赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
04 | 2014/05 | 06
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局書くことにはしたけれど
OFAの感想の事ね。

でも現在まさに進行形でやっていてクリアもしていないので
とりあえずゲーム自体の雑感を箇条書きしておきます。
ゲーム周辺の話も織り込んだ感想はまた後日。

・相変わらずのUI周りのモッサリ感とか気になるところもあるけど、
 今のところ積極的にdisる必要のないゲームかな
・アイドルマスターPDCA
・攻略のための最短路線を考えた途端この手のゲームが作業ゲーになるのは
 世の常なので、そこは遊ぶ側が工夫するところじゃないかな
・いおりんのバーストカウンターマジ「スガモのお守り」!!
・というか小町組の各種スキルはみんな優遇小町くさい
・DLCでマニーをドーピングすると別ゲーになると思ったり思わなかったり
・アイドルの誕生日ごとの白板コンプリートはいつの日になるだろう
・私服で胸元が気になるあずささんは史上初
・コミュ映像、背景のみの画が多い上に日光のエフェクトも少なくて
 Nukim@s-2大活躍の予感
・でも量が多くてコミュ撮影マニアが各地で悶絶してると思います
・ランクアップ直後のコミュを見返せるようにしたのは正しい、
 というかゲームの仕様上そうしておかないと追えないよね・・・

・「隣に・・・」と「フタリの記憶」でフェスをやった時、
 ポジティブでもネガティブでもない、ただの感慨でいっぱいでした


とりあえず思いつくままに。今後違う感想になるかもしれないけどね。
じゃあまたOFAやってきます。まだ2年目も終わってない・・・。
スポンサーサイト

およそ全ての可能性が実現した結果
1着 ヌーヴォレコルト
2着 ハープスター
3着 バウンスシャッセ
4着 ニシノアカツキ
5着 ブランネージュ


ペース、位置取り、大外ぶん回し、周囲の馬の動き、微妙に合わない距離適性、
そういった全ての要素がキレイに嵌った結果の差し遅れ、ってとこですね。
馬券的には3着抜けで終わってるんですが、上位人気の決着なので
まぁ仕方ないと割り切りましょう。

さぁ来週はダービー!今年も現地観戦の予定です!!

では競馬部の皆様へのレスを。
[READ MORE...]
じゃあド本命がいればいいのかと言われたら
今度は相手探しで悩むわけで。そんなオークス。
最初に書いておきますが、ハープスターの取捨に関しては
検討を諦めました(笑)。
結果としてこの馬が勝たなかった、
という事は当然あると思いますが、予想の時点でそれを
見積もるのは厳しかったです。最初から怪我やアクシデントを
予想のファクターにするわけにもいかないでしょ?

という事で、こんな相手を選びましたという予想を格納。

[READ MORE...]
もうひとつリーチがかかった事に気付いた
思いつきで亜美真美の誕生祭動画を上げました。
律ちゃんの誕生祭動画もひと段落したので、
しばらくはOFAジャンキーです(笑)。

さて、亜美真美の動画を上げた事でもうひとつ、今年中に
達成できそうなネタが増えまして。備忘録をかねてその話を。

[READ MORE...]
当初のスケジュールにはなかったんだけど
いやさーだってさー、名前は伏せるけど某Pが
ケンカふっかけてきたからさー、こちらとしても
相応の返礼をしないといけないじゃなーい?(笑)



発作的にそんな事を思いついて、急遽亜美真美誕生祭に参戦。
短時間で手なりに作っちゃったから、そんなに凝った事は
できていません。まぁそこはご愛嬌ってことで。

実はこの曲と亜美真美の組み合わせに関しては、
プロトタイプ的なアイディアが既にあったんです。
元々はここに雪歩を入れたトリオにして、
2010年の雪歩の誕生祭動画
を作ろうと考えていました。

それを思いついたのがその年の8月くらい。
ご存じの通りこの年はそこから色々あったわけでして、
その影響で最終的にはこちらではなく小町のトレイラーPVを
作る事になったわけなんだけど。

その後、このアイディアはお蔵入りする事になります。
理由は単純で、「時事ネタ」を扱った内容だったから。
思いついた時期とか「雪歩+亜美真美」という編成で、
当時を知る方ならその内容はなんとなく分かるかもしれません。

元々、この曲自体にも思い入れがあって。
実は赤ペン、何気に坂本真綾の曲を結構使ってるんですよね。
非・菅野よう子楽曲にもお気に入りが結構ありまして。

桃月P


しかもこの人がこの曲で作ってたりするわけです。
最初のカクテルのシークレットゲストでしたね。
この年の雪歩の誕生祭に、同じ坂本真綾の「真昼が雪」と
「ループ」で作ったのは、完全にこれの影響です。懐かしい話だなぁ。

で、当初のアイディアを下敷きにしてリファインを掛けたんですが、
まぁキャラ編成と目的が変わっちゃったらほぼ作り直しですわな(笑)。
それでも完成までの時間は随分短縮できました。

うん、6月から律子→あずささん→真と誕生祭動画が3つ続く事に加え
ワンフォーオールのプレイ時間も捻出しなければならなかったので、
GW中に一気に仕上げちゃいました。だから構成もシンプル極まりない(苦笑)。
まぁ今年の誕生祭行脚の一環という事で、サラッとお楽しみ下さい。

東京マイルの逃げ切りの意義とは
1着 ヴィルシーナ
2着 メイショウマンボ
3着 ストレイトガール
4着 ホエールキャプチャ
5着 キャトルフィーユ


うーん、その可能性は考慮していただけになぁ。
毎度お馴染み2着以下がなぁ(苦笑)。
それにしても2週連続で逃げ馬が勝ってるんですが・・・。
気を取り直してオークスダービーと頑張りましょう。

では競馬部の皆様へのレスを。

[READ MORE...]
もっとわからないマイル戦
今週のヴィクトリアマイルも東京1600mが舞台。
それにしても、歴史が浅いとは言えこのレースは
勝ち負け含めた印象が少ない・・・。
「強い牝馬」が普通に距離をこなす時代なので
ここを使わないか距離適性が微妙な強い馬が出てきて
色々悩ましい話になるわけです。

今年もそんな流れになりそうですなぁ、って事で予想は格納。

[READ MORE...]
おかえり。
1st

アイマス2の発売日を起点にすると、3年と少々。
お互いに少しだけ距離を置いた日々。

言いたい事も、言っても詮無き事も、たくさんあった。
今更それをどうこうしようとは思わないけど。

その時間は、少なくとも私にとっては無意味な日々じゃなかった。
無理に前向きな理屈を振りかざして本音を押さえつけて進む事も、
言っても詮無き事に嘆き悲しんで歩みを止める事もしなかった。

色々あったけど、結局今も、私はここにいる。
だからこそ、今日からの日々は「続きのはじまり」じゃない。
全てが元通りになるわけじゃない。無かった事にはならないし、しない。

自分なりに3年間を過ごし、積み重ねてきたつもりです。
あの時からは、いろんな事が、いろんな意味で違っているはず。

さて、あなたはどうですか?
あなたは、まだ私にとって最高のパートナーでいてくれますか?

ここから先の残りの日々は、それを確認するためにあります。
こんなプロデューサーのわがままに、もう少しの間だけ
微笑んで付き合ってくれるなら、嬉しいです。

・・・以上、ポエム終わり(笑)。

[READ MORE...]
赤ペンPの動画レビュー番外編(その4)
私も「3A07」には散々な目にあわされたんですが(笑)、
その理由はきわめて私的なものでした。以前ブログにも書いたし
また長くなる話なので、当時のエントリを読むか
「さだまさし」「ひまわり」「歌詞」でググってみてください。
ホント、あんなに合致してたらどうもこうもないわって話です。

そしてそれ以上に当時の私は頭を悩ませる事になりました。
水面下で進行していた「あずさメドレー」に関わっていましたから。

前回書いたような理由で、メドレーの中で「隣に・・・」は
使いづらいよね、みたいな結論になりかけていたところに
「3A07」ですよ。もうメドレーの中に入れるしかないじゃないですか。

で、そのパートを私が担当する事になった。
RidgerPが作るあの曲の前で、です。胃が痛かったよ(苦笑)。

でも、結果としてそれは赤ペンPにとっての大きな転機になりました。
そこで踏ん張って少しでもいいものを作りたいと足掻いた努力であったり、
それを機に使用をためらっていたAfter Effectをついに導入して
必死になって使い方を勉強したり。この時やっていたあれこれは、
今こうして動画を作る私の礎を築いてくれています。

今となっては動画もないので微妙な話ではありますが
(一応ネット上で見られる場所を1つだけ知ってますけど)
その時の事を少々。

[READ MORE...]
赤ペンPの動画レビュー番外編(その3)
さてゴジラですよ(笑)。
無駄に回りくどいたとえを出しているわけですので、
まぁ詳細はググってもらうとしてですね。

「ゴジラ対ビオランテ」という特撮映画があります。
ご覧の通りのゴジラ映画ですが、この作品において
ゴジラと対峙して渡り合う存在が2つありまして。

ひとつは「スーパーXⅡ」という超兵器。
この兵器の最大の武器は、機体の前面に展開される特殊ミラー。
これでゴジラが吐く熱線を跳ね返し、倍加してゴジラに食らわせる、
というコンセプトです。しかし想定外の高熱によってこのミラーが
溶けてしまい、仕方なく通常兵器で戦うけど歯が立たず、
あえなくゴジラの餌食となる(笑)。

もうひとつは、タイトルにもあるビオランテという怪獣。
細かい話は長くなるので割愛しますが、この怪獣は
ある事情があってバラの遺伝子にゴジラの細胞を掛け合わせる事で
生み出され、最終的にゴジラと向き合う事になります。
人間側がコントロールしていたわけではないので、
こちらは「武器」とは違うわけですが。

ゴジラとある程度以上に渡り合った、この両者には
明確な共通点がひとつ、あります。
どちらもゴジラ自身の力を利用したり、その力を
内包した存在である
、という事です。

それが無い通常の兵器では全く歯が立たない。
ゴジラとやり合えるのは唯一ゴジラ自身の力である、
という壮大な皮肉でもあったりするわけ。

実はゴジラの力と無縁の兵器でゴジラと互角に対峙しえたのって、
初代「ゴジラ」に出てくるオキシジェンデストロイヤーくらいかな?
昭和のゴジラはその後人類の味方になっちゃうし、
平成ゴジラはあまり詳しくないのでその辺は微妙ですが、
まぁメカゴジラとか作ってるから考え方は近いのかも。

ともあれ。
ああ、「3A07」はこれだな、と思っちゃったわけさ。
さてこれで話が読めた人はどのくらいいらっしゃる事やら(苦笑)。

[READ MORE...]
2着以下がわけわかんない事に(苦笑)
1着 ミッキーアイル
2着 タガノブルグ
3着 キングズオブザサン
4着 ロサギガンティア
5着 ホウライアキコ


さすがにGⅠなんで今までみたいな事には
ならなかったけど、最後までよく粘ったなー。
こういう時は確かに得体の知れない馬が
突っ込んでくるのが競馬の常とは言え・・・(苦笑)。

では競馬部の皆様へのレスを。

[READ MORE...]
今週もある意味悩ましい
えー、連載の途中ですがここで競馬の話を(笑)。

どうも近年はNHKマイルカップ路線について
あまり意識しないまま本番を迎える事が多くて・・・。

今年はまたしても明確な主役がいるレースになるわけですが
東京マイルであの脚質はさてどうか、という検討は
どうしても必要になるわけでして。

てなわけで検討の結果の予想は格納。

[READ MORE...]
赤ペンPの動画レビュー番外編(その2)
今回は珍しく、一番最初が一番長い文章。

「3A07」は、ニコマスの枠を超えて非常に広い範囲の人たちに機能しました。
普段はニコマスを扱わないような層のブログなんかでも話題になっていましたし。

で、ニコマス民的な褒め言葉の一つとして
「ニコマスはここまで来た!」
みたいなのがチラホラとあったんです。

私はそれにちょっと違和感を感じていました。
というか、内容はさて置くとしてこの作品に対して
こんな事を感じながら見ていたんです。

「多分ここがニコマスの限界だなー」って。

[READ MORE...]
赤ペンPの動画レビュー番外編(その1)
しかしなんでこの時期に書き始めたんだろうね(笑)。

RAPの頭の悪いブロマガ
「3A07 ~Memories are here~」について今頃語る
(前編)
http://ch.nicovideo.jp/rap/blomaga/ar522751
(後編)
http://ch.nicovideo.jp/rap/blomaga/ar523673


多分、あの3人がチームを組んだのが4年前のこのくらいの時期だから、
という事なのかもしれませんが、記憶があやふやなんでその辺は
是非どなたかRAPさんに凸して聞いてみてください(笑)。
どうもいいけど「3A07」って常に全角表記されてるもんだから
この原稿ではまず全部半角で書いて最後に置換しています(笑)。

さて。
2年前、2012年にレギュラー放送していた「週刊黒いテスト放送」で
私は動画レビューのコーナーを担当させていただいてたのですが、
実はその中で、この「3A07」を取り上げようか、という話がありました。
個人的に異存はなかったんですが、大変困った事に台本代わりのメモを
書き始めたら、とてもとても放送の中に収まる分量じゃありませんでして(苦笑)。

結局その企画は立ち消えとなり、その時のために用意したメモ書きは
公開される事がないまま今日に至ったわけですが、そういうエントリが
上がったのなら、この機会にまとめてみようかな、と思いつきました。

今年は文章にしても動画にしても色々と棚卸しをしているので、
これも一緒に、って事ですね。実は昨年の「ニコマスとP」の企画である
あずさ派座談会の中で、その話の一部を持ち出したりしていたんですけど。

ただ、公開から随分と時間がたってしまった今、
改めてこの作品を語るとなると、どうしても客観的な話が
主体になってしまうわけで、その点に関しては「作った当事者」として
RAPさんが書いている文章の"重み"に比すると、どうしても
その軽さは否めないかなと思ったりします。

ま、それでもいち視聴者、いちあずさ派の視点という事で
何か文章があること自体は相応に意味があるのかなーとも思うので、
当時のメモを基にした文章を書き起こして、何度かに分けて
公開しようと思います。どうなることやら(笑)。

まずは簡単な背景説明と併せて、事前に言い訳めいた
注意事項
をエントリとして最初にまとめました。
相変わらず長いですがご容赦くださいませ。

[READ MORE...]
日経賞組でしたか
1着 フェノーメノ
2着 ウインバリアシオン
3着 ホッコーブレーヴ
4着 キズナ
5着 タニノエポレット


キズナ差し遅れ、フェノーメノ連覇までは想定してたけど、
ウインさらに乗り替わりは勘弁してくれ(涙)。
あとさすがにホッコーは買えませんでした(苦笑)。
やっぱフルゲートの春天は荒れるわー。

では競馬部の皆様へのレスを。

[READ MORE...]
さすがに2倍台くらいじゃないとねぇ
連休の真っ只中ですがGⅠはいつも通り開催。
って事で春天なんだけど・・・1番人気1.6倍って被ってるなぁ・・・。
フルゲートの春の天皇賞は荒れる方向にシフトしやすいと思ってるので
どう馬券を買おうか思案のしどころではありました。

って事で予想は格納。

[READ MORE...]
赤ペンがにわかと呼ばれていた頃の話
当然ながらアイマスとは違う場所での出来事です。
赤ペンというか、私自身の事ですね(笑)。
確かこの話は黒いテスト放送でもちょっと触れたかな。

ご存じの通り、私は競馬好きです。
もう付き合ってから20年以上になりますね。

で。
競馬と付き合うきっかけになったものというのが、
私の場合は2つありました。
それが、「オグリキャップ」「ダービースタリオン」
さぁ知っている人はここできな臭い話だと気付こう(笑)。

競馬を知らない人にわかりやすく説明すれば、この2つは
いわゆる「ミーハー」なキッカケだったんです。
少なくとも当時、私の周りではそう見られてました。

[READ MORE...]


プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。