赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最後のシーンを見て思った事。
まぁ、クライマックスシリーズのあり方とか
魅入られたかのように敗れ去ったホークスの事とか
色々書き出したら話は尽きないんだけれど。

思えば、今から1年少々の時間を遡って。

シーズン開幕前から続くフロントのゴタゴタと
成績が低迷するチームに愛想をつかした一部のファンが、
明らかに応援とは趣旨を異にするアピールを、
ライトスタンドで始めていた。

それを咎める別のファンとの間で揉め事も起き、
文字通りグダグダだったその様子を、よりにもよって
勝ちゲームのヒーローインタビューの場で指摘した選手がいた。

自分たちを応援してくれるファンに対して
そんな場所でわざわざ糾弾するような言動など
進んでしたいと思う人間はいないだろう。
事実、翌日からその選手に対する様々な揶揄も
ファンの間から起きた。耐えた。耐えるしかなかった。
結果を残せなかったプロスポーツ選手に、
他の選択肢なんてあるわけが無いのだから。

そして今日。
その選手の元に、ウィニングボールが飛んできた。
ジャンプしてボールを掴むと、そのままグラウンドに
祈るように突っ伏して、しばらく動かなかった。
シーズン優勝は出来なかったけれど、日本シリーズへの切符を
文字通り掴み取った瞬間だった。

あの時、西岡の胸の内には、どんな想いが渦巻いていたんだろう。

スポーツに限った話じゃない、様々なものが
あのシーンには詰まっていたように思う。
作業の手をしばし止めて、見ていた甲斐があった。
そう思えるシーンだった。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://akapenp.blog107.fc2.com/tb.php/1057-5de93b32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック