赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
01 | 2014/02 | 03
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

某内科部長のブログにて
なんかアクセスが増えたなーと思ったら、
どうも引き合いに出されていたようで。

内科部長室 「構造と物語 -劇場版アイドルマスター輝きの向こう側へ 感想その2」

それにしても劇場版の話を書くといまだに
ブログのアクセスが伸びて美味しいっすね(笑)。

さて、部長。
えーとね、確かに「世代交代」の話だとは思うんですよ。
ただ、これって交代するという事象だけを取り上げてしまうと
もの凄い言葉足らずになるんですよね。
前回のエントリが期せずして部長のお話と重なる部分があったので
もう書かなくてもいいかと思ったんだけど、少しだけ補足を。

最初にプロレスやボクシングを例にとって端的にまとめれば、
「世代交代」をした結果として、アイマス世界における
「トップを目指す戦い」、言い換えれば「挑戦者の戦い」
モゲマス・グリマス勢が引き継いでする事になり、
今まで「挑戦者の戦い」をずっとやってきた現765プロ勢は
「チャンピオンの戦い」をする立場になる。
実際にチャンピオン=トップアイドルになっているかどうか、
モゲマスグリマス勢との直接対決があるかどうかは置いとくとして、
要するに「戦いの質」が変わるよね、という事なんですな。

で、前者はアイマスがアイマスである限り間違いなく描かれる。
一方で、後者をどこまで描くのかについて、色々とみんなが
想像して戦々恐々しているのが今の段階である
と、そういう事。

なんかさ、「世代交代」とだけ書くとそれがイコールで
「現世代の退場」みたいなイメージをされやすいじゃない?
確かにその方向性を示唆する要素は大量に散見されるけど、
アイマスがそれを完全にやりきるのも難しいだろうなと。

・・・あ、もしかして次回のネタだったかなこれ?(笑)

とりあえずこれでだいたい言いたい事は言えちゃってるんだけど、
せっかくブログのエントリにするのだから水増しするために(笑)、
このブログで以前に引き合いに出した事例をもう一度書こうと思います。
もう劇場版の話はおなかいっぱいだから書きたくないし(笑)。

[READ MORE...]


プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック