赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

justification
私がニコマスを始めた理由については
今までにもよく話しているので割愛しますが、
要するに明確なキッカケがそこにはありました。

で、今の私はある意味で
「ニコマスから離れるキッカケ」
緩やかに待っている身です。

作るのは楽しいけれど、これをいつまでも
続けていく自信も無ければそのつもりもなく、
じゃあどのタイミングでやめるのか、その明確な基準も
特にないまま、楽しいからなんとなーく続いている。
身も蓋もない言い方をすれば、そんな感じ。


今の私みたいな人に「楽しいならやってたらええやん!」
とか「飽きたらスッパリやめたらええやん!」とか、
そんなような言葉はよく出てきたりするわけなんですが。

実のところそういう事をストイックに、
自分自身の意思だけで決められる人って、
そんなに多いわけじゃありません。
大げさな言い方をすれば、何かを始めるときはもちろん、
それをやめる時でさえ、人って「大義名分」
欲するものなのだと、私は考えてます。

で、その大義名分ってのはそれこそ人それぞれ。
いろんな場所にいろんな形で転がってる。

「始めるときの大義名分」はわかりやすいですよね。
あの曲がDLCに来たからPS3を買うことにした、
あのアイドルが招待カードになったのでモゲマスを始めた、
などなど枚挙に暇はないわけですが、じゃあ反対の
「やめるための大義名分」ってなんだろう。

アイマスの話で考えれば、例の9・18の騒動なんて
ネガティブな意味でのわかりやすい例でしょう。
ただ、仮にもっとポジティブな形であったとしても、
長年続いてきた無印の世界が2にシフトするという
事実そのもの、みんながひとつ年齢を重ね、
設定がパラレルとなったという事だけでも、
十分キッカケになり得たのだろうとも思います。

アイマス2がもし最初からPS3のみで発売されてたら、
それだってひとつのキッカケになってたと思うし、
仮に「アイマス3」があったとして、そこでキャラが
全員入れ替わってれば、そういう事もキッカケになる。
いや、そもそもPS4で出ただけでもそうなるだろうし、
この前もちょっと書いたように、この先アイマスが
もう据え置き機で展開しなくなったとしたら、
それも間違いなくキッカケになりますね。

ニコマスにだってそれはたくさん転がってる。
自分の目標や目的を達成するような動画を作れた事、
自信を持って作った作品が評価されなかった事、
著作権関連にまつわる法律のアレコレの話、
ニコ動自体の大きな方針転換、さらに突っ込めば
人付き合いでバタバタしたイヤな体験、
他にも挙げればキリがないでしょう。

そして、そもそもリアル生活のあらゆる変化は
理由になるものと言ってもいい。
進学、就職、結婚、転職、転居、などなどなど。

言ってしまえばニコマスなんてたかが趣味なのだから、
理由なく始めてもやめても構わないものだし、それ自体が
その後の人生に大きな影響を及ぼすってわけでもないでしょう。
でも、心のどこかでエクスキューズしたいんですね、きっと。

「大義名分」という言葉を「引き金」と言い換えるならば、
多くの場合、弾丸がブッ飛んでいくだけの量の火薬は
既に仕込まれてる状態だったりするわけですよ。
引き金を引くことで生じる衝撃自体は、大きくなくても構わない。
だから些細な事でも引き金足りえるんでしょう。

だからと言って、

「いやーもっとやってたら頂点取れたわー
 でもこういう理由があったからやめることにしたわー
 潔いわー俺って男らしいわー」


ここまで言ってしまうといかがなものかとは思うけど(笑)。
まぁいずれにしても人間なんて自分が思っているよりも
はるかに弱っちかったりするわけでね。
始める時もやめる時も、その決断をした自分は正しかったのだと
胸を張りたい
のは、どんな時でも一緒なのでしょう。

なんか随分最初の動画紹介から離れてきた気もしますが
それはいつものことなので気にしない。
って事で、もう1回エントリを続けてそっちの方で
また元の動画に戻ることにしましょうか。

スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/1482-6ab23539
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック