赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FACES-3
かお。カオ。顔。

なんなんだろうね。時折考えます。それは赤ペンPとしてではなく、プライベートな話として。
またまた自分語りでゴメン(笑)。

プライベートの私は、電話による応対のお仕事なんてものに携わってたりするわけです。
え、ある日どこかに電話をしたら、話している相手が赤ペンPだった、なんて事があるのかって?
ある日突然赤ペンPが電話をしてきて「○○様はご在宅でしょうか?」なんて丁寧に話しかけてくるのかって?
さぁ~どうでしょうね~?(笑)

でも昔は確実に、そういう事をしてました。


誰かが電話をしてくる。話を聴いて、あーだこーだとこちらから指示を出したり質問したり。
あるいはこちらから電話をかけて、用件を伝えて上手いこと会話を進めたりして。
中にはクレームまがいの怒鳴り声だってあったりします。そんな時、決まって受けるアドバイスは、

「電話じゃ命までは取られないんだから」

うん、その通り。せいぜい超高周波攻撃によって耳をやられる程度だ(笑、経験あり)。
でもその割り切りができるかどうかは個人差があるし時間もかかることが多いし、
そもそもその壁を乗り越えられずに精神的にまいっちゃう人も多いんですよ。

その壁を乗り越えると、次にあるのは「もどかしさ」との戦い。
今あなたのところに私が行って直接説明できたらどれだけ早くコトが済むことか!
身振り手振りで話をすれば、何の誤解もなくお伝えすることが出来るのに!

でも、受話器を通した声だけで、全てを伝えきるのはなかなか難しい。
で、イラついてつい本音が出ちゃったりして、それが元でトラブルになって、
これまた精神的にまいっちゃう人も、結構多かったりする。

そしてそれを乗り越えた頃には、自分ではなく他の誰かが、自分が乗り越えてきたのと
同じ壁を乗り越えて行けるようサポートする役割に回るわけです。
歴史は繰り返す。因果応報。どっちも違うな。

顔が見えているからできること。顔が見えないからできること。
顔が見えているが故に困ること。顔が見えないが故に困ること。

今の職場は、まさにこの板ばさみ状態です。あんまり詳しいことは言えないけど。
どれだけサボリーマンを名乗って飄々と日々を生きてみても、やっぱり私の人間としての基盤は
競馬にもアイマスMADにも、その他のあらゆる趣味の上にもないんだよね。

それに競馬だって、「お前は頑張ればやれる!やれるんだ!!」って思って予想しても
馬はこっちの思い通りに走ってくれるわけではない(苦笑)。それでこそ競馬。
アイマスMADにしても「これはウケる!」「きっとみんな評価してくれる!!」って思って
作品をUPしたら、いい評価にしても悪い評価にしても、なんだか考えてたのとは
違う方向にいっちゃったりしてね。

だから、「そんなもんなんだよね」って思ってしまうのが、一番カンタンなやり方。
そのオトナな割り切りの仕方に、少年の日の私はきっと泣いていることでしょう(笑)。
でもカンタンに選べる方法だからこそ、本当に選ぶべきかどうかは最後まで考えるべきだし
ついつい躊躇っちゃうんだけど。

今日は珍しく、ほとんどサラリーマンな一日でした。
夕方にかけてちょこちょことブログへ書き込みしてみたりしたんですが、さすがに今日は
色々重なってプッツリいっちゃって、帰ってきてから鬼の形相でエントリを書いてます。

おかげ様でこのブログも、日々3桁にも及ぶお客様にご来訪頂いてます。
さっき書いた理屈で言えば、動画の1000再生以上にこの数字は重いものだと思うんです。
だって動画よりも言葉の方が、直接的に何かを伝えられるし、読んでいる側も理解できるし。

そういう場所だと知っていながら、なんだか気分の赴くままに好き勝手書いてスミマセン。
まぁそう言いながらも、きっとまたどこかでヤッちまうとは思いますが(苦笑)
そこは個人のブログって事で、「そんなもんなんだよね」とあきらうわなにあwぺらtごいhなrふじこ

という事で、ようやく気分が前を向いてくれそうです。大事な大事な動画を作るための時間を
派手に潰してしまった(笑)。また出張もあるし、そいつを乗り越えて気合を入れないと。
やっぱブログじゃないところでも定評、欲しいしね(笑)。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/115-1f53715f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。