赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロデューサー、という響き。
「プロデューサー」という言葉には、思い入れがあります。

その昔、私は「プロデューサー」とか「ディレクター」という肩書きを持つ人たちと
仕事をしていました。今から10年くらい前のことです。
・・・あ、先に断っておくけど、芸能関係じゃないからね(笑)。まぁ、芸能界以外にも
プロデューサーとかディレクターがいる仕事は多いですから。

両者の違いについてはご存知の方も多いと思いますので、純粋に私が見てきたことを書きます。
ある商品があるとしましょう。私がいた会社では、それぞれの商品に
プロデューサーとディレクターが付きました。

ディレクターは、その商品そのものを具体的に作る指揮を取る人。なので基本的には開発現場にいて、
商品の仕上がり具合や状況を見ています。
一方プロデューサーは、その商品をどのように売り出すかまでを含めて考える人。
だからもちろん商品開発には深く関わりますが、それ以外の仕事もかなり多い。
例えばこの商品をアピールするための宣伝プランはどうしたらいいのか。実際に流通させる際の
営業戦略はどうしたらいいか。その商品から派生するプロモーション展開だって考えたりしますし、
他の会社と協力しているならば、対外折衝だってこなします。

少々語弊がある書き方をすれば、ディレクターはその商品開発に特化した指揮官
そりゃあまぁ商品そのものが一番大事ですから、何かと注目を浴びる重要な存在ではあるんですが、
指揮官は他にも営業や宣伝などの部隊にも存在しますので、一応はその中の一人って位置づけ。
逆に言えば、別に営業や宣伝に関して責任を負う事はないわけで、他の指揮官もそれは同様。
そしてそれぞれの指揮官は、自分の部隊の成功を第一に考えるのが仕事ですから、
時にそれぞれの意見が食い違い、対立します。
いい会社はこの対立が理路整然と行われ、ダメな会社は感情的なケンカを繰り返す。
うーん、これ以上は愚痴になるな(笑)ともあれ、自分の仕事をキッチリしていれば、
それで胸を張れる人です。

一方プロデューサーは、それらの指揮官を束ねる総司令官。作戦全体を成功させるために、
すべての指揮官とそれぞれの部隊の状況を掌握して、自分の好みや意見とは無関係に、
全体の成功のためにある決断と選択を下し、その選択に対する責任を負う仕事です。
時には一部を犠牲にするような選択、辛い決断だってあるわけです。
常に全体を見渡さなければいけないし、それでいて個別の作業はそれぞれの指揮官に預けなければ
いけない。みんなが動いてくれて、結果が出せて、初めて胸が張れる人。

どちらが上か下かという話をしたいのではありません。だって立場と役割が違うんだもん。
ただし客観的な事実として、ディレクターのひとつ上のステージに、プロデューサーは
立っているんだと、そういう事です。

私の会社を例に取ると、ディレクターになる人は一部の例外を除いてほとんどが開発畑の出身でした。
一方プロデューサーはいろんな部署からやってきた人が多い。開発はもちろん、
営業や宣伝の部署出身の人も結構いましたね。
私はその会社の宣伝部門に勤めていたのですが、お世話になった先輩が、私が退社する前後に
プロデューサーになりましたし。

ディレクターの人と話をすると、自分と同じ匂いがします。私が知っている知識の、
更に深い場所にある話が出てきます。
プロデューサーの人と話をすると、自分と同じ匂いもするんだけど、自分が知らない匂い
するんです。深い知識もあるけれど、私の知らない幅の広い話が出てきます。

文字通り駆け出しだった私は、その頃はまだ両者の違いがよくわからずに、ただただ楽しく
話を聞いていたような気がします。10年経ってそれなりに経験を積んだ今、ちょっとだけ、
その違いがわかってきたような、そんな感じです。

これは赤ペンPが「こうありたい」と思うお話。
決してプロデューサーは「こうあるべき」というお話ではありません。
ただ、それが通例であるとは言え、何かの縁で私もプロデューサーを名乗ることになったんで、
ふと昔のことを思い出して書いてみました。そして何で昔を思い出したかと言うと、
ここ最近のうちの職場がさぁ・・・(結局愚痴)。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/18-c1c1a1e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック