赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

偉そうに自分史を振り返る<その2>
前回の続きです。

赤ペンPのこれまでを振り返った時、この2010年は
間違いなく大きな分岐点となった年でした。

・・・と書くと、あまりに当たり前に見えちゃうね(笑)。
なにしろこの年と言えば、皆さんご存知の出来事があったわけで。

ただ、もちろんそれも大きかったんだけれども
そこに至るまでに個人的にも色々な事があって、
ここを境にして前と後では随分と変わったなー、と。

という事で、2010年に関してはそのちょっと前、
2009年11月を含めて単体で振り返ってみたいと思います。


2009年11月~2010年
・2009年末から、初めて参加した合作である
 「あずさメドレー」の取りまとめ等に奔走
・その後はカクテルDSや「アイドルマスター1.5」の
 企画でも生放送等の担当として参加
・この時期に若干体調を崩す
・9月以降はアイマス2の例のドタバタがあり、
 色々とありつつもニコマスPとして活動を続ける
・代表作…「Are you gonna be…」



前回止めていた2009年末のお話から。
11月末に発表された「3A07」と、この頃から
話を進めていたあずさメドレーが、合わせ技で
私の2010年に大きく影響を及ぼしました。

この話はなにしろ長いので簡潔にまとめると、
「3A07」が発表された事で、当初は使う予定のなかった
「隣に…」をメドレーに入れることになり、
周囲がみんな凄い参加者たちの中で自分がその担当として
色々苦労しましたと、まぁそういう事です。

この曲を背負ってRidgerPの露払いとか
ホント勘弁してください。しかも「あの曲」の前で。

恐らく、一番自分を追い込んで根詰めて動画を作っていた時期。
リアルに胃薬飲んで作ってたもん、この頃(苦笑)。
内外を問わず様々な要因が重なって、身を削るようにして
動画を作っていたこの時の経験が、いろんな形で今の自分に
生きているんじゃないかなー、と思っていて。
いろんなことが重なりすぎて、逆に吹っ切れちゃった(苦笑)。

ちょっと重い話が先走りましたが、そもそも合作の企画に
参加すること自体この時が初めてでしたし、前述のように
あまりに切羽詰った挙句、After Effectを使うようになったのも
この事がキッカケ。この企画の仕事と作業に没頭していて、
年明けから3か月くらい一切動画を挙げなかった事も初めて。
動画を作る人として、それまで体験していなかった事を
いっぺんに体験した時期
でした。

またこのメドレーも含めて、前年からこの年の5月末まで
企画やイベントのお仕事に随分携わらせていただきました。
実のところこれ以降はカクテルのスタッフくらいしか
裏方稼業はやってなかったりするので、この時の印象が
今も残ってるんだろうなーと思います。

そんな中でどうにも体調がすぐれないな、
と感じて病院に検査に出かけたのがこの頃。
特に病気とかがあったわけじゃないんですが、
ああ、自分の体は若いころとは違うんだな、
みたいな事をすごく実感した時期でもありました。
これはニコマスとは直接関係ない話ですけど、
個人的には結構大きな出来事でしたね。

で、7月にアイマス2の発表があり、9月に例のドタバタがあり、
という流れになっていきます。この辺も詳細は割愛しますが。

今にしてひとつ思う事。
私はアイマス歴=ニコマス歴の人ですから、
3年を経たこの時期は、ある程度自分の中で
アイマスなりニコマスとの距離感が固まってきた、
ちょうどそんなタイミング
だったのでしょう。

そこに公式側の過去最大級の変化が訪れた。
それは言わば梃子のような役割を果たして、赤ペンPの
スタンスのようなものを完全に固める事になった。

だから「変化の中身」とは関係なく、多分この時期に
何かしらのターニングポイントを迎える事は、
初めから確定していたんでしょう
ね、きっと。
もちろん、そこでどんな方向に舵を切るのかは
その変化の中身が大きく影響するわけだけど。

ともあれ、上半期に動画を作る人としての転機があり、
下半期にアイマスと関わる人としての転機があった。
そしてそれを示すフラッグシップ的な動画を年末に
手がけたことで、この年は「後期赤ペンP」の
スタート
になったと、そういう結論付けになりますかね。

その動画は言うまでもなく、竜宮小町のトレイラーPV。
半期に一度の20選における私の最多得票動画。
ある時突然思いついて、その時点でほぼ完成品の
イメージができていたという、私の中では数少ない
「降りてきた動画」のひとつです。

っつーか、まぁ自分で言ったら元も子もないって話なんだけど、
この時に「こんな状況だから明るく楽しい動画にしちまえ」
開き直れたから、今の自分があるのだと思います。
そしてそうやって開き直れたのは、きっとこの上半期に
いろんな事を経験する事ができたから。
もし9月のドタバタだけがこの年の私のトピックスだったら、
きっとそうはならなかった。あの時点でやめてたかも。

ともあれ、時期的には無印素材を使った作品の集大成となる
この動画に、ニコマスの中で培い積み重ねてきた技術なり考え方や、
それとは関係なく元々自分の中にあったものを詰め込んで
キレイに融合させられたような気がします。

デビュー3周年を迎えた2010年は、こんな具合で
意義深い年だったのだろうと、今にして感じます。
デビューから3年をかけて固めてきた自分の足場が
より一層確固たるものとして確立したんでしょうね。

では、次回はその翌年から今現在までを。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/1500-5426fb58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック