赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

また居酒屋の暖簾をくぐるつもりが<VRFのあれこれ・その4>
今回は私がこのイベントに参加する
経緯みたいなお話を。

ご存知の通り、VRFはカクテルの自薦シークレットで
参加してますから、運営スタッフとして6月の段階で
開催については知っていたわけなんですが、
個人的にはもうちょい早い段階で、VRFを今年も
やるらしいという話を小耳に挟んでいました。

でも、昨年のVRFの前後で
「まぁ赤ペンはフェス向きじゃないしねぇ」
なんて言ってた私にしてみれば、割と他人事で。

それが「どうも赤ペンを呼びたがってるらしい」という
話が聞こえてきたのが、夏に入ってからだったかな。
後はタイミングを見て正式にオファーが来るだけ、という
そんな時期に、主催であるめいろっくPと直接お会いする
機会が先に訪れた
んです。それが8月半ばの事。


はじめましてのご挨拶もそこそこに、他人の目と耳を気にしつつ
こっそりとVRFの話が始まりまして。
そこで赤ペン、めいろっくPにこんなお願いをしました。

「参加は前向きに考えているんですが、お願いがあります。
 恐縮ですが、私を直接、ちゃんと口説いていただけませんか?」


別に大物ぶりたかったわけじゃありません。

この時点で既に私には、カクテルパーティ6の
運営という大きなタスク
がありました。
それが終わるのが9月下旬。この規模のイベントが終わっても
元気いっぱい、なんて事はまずあり得ませんから、
体勢を立て直す期間を考えれば、VRFに向けての
製作をはじめられるのは、10月くらいから
でしょう。

他の方に対するオファーの時期については
詳細は存じ上げませんが、少なくとも私は
イベント準備のスタート地点が遅くなる事が
確定していたわけです。

そしてここからは私の勝手な都合になりますが、
過去作を使ってもいいというVRFのレギュレーションは、
私にはあまり有効に働かない、と思っていて。
基本的に1作完結で、時間を掛けて語るタイプの
私の動画は、こういう場所で連続して流すのには
絶対に向いていません。統一感が演出できない。

そうなると、いいステージを提供するためには
どうしても新作を投入しなければならないだろう。
そして手が遅く1作に掛ける時間が長い私にとって、
30分のステージを演出するための準備期間として
2ヶ月半という時間は、明らかに短い。


果たしてこの状態で、視聴者の方を満足させられる
ステージが出来るかどうか、確信はありませんでした。
その上で、作り手としての私を本当に呼びたいと
思ってくれているのかどうか
、そこが知りたいと思って。

イベントの運営スタッフには、個人的に付き合いの
長い知り合いも結構います。もちろん彼らは
知り合いだからというような簡単な理由だけで
私に声を掛ける人でない事は重々承知していますが、
単なる動画製作者としてではない、私の人となりを
相応に知っている人である
事も、また事実。

だから、ここまでそれほどお付き合いのなかった
主催のめいろっくPに、誘って欲しかったんです。
ただのプロデューサーとしての私を。
何故赤ペンをこのイベントに呼びたいと思ったのか。
私の何を評価し、何を見たいと思ったのか。
どのくらいの熱意を持って、誘ってくれるのか。

だってVRFって、そういうもんが必要なイベントじゃない?

で、後日改めてお誘い頂いて。
実は昨年も呼びたかった、みたいな裏話まで含めて
自分で納得のいくお声掛けを頂けましたので、
私の下半期の残りの時間を、VRFにお預けする事にしました。

これが、参加までの経緯という事になりますね。

去年のあの盛り上がりを目の当たりにすれば、
やっぱり自分も参加したいと思ったし、それを抜きにしても
「30分のステージを演出する」というシチュエーション
作り手として興味がありましたしね。

それにアレだ、ちょうどVRF開催の裏で、



昨年のバッケンレコードを叩き出した動画を
上げるという因縁もあったし(笑)。

肝心のステージ内容ですが・・・とりあえず今の段階で
言えるのは、皆さんが赤ペンに期待するものを程よく
裏切りつつも、その期待に応えたいなー
と、そんなところです。
もうセットリストは決まっていて、今は制作真っ最中。
先行公開の動画は無事上げられたけどねぇ・・・。

あ、先に書いとくけど、30分間さだm@sterとか
あずささん on Stageとか、そういうわかりやすいものは
用意してませんので悪しからず(笑)。


さて。
プレイヤーとしてイベントに参加する事が稀な
私ではありますが、今回は相応にいろんな事を考えて
出させて頂こうと思ってまして。
その辺の話を最後に、長々と書こうと思います。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/1229-e3488367
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック