きて行こうと。
アレだ、もう既に新しい何かを積極的に取り入れて
自分を変革するには年齢をだいぶ重ねすぎちゃったからさ(笑)。

いつにも増して、皆様もお体をご自愛ください。
願わくは2020年がしんどい時期の底だったね、と
振り返ることができる日が早く来ますように。

2020/12/31 久しぶりに自宅で年越しをする赤ペンP
この記事に対するコメント

本年もありがとうございました。
来年はどこかで「お前はダメだ」と厳しい採点をしてもらえるものと思ってます。
【2020/12/31 13:21】 URL | うるう #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/2134-bd6b8534
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック