赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FACES-2
それにしてもアレですね、長文が好きな私ではありますが、それって結局
自信のなさの裏返しでもあるんですよね。
伝えたいことは、その意図まで含めてキチンと説明しなければ気がすまないし、
またそこまでやった上で本題に入らないと、他人に届ける自信がない。

仲のいい知人との会話って、短い単語のやり取りでも成立するじゃないですか。
やっぱりそういう方が私も好きだし疲れないですむんだけど、さすがにブログでは
知らない方もご覧になっているわけで、なかなかそうも行きません。

と、さりげなく長文の言い訳を書いたところで続きを。


顔の見える視聴者。コメントの向こう、画面の向こうにどんな人がいて、
どんな意図を持ってキーボードを打っている人がいるのか。
そういう人が増える機会が、あったわけです。

増えると言ったって、前回書いたような「古くからの付き合い」が増殖するわけでもないし、
限られた時間の中でどこまで相互理解が出来るのかってのは甚だ疑問だし、
そもそも理解できない可能性もあるし、あるいはどこかで壮絶なケンカになる可能性だって
あるわけで(笑)、その辺は極めて限定された状況ってことは間違いないんだけどね。

私にとっては、そういう人が増えるという事実が、まずはいちばん大事。
誰が何人いるなんていうのは、実のところ瑣末な問題だったりする。
その辺にこだわるんなら、もうちょっと別の方法がありますしね。

同じ視点、違う視点。
同じ好み、違う好み。
同じ発想、違う発想。
同じ技術、違う技術。
同じ性格、違う性格。
同じ言葉、違う言葉。

こんな具合にパラメータを設定して、それぞれをYESorNOの二択で単純化したとしても、
最終的な能力値のグラフは見事なまでにバラバラな個性の集合体。その意味では、
その辺の通りすがりの人をてきとーに引っ張ってきて作ったグループと、大差はあまりない。

でも、無作為な集団と確実に違うことが一つあって。

テーブルの上に置かれたPC。画面に流れているのは、特別でも最新でもなんでもない、
そこにいる誰もが知っていて、見たことのある映像。
そこに向けられ突き刺さる視線の、見事なまでのベクトルの揃いっぷり。その鋭さ。
何気なく目に飛び込んだその光景が、きっと今回、いちばん見たかった光景。
たぶんそうだろうな、って勝手に想像していて、
そうであって欲しいな、って勝手に望んでいた光景。


去年ロンシャン競馬場に足を踏み入れた時と、同じ感覚です。
ああ、俺は馬を見ようとか馬券を買おうとか、そういうことのためにここにいるんじゃないんだな。
自分がどれだけ競馬が好きなのかを確認するために、きっとここまで来たんだ。

あるいは昔、サークルのイベントで、仕事のブース内で、司会を任されてた頃。
自分の一挙手一投足をみんなが注目して、その発言にうなずいてくれたり、
笑ってくれたり、指示に従ってくれたり。その為に色々考えたり、リハーサルを重ねたり、
厳しいことも言われたし、色々悩んで考えて、
でもやっぱり、あの場所に立つことは、好きであり続けられました。

そういう意味では自分の中で、アイマスMADってのはそのくらいの位置までやってきたのかな。
ゲームも動画編集も知らない「余所者」として隅っこにお邪魔させていただいて、半年。

この先、もう直接会うことがない人もいたかもしれない。
アイマスMADを離れたら一切付き合いがなくなる人もいたかもしれない。
それこそサシで酒でも飲んでたら今すぐブン殴ってやりたくなる人もいるかもしれないし(笑)、
もちろん逆に自分がいきなりブン殴られる事だってあると思う。
たかだか1回会っただけで、お互いの全てがわかるなんてあり得ないし、
この先いいことばかりってわけでもないんだろうし、
私がこう思っているって事は、当然他の人だって私を見て色々思うところがあっただろうし、
その辺は赤ペンPの中の人として、偽らざる本音として、よーく理解できているつもりです。

でも赤ペンP的には、やはり偽らざる本音として、みんなにこう言っておきたいんだよね。


ホント楽しかった。ありがとう。これからもよろしく。


言葉はこれで打ち止め。あとは自分が作るものにその気持ちを注ぎ込むことくらいしか、
やれることなんてないわけです。それを見る視聴者の中に見え隠れする、
数が増えた顔をどこかで意識しながら。
なんだか無駄に自分で高いハードルを設定しているような気もするけど、まぁ望むところだ。
そこを目指すことすらできないくらいなら、やる意味はない。

そんな週末を過ごしてました。何気に馬券も当たったし(笑)、
睡眠時間が少なくて軋む体の代償としては、十分過ぎるかな。
この記事に対するコメント

重い想い言葉・・・
自分がそうやって思いながらやってるのだろうか?

でも、まぁ、私は作品を作るたび(とはいっても2作だけですけど)に色々と駄目出しとか色々やっても。
「あ~アイマスがすきなんだなぁ~」って何時も想ってると思いますw
【2007/11/26 22:56】 URL | 影鞍十三 #- [ 編集]


うわぁ!
赤ペンPさん!3行で要約してくだされぇぇ!!!
話が難しすぎて俺の脳みそでは?が・・・。
ロンシャンのその感覚はわかる気がしますが・・・。


【2007/11/26 23:11】 URL | ディープ #m.2.LkcQ [ 編集]


なんか雲を掴むような話だ…w
予想GUYの展開で、コメが思いつかないヨ…
まあ、自分が如何に視聴者への意識が足りないか
思い知らされたような気はしますw
【2007/11/26 23:33】 URL | きつね #- [ 編集]


レス巡りその2。

> 影鞍P
いや私も常日頃からそこまで根詰めて思っているわけではなくて(笑)。
「アイマスが好きだ!」って思えていれば十分っすよ。

> ディープP
・いろんな人と話せて面白かったです
・ムーンの引退はちょっと残念です
・独りよがりな文章でゴメンナサイ
ということです(笑)。

> きつねP
本当にゴメン(笑)。こっちも他にレスが思いつかないっすわ。
【2007/11/26 23:50】 URL | 赤ペンP #Td/ILGRk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/114-c80c7046
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック