赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

「上から目線!(ビシッ)」
先日の東京競馬場ツアーは、元々私の誕生日が
近い事から発足した、仲間内のイベントでした。

このメンバーが知り合うキッカケは・・・まぁ、ねぇ(笑)。
赤ペンがこういう事をしているのはみんな知ってるような、
要するにそういう趣味の集まりからスタートしてると
とりあえずはご理解下さい。

で、実はもう1人誕生日が近いおねーちゃんが
仲間内におりまして。はーいそこ、変な妄想はしない。
さんじゅうちょめちょめさいの赤ペンの1つ年上だよ!(笑)

で、競馬場帰りの飲み屋での事。


そのおねーちゃんと、この集まりの発起人である
友人(こちらは男性)がなにやら盛り上がってる。
その酒の肴が、実は「まどかマギカ」でした。

構図としては、

・なにやらまどマギなるアニメが流行っていたらしいが
 見ていないので知りたい、という友人
・じゃあ見るべき絶対見ろ、とガンガン押しまくる
 熱心な視聴者だったおねーちゃん
・なるほど見るけど事前知識は欲しいんだが、
 と聞き込みを開始する友人


ってな具合。

そこに居合わせた赤ペンも、なんとなーくその会話に
紛れ込んだわけなんですが・・・このブログでも書きましたが、
赤ペンは最初に見たのが第3話でした。例のマミった回ですね(笑)。

で、それを見た瞬間に
「あー、これはもう作り手やりたい放題だなー」
という妙な満足感、というか満腹感を感じちゃって
それ以降は断片的に映像を見る機会こそありましたが、
ちゃんと最初から最後まで追っかけてはいないんです。
遡ることも見続けることもせず、結局最終回も見てなくて。

で、そこでもそんな話をしたわけですね。
自分ではわかりませんが、ごくごく普通の口調
淡々と話していたつもりなんですが。

で、終わった途端にそのおねーちゃんが言ったのが、
このエントリのタイトルにした一言でした。
まぁ、怒られたとかそういう感じじゃないんだけど。

どーしてそう一歩引いて見るかなー。
内側入っちゃった方が絶対面白いのにー。
それって割と損してると思うよー。


まぁ勝手知ったる間柄ですし、それ以上の論議を
戦わせる展開にはなりませんでしたが、その後でふと
その事を思い出して、「なるほどなぁ」
色々考えてみたりしているわけです。

物事に対して主観的にのめり込んで行くタイプと、
客観的に全体を見ようとするタイプ。
いささか乱暴ですが、二元論としては
決して悪い区分ではありませんよね。

ちなみに赤ペンは、もう迷うことなく後者です。
とは言え、いつでもどこでも客観的なわけではない。
例えば、たかがゲームの画面の中にいる女の子に
必要以上に肩入れした結果、現在進行形で
大変な事になっているわけですしね(苦笑)。

ともあれ、今回の件に関して言えば私は明らかに
話題の中心点から離れた場所にいます。
だからと言って、「離れている」自覚はあっても
「上にいる」自覚は一切無いんだけど、
それでも傍から見ると、というか、
反対側からはそんな感じがするのかなぁ。

で、その内容の如何を問わず、「上から目線」
「ドヤ顔」で物を言われると、人って本能的に
カチーンと来たりするじゃないですか。
そうなるともう開戦のゴングみたいな事になる(笑)。
「お高いとこから見てんじゃねーよ」
「もっと広い視野を持った方がいい」の一騎打ち。

そして自覚がないままそんな状態になると、
大抵は落としどころなんて用意してないわけで、
結局gdgdになるというパターンですな。

今回はそれがお互いわかった瞬間に
ブレーキ踏んで終わったわけだけど、結局これって
付き合いが長いからできる芸当だったりするんですよね。
直接顔を合わせてた事も大きいし。

今回のエントリに関しては、特にまとめや結論はなくて、
要するに最近そうやって「ビシッ!」と何かを
言われる機会が少なかった
から、せっかくなので
書いておこうと、まぁそれだけなんですけどね。

んー、もしかしたら赤ペンはドヤ顔くさい語りや
表情なのかも知れん
なぁ。注意せんとアカンのかも。
難しいもんです、ええ。
それに逆の立場になった時、私は「ビシッ!」ではなくて
「グサッ!」となるケースが多いらしくて、そこも
気をつけたい部分かもしれない(笑)。そんな具合でひとつ。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/1171-b27b5af6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック