赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Another Side
今更な話題ではあるんですけどね。

秋月率子P




まぁあんな文章をいけしゃあしゃあと書いて見せるくらいですから、私が相当な
桃月Pマンセーなのは間違いないんですが、それでもあのランキングを見ていて
色々と思うところはあったわけなんです。

皆さんご存知の通り、週マスは新作の強いランキングです。
いわゆるヒットチャートのベストテン番組的に考えると、マイリスト登録は「CDの売上枚数」
再生数は「リクエスト」と捕らえることが出来るんじゃないかと思うのですが、
それにしても新作の強さはヒットチャートの比ではありません。これはランキングの特性ではなくて、
アイマスMADというジャンル自体が持っている傾向であると言えるでしょう。

以下、私見なので生暖かく聞いて下さい。


普通のCDの場合。
一般ユーザーは、「お気に入りのアーティストの新作がいつ出るのか」という情報を
事前に知っているでしょうし、発売後もテレビやラジオといったメディアに露出する事で、
お気に入りじゃない人の曲であっても認知できる可能性があります。

そして店舗に行けば、発売日当日はもちろんその翌日、場合によっては1~2週間くらいは
「新作コーナー」に置いてもらえるでしょうし、新作コーナーから外れても、ユーザーがちゃんと
認知できるカテゴリごとに、アーティスト別やジャンル別で分かれている売り場に行けば、
その作品はもちろん、それまで知らなかった作品だって見つけられるでしょう。

ところがアイマスMADの場合。
お気に入りのプロデューサーであっても、その人の新作情報を視聴者が事前に知っている
ケースはほとんどありませんし、「発売前後のプロモーション活動」ってのもない。
まぁ商売じゃないから当たり前ですが、せいぜいブログで自作を紹介するくらいでしょう。
そうなると、ニコ動以外の場所で「作品を知る機会」が極端に限られてくる。

「作品を売ってる店舗」にあたるニコ動に行っても、そもそも新作コーナーに並ぶ商品が
やたらと多い上に、それが機械的に毎日入れ替わる。
新作から外れた商品を探すにしても、あまり変更がかからないだろう一部のタグ
(P名、キャラ名、アーティスト名など)以外の検索が非常に難しいし、そもそも
新作を頑張って追いかけているうちに別の棚を調べる時間がなくなってしまう。
週マスも含めた「動画を紹介する動画」や、動画紹介サイトさんが頑張って下さっているものの
あくまでも個人のレベルでされている活動ですから、どうしても限界がある。

つまり、作品を知る機会、作品を掘り起こす機会が、作品の絶対数に対して明らかに足りない。
アイマスMADの現状って、こういうことなんじゃないかと思います。
そんな中で「うお!こんないい作品見逃してたのか!」って話があちこちにあるってことは、
裏を返せば、単に量の多さだけではなく、同時に高いクオリティの作品が送り込まれている
証左でもあると言えるんですけどね。

さて、ご存知の通り、週マスはマイリスト登録数を実数で、再生数を1/20した数で集計して
その「絶対値」を基準に作成されているランキングです。数字さえ手元に揃えば、
難しい計算やその数字以外の基準値を設定する必要がありませんから、一定のペースで継続して
行うのにはベストの方法です。世間一般のランキングも大抵は絶対値の比較をしてるわけだし。
(※厳注!集計のための手間や除外基準の話は本稿の趣旨として考慮していません。為念)

ところが面倒なのは、アイマスMADというジャンルがあまりにも初動重視かつ回転が早いという
特性を持っているために、既存の作品がランキングに残る余地がどうしても少なくならざるを
得ない点と、同時に初動は低くてもジワジワと評価された作品がチャートを駆け上がってくる
ケースがないという点です。特に後者は皆無と言っても差し支えない。

自分でもこう語っているように、桃月Pはそれが分かってたから、参考となる作品(CDTV風)が
あったとはいえ、CMやピックアップのコーナー、エンドロールでの各種フォローを
あのランキングに盛り込んで、単なる「データ集」ではなく「番組」としてのスタイル
強く意識したんだと思うし(これが桃月Pの一番評価するべき部分だと私は思ってるんですが)
他にもその事に気づいた方々がいて、違う切り口での紹介動画を作ったり、紹介サイト
立ち上げたのだろうと。

ともあれ、誰か一人の、何かひとつの視点では到底支えきれない程に成長してしまった
アイマスMADというジャンル。それを読み解くためには様々な視点が必要なはずです。
だからあのランキングを見ながら、別の視点のランキングが出来ないものかと常日頃から
考えてました。自分がやれるかどうかはひとまず置いといて。そこが汚ねぇな(苦笑)。

で、そこに今回現れたのが、割合という「相対値」による比較で順位をつけるこのランキング。
(絶対と相対という言葉の使い方がちょっと微妙なんですが、ご容赦ください)
この着眼点に対する賛辞は、既に様々な紹介サイトさんやプロデューサーさんが
語られていますから、ここでは割愛させていただくとして。

多くの人がそれだけ賛辞を送る最大の理由は、「数字による裏づけがある」という点ですよね。
それも同じ母体から違う切り口で集計した数字という点が今までにはなかった。

それぞれの方が「この作品は素晴らしい!」と思って紹介をしても、それは個人の感覚の枠を
出るものではありませんでした。その感覚がどれだけ優れていたとしても、です。
それが再生やマイリスト登録という、多くの人の主観が重なりあって出来た数字によって
傍証され、しかもその結果がご覧の通り「隠れた名作のオンパレード」となった。

「作品の評価のされ方は、絶対値の大きさだけじゃないんだよ」

誰もが漠然と思っていたことが、数字の読み解き方ひとつで改めて証明されたわけです。

無論、この方法がOnly Oneでベストである、という事ではないでしょう。
集計期間が投稿直後に限定されていますので、これも「初動重視」である事は変わりません。
再生数が多いという事実だって普通に評価されてしかるべき要素であるはずですが、
相対値による比較においては、再生数=母数が多いことによって、このランキング的な意味で
逆に不利益をこうむる可能性だって出てしまいます。
また、数字を並べれば公平に比較できる絶対値基準の方法と違い、公平性を維持するための
「基準値」作りがとても難しい。ニコチャートで捕捉できる作品、という基準が果たして
適正なのかどうか。他にも突き詰めて考えれば色々出てくるでしょう。

でもさ、それはどんな方法を選んだって出てくる話ですよ。
きっとそこら辺の事を徹底して追及するのであれば、もはや個人レベルじゃなく、何らかの
「オフィシャルな(またはそれに類する)集団」による活動でしか実現できないでしょうし、
それによって得られるメリットがある一方で、失われるメリットもたくさんあるでしょうから。

今はそれより、新しい「客観的な視点」が提示されたことを評価するべきだし、
何よりエンターテイメントとして、とても魅力的であった事が良かったと思うんです。
だからこその「桃月Pリスペクト」タグではないかと。

私の作品も145位にお邪魔しております。暖かいコメント、ありがとうございました。
そして1位があの素晴らしい作品。でもあれを見せられても、もう心は折れないぜ(笑)。
2万近い作品がある中での144という差は、なんら卑屈になる要素じゃないもんね。
・・・ちょっとだけ偉そうにしてみました。スミマセン。

ランキングの性質上、ある程度期間を置いて、半年とか1年というスパンで
是非また見てみたいですね。秋月率子P(この名前も秀逸だな)、お疲れ様でした。
そして出来れば、次は転用じゃなくて完全オリジナルな動画だともっと嬉しいかな(笑)。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

秋月率子Pのランキング、あれはあれでおもしろかったですけどねww

アイマスMADでもCDにしても再生数(売り上げ)の多さ=良作とは限りませんよね。再生数少なくても良い作品いくらでもありますしね。
それにアイマスMADの面白いところは「ネームバリューがあまり考慮されない」というところにあるのかな?と思ったりします。CDの場合はある程度有名なアーティストの作品は必ずと言っていいほど上位に来ますが、アイマスMADの場合は、けっこう名前の知られてるPさんの作品が埋もれたり、かと思ったら全然知らないPさんの作品がランキングにのったり・・・
もちろん超大物Pさんの場合はこの限りでは無いですがww

だからアイマスMADは辞められない!!ww
僕もブログで出来る限り良作を発掘していきたいですね。
でも作品紹介やってると見る専になってしまうから困りますww
というか今は完全に見る専・・・www

・・・頑張って作ります。。。
【2008/01/10 00:22】 URL | ミアキス #- [ 編集]


> ミアキスP
つくれつくれー(無責任に煽る)
昔書いたんですけど、もうアイマスMADってある意味「埋もれるのがデフォ」
くらいに考えていいと思うし、そもそも「埋もれる」という状態は
どんな作品に対して、何再生以下の場合に使うべきなのかっていう
定義付けをやり直さないとイカンのかなって気がするんですよね。
面白いことは間違いないんですが、なんか「埋もれたー!」って
必要以上に嘆くこともないのかなぁ、なんて。
その方が精神衛生上いいということもあるんですが(苦笑)。
【2008/01/10 02:56】 URL | 赤ペンP #Td/ILGRk [ 編集]


ニコニコも初期に比べると検索機能が充実してきたから
マイリストもあんまり活用しなくなった。11月以降に何もリストに入れてないw
さて最後にマイリストに入ったのは何でしょう?w

んで最近はホンに気に入ったヤツはDLしちゃう。
赤ペンPの例えにするとDL者はCDを万引きした感じになっちゃうなw
ランキングに貢献しない人で、ホンとさーせんw
【2008/01/10 02:58】 URL | た #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/01/10 10:02】 | # [ 編集]


桃月Pが優れたプレゼンターであったが故に、
「再生数+登録数」という結果が、
多くのニコマス製作者や視聴者にとって、
相当に大きな評価基準になってしまっている感はあるね。
赤ペンPのように、あくまで事実の一側面として統計を楽しめる人ばかりなら良いのだけど、
必要以上に絶対視したり、逆に統計の存在自体を否定することにつながったりというのは、あんまりイクナイね。
こういう異なる評価によって、そういうわだかまりが緩んでいけばいいねえ。
データに利用されず、データを利用しようってことで。

以下愚痴
私はまあ、せっかくMADつくるなら週マスでも入って目立ちたいZE!な人ですが、
当分その挑戦券(作品)さえ出せない状況w ああもどかしい…
L4U直前企画は、黙ってれば誰かやってくれたよな…
えが○らPさんとかを焚きつける方向でいけばヨカタかw
【2008/01/10 10:32】 URL | きつね #- [ 編集]


> た 氏
言いえて妙だが表現としていかがなものかと(苦笑)。

> 非公開コメ様
いや全く仰る通りでして。違う言葉の方が適切なんですけど、
イメージ重視であんな書き方になりました。一応文系なんで
変な使い方でスミマセン。

> きつねP
優秀すぎるのも考え物だよね(笑)。
何しろ自由意志の集まりだから、その辺を組織的にやるのも労力が必要だし、
データを上手く活用して、さらに見せることができる人もなかなかいないしねー。
(てってってーPやてんじゃPはその辺も出来るからすごいよね)
まぁ徐々にそういう方向に行ったらいいなと思う次第でして。

他の方を焚きつけて真綾祭りを開かせちゃいましたが、何か?(笑)
【2008/01/10 10:59】 URL | 赤ペンP #Td/ILGRk [ 編集]


まだ見てないやー
正確なデータをまだ取ってないのと他と比較してないけど
アイマス関連に限って言うとそこそこの再生数のMADでは
マイリスト数>コメント数になる傾向があるみたいですね。
前回の集計でコメ率が3%くらいだったと思うので
多く見積もってマイリスト率5%だとすると
再生数の1/20なんですよね。うまいことできているわ。

アイマスMADは見るほうに主体が置かれているから
コメ率が低めだと思うんだけど
このコメ率の低さが良作であっても
アップ後1,2日で伸びないと埋もれてしまう
要因なんだろうねぇ

数字は評価基準じゃなくて遊び道具です。
【2008/01/10 13:08】 URL | てってってー #G6KY6t/Q [ 編集]


> てっP
最高の一言ありがとう。そうそう、だからランキングも
エンタメであって欲しいんだよね。その言葉は自分からは出てこなかった。
なんかスッキリしたわー。
【2008/01/10 15:27】 URL | 赤ペンP #Td/ILGRk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/201-1a83f3db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック