赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

年明けにこの話題で盛り上がったなぁ
今更ながら「愛ちゃんもG4Uに登場!」の話題を
確認している赤ペンです(苦笑)。

とりあえずG4Uに関しては先に
「あれーアニマスBD/DVDは9巻までだよねー足りないねー」
というツッコミをするべきか否か微妙なので
それは置いとくとして、だ(置いといていいのか?)。

S4Uに愛ちゃん参戦の一報を聞いた時はこれと言って
疑問を持たなかったんだけど、その後実物を見て
エクステンド衣装も着ることができると知った時、
真っ先に思い浮かんだ疑問があります。

「涼ちん、どうするつもりなんだろう?」

以下、少々下世話な話題が含まれますのでご注意を。


いきなりストレートに書いちゃえば、
「水着、どうするのよ?」というのがわかりやすいか。
下半身をパレオで厳重にガードする、あるいは
そもそも水着を衣装として選択できない、という事で
手を打つとは思われるんですが、それにしたって、
というお話ですよね、これ。

ご存知の通り、涼ちんは立派な男の子です。
それは生物学的な意味だけではなくて、例えば
女装癖があるだとか、女の子として育てられたとか、
そういった事も特にない、たまたま女性アイドルとして
世に出る事になった普通の男の子、という意味において。

そういうお話そのものは昔から色々とあったし
(ダスティン・ホフマンの「トッツィー」とか私も大好きです)
そのシチュエーション自体はコメディチックではあるけれど、
だからこそ語りうるお話もある部分もあるわけです。

涼ちんのお話も、確かに突っ込みどころ満載ではあったけれど
強烈な拒否反応というのは(私の知る限り)あまりなかったわけで。
現実性があるかどうかと聞かれたらケースバイケースだけど、
元よりここはゲームの中のお話なんだし。

ただ、いささか言葉は悪いけれど、これがDSという
「グラフィック的な描写能力が劣るハード」で、
お話主導で描かれたという点も大きかったと思います。
1枚絵や声はそれなりにごまかしが利くけれど、
細かい部分を突き詰めていけば、なんだかんだで
見た目における男女の違いはハッキリ出ちゃう。

だから涼ちんを箱○・PS3のあのモデルで見る、
という事になると、いささか話はややこしくなる。
あのレベルのグラフィックを「作ることが出来る」
という事は、「作らなければいけない」
という事の裏返し
でもあるわけです。

成人、つまり「生物としての完成形」の時期には
至っていないと言っても、あのお年頃は普通に男女の
体つきがハッキリ別れているわけで、当然それは
精緻な映像になればなるほど細かく描写されるのが
自然な流れですよね。

そして、アイマス2にはジュピターという
これまたれっきとした「男の子」、いや「男性」と言っても
差し支えないけど、そういう存在が既にいる。
曖昧な表現という逃げ道がないんですよね。

ふくらみP


事実、ここまで開発陣はやっちゃってるわけで。

さて、涼ちんがPS3に登場するとして、
果たしてどうするんでしょうかね。

まぁ真剣に思い悩む深刻な問題でもないんでしょうが、
それにしたって難しい。彼が男の子だとみんな知っている。
そこに他の女性アイドルたちと同じような体型の、
丸みを帯びたモデルが登場したら、それはそれで違和感を感じる人も
いるでしょうし、じゃあジュピターと同じように男性の体型で
モデリングされて、なおかつエクステンドの、つまりは
女性が着る前提の衣装を着せられたら、それはそれで、ねぇ。

水着を選択したらブーメランだった?いや、それはネタとしては
確かに面白いが、先にジュピターでやれよ、と(笑)。
明らかに違う物理演算によってパッドの揺れが再現されている、
とかいう狂気じみた無駄な努力は見てみたい気もするけど(笑)。

実は今年の年明け、複数のニコマス関係者の方と
この話題で盛り上がっちゃいまして。
雑談だったので話は色んな方向に飛んでいったんだけど、
そのひとつとして

「上半身は女性で下半身は男性のモデルってのはどうよ?」
→そうなると実はモデリング難しくなるんじゃね?
 多分完全にオリジナルな骨組を1人のために作ることになるかも
→そうなると開発に時間がかかるから、次をエリーにしても
 その次のタイミングにも間に合わないかもしれない
→じゃあエリーの次は涼ちんではなく夢子になるんじゃないか
→いやそれならサイネリアだってありだろうよ
→いやいやそれなら舞さんを是非


なんて話になって。バカな会話だなー(笑)。
えっと、何の根拠も専門知識もないただの与太話なので
あまり突っ込まないでくださいね・・・。

で。
結果として、今回のDLCはミクさん再登場でした。
そんでもって、G4Uに愛ちゃん登場の一報。

なんとなくありそうだなと思うのは、
「876組は愛ちゃんだけ登場」
というシナリオかな、って。

まぁさすがに飛躍しすぎの感もありますし、
取り越し苦労だったらそれはそれでいいんだけどさ。
これについては、話を転がす事も出来なくはありませんが
ここではこれ以上言及する事は避けたいと思います。
DSを十分プレイしているわけじゃないから、思い入れる事も
詳しく語る事もできない立場に、赤ペンはいると思うので。

でも、まぁ、なんとなく、ニュアンスは伝わるよね?
思い入れる事も詳しく語る事もできないからこそ、
余計に赤ペンは、3人が揃っているところを見てみたい。
そんな風にふと思いましたとさ。

4本目のG4Uは無事手元に届いたので、
次の動画が終わったらプレイする予定です。
それから今回のDLCは、ミクの衣装にあまりティンと来なかったので
使うお金がちょっと減りそうなのはありがたい(笑)。

とまぁ、そんな具合の雑談でした。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

何と言うか、ここまで涼に対して語ってくれてありがとうございます。
・・・とだけは伝えたくてコメントしようとしたはいいものの、コメントの内容が全く思い浮かばないまま2日間立ってしまったので見切り発車で(笑)。

何と言うか、この記事の内容に関しては一瞬考えたのですが、書けませんでした。
・・・おそらく、「876組は愛ちゃんだけ登場というシナリオ」という連想に至ってしまった瞬間、即座にそれ以上の思考を停止してしまったのだと思います。
(しかも、愛はおそらくDSの登場アイドルで唯一プロデューサーがいてもなんとか成立する立ち位置のアイドルだから、余計にタチが悪い)
だから、これが書けるのは強いなーと思ったり。

・・・DSの場合は愛1人出られただけでも御の字の立ち位置だし、他2人は平然と愛の快挙を称えそうなタイプなので、あくまでも愛だけになったとしても喜ぶべきなんでしょうけどね。

あと「『女性アイドル秋月涼』のグラビア撮影そのものは需要あるのか」というツッコミに関しては一切放置してるのに笑いました。
まあ実際、やよいのM字開脚も涼のM字開脚も、どちらにしろ問題あるのには変わりないから今更なんですが。
【2012/02/04 00:54】 URL | ペンタ #scDjLdmk [ 編集]


> ペンタP
あんまり深い話が出来なくて申し訳ない(笑)がんばってDSやります・・・。

まぁ返信で語りまくるのもアレなんですけど。
そしてこれはペンタPを責めたり批判するつもりではない、
という前提で聞いて欲しいんですけど。

> DSの場合は愛1人出られただけでも御の字の立ち位置だし
(中略)
> 愛だけになったとしても喜ぶべきなんでしょうけどね。

正直、この発想だけは絶対にしたくないんです。
発想そのものがいい悪いじゃなくて、
そう思うこと、そういう受け入れられ方をする事を
前提として、最終的にそう落ち着くだろうと見込んで、
発信をする側が何かをしているんじゃないか、と
ちょっとでも想像しちゃうと、色々と、ね。
まぁ被害妄想が過ぎるのかもしれませんけど・・・。

だから3人が揃っているところを見たいんだよね、と。

> 「『女性アイドル秋月涼』のグラビア撮影そのものは需要あるのか」
> というツッコミに関しては一切放置してるのに笑いました。

無駄に需要がありそうな気がしてならんのですよ・・・(苦笑)。
【2012/02/05 01:36】 URL | 赤ペン #Td/ILGRk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/1274-acdb56f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック