赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
09 | 2013/10 | 11
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

赤羽会館の事
今週末にアイマスのイベントが赤羽会館で開催。
さすがにキャパの関係もあって、知り合いの中に
当選した人というのがほとんどいない状況なわけですが。

私もイベントは不参加ですが、何せ会場が地元なので
時間があれば会場近くまでふらりと足を運ぼうかなと。
でも12時開場だからなぁ…起きられるかな…。

さて、今日はその赤羽会館の事を書こうかなと。
あんまりアイマス関係ない思い出話だけどね。
スポンサーサイト

[READ MORE...]
今週末はGⅠがお休みなので
何かブログのエントリを書いておかないと、という
それだけの理由で適当に書いてます(笑)。
最近はちょっと仕事の方が立て込んできていて、
年末年始も多分忙しくなりそうなので、
あんまりブログの事を意識してなくて。

でもまぁこの話は触れておかないとね。
先日発表のあったOne for all(以下14A)について。
敢えて雑誌記事を待たず、今の時点で感じた事を。

[READ MORE...]
ハンパなく伸びたなー
1着 ジャスタウェイ
2着 ジェンティルドンナ
3着 エイシンフラッシュ
4着 アンコイルド
5着 コディーノ


ハーツクライGⅠ初制覇ですか。
ちょっとビックリするくらい差がつきましたなぁ。
色々とズッポシはまった感があるから次の馬券が難しい(笑)。
ジェンティルはこの速い流れで踏ん張ったんだから
やっぱり強いわけですが、今後は位置取りが難しくなりそう。

では競馬部の皆様へのレスを。

[READ MORE...]
しかしまぁ小粒なメンバーで
その年のGⅠを勝った馬が出走しない秋の天皇賞は
随分久しぶりらしいようで。ゴールドシップもフェノーメノも
オルフェーヴルも出てこないわけで、ある意味馬券は
難しい気もしますねぇこれ。

こういう時ほど固い決着になるイメージしか
正直沸いて来ないんですが、頑張って予想してみましょう。
以下格納。

[READ MORE...]
なんだかんだでよく顔を出してる気が
先日のDSフェスタ4th直前生放送で
ファミエリさん、Pボウイさんと対談した内容が
「ニコマスとP」誌上に改めて掲載されます。

『DSフェスタ4th』開催直前対談 Day2nd 赤ペンP、ファミエリP、Pボウイ

内容は記事を読んでいただくとして、
ちょっとだけ裏話を。

[READ MORE...]
ようやく勝った
1着 エピファネイア
2着 サトノノブレス
3着 バンデ
4着 ラストインパクト
5着 ケイアイチョウサン


人馬ともに「ようやく」という表現がピッタリ。
福永もインタビューはホッとした顔だったなぁ(笑)。
常に同期の後塵を拝してきたエピファネイアも
これで堂々と主役の1頭として次を迎えられそう。

にしてもこの馬連がこの配当とは・・・いやまぁいっそ
変に荒れるよりはよかったと思い直します、ええ。

では競馬部の皆様へのレスを。

[READ MORE...]
一転、今週は一強ムード
ロゴタイプは距離が持たないだろうけど、
キズナは3000mでも行けたでしょうからねぇ。
ってな感じで菊花賞はエピファネイアが
抜けた存在という認識なわけですが。

それでもこのレースと言えばヒモ荒れがつきもの。
私もどちらかと言えば長距離レースの方が
マシな結果になる事が多いので、ここでしっかり
秋の軍資金を確保したいところ。

予想は格納。
[READ MORE...]
GINZAと言えばNOW(古)
古参アイマス民限定でお送りする、新プレイヤーに対する
デザイナーとユーザーの反応をアイマスでの出来事で簡単に例えたなら!

デザイナー:
「アイマスに男性のライバルとかアリじゃないっすか?!」

ユーザー:
「アイエエエエ!小町プロデュース不可!?プロデュース不可ナンデ!?」


この両者が話し合って落としどころを見つけようとしたって
妥協点が見い出せるわけがない、みたいな感じかなぁ。
なお、この例えはあくまでも周囲の反応を眺めて感じた感想です。
赤ペンは引き続き原宿プレイヤーを使ってますので…(苦笑)。

だからGINZAプレイヤーに対する具体的な感想も、
その良し悪しについても一切書く事はできません。

私がゼロプレイヤーを使わなかった最大の理由は、
GUI周りの使いやすさ・使いにくさ以前の問題として、
「重くてまともに動作しなかった」という一点にありました。
だからそこが改善されているなら、まぁ慣れないうちは色々と
不平不満も出てくるだろうけど、そのうち普通に
使えるようになるかなー、なんて楽観的に考えています。

ただ。
ゼロプレイヤーの時にも、アイマスを引き合いに出して
似たような事を書いた記憶があります。
話によるとゼロに比べればGINZAはだいぶ改善されていると
いう事なんですが、でも結局、スタンスの部分に関しては
全然変わってないのね
、というのが率直な感想ですかね。
プレイヤーそのものじゃないところに根深い何かがあると思うんだけど。

まぁ、これ以上特に書く事はないので今日は薄味で。
たまたま私はアイマスを引き合いに出したけど、こういう事は
他にもいろんなところに転がってる話なんでしょうね、きっと。

それにしても今回は完全に原宿が廃止されてしまうらしいから、
どこかのタイミングで早めに使い始めて慣れといた方が
いいんでしょうねぇ。さていつ移行したものか。

今年の予定・一応FIX版
備忘録、備忘録、備忘録ったら備忘録っ!(てきとー)

今年の赤ペンPは大きな仕事はもうやる気がなくて、
やりたかった曲を消化していく軽いノリの活動が
続く事になりますが、まぁ目安という事で年内の話を。

[READ MORE...]
混戦のときほど実績馬が来る光景
1着 メイショウマンボ
2着 スマートレイヤー
3着 リラコサージュ
4着 デニムアンドルビー
5着 リボントリコロール


まぁ人気サイド決着なのでそこは仕方ない。
って、スプリンターズSのときも同じ事言ってたな俺(笑)。

マンボは時計が心配されたけど強かったね。
デニムは完全にキャラが固まった感あり(笑)。
そう言えば武兄弟丼って今まであったっけか?

さて秋の馬券は芳しくない立ち上がりなわけですが
この先どーなることやら・・・。

では競馬部の皆様へのレスを。

[READ MORE...]
大混戦というフレーズを何度使っただろう
でもホント今年の秋華賞はわからないっすねー。
春は人気薄祭り、秋のトライアルは大雨。
そりゃ条件戦上がりが3番人気になるわと(笑)。

てなわけで荒れる前提に考えました。
全く自信はありません。予想は格納。

[READ MORE...]
Prix de l'Arc de Triomphe 2013
日曜の夜は当然ながらグリーンチャンネルで
凱旋門賞の様子を観戦していました。
あの場所に立って感慨にふけっていたのが
もう7年前の話なんだなー、なんて思いながら。

オルフェーヴル2着、キズナ4着。
今年もまた欧州の高い壁は崩せなかったわけですが、
去年に比べれば今年は勝ち馬トレヴの見事な走りを
見せつけられた分、随分落ち着いてるかなぁ。

なんつーか、たらればを考え始めたらキリがないんだけどね。
3歳のキズナはともかく、オルフェーヴルに関しては
「やはり去年がいちばんの勝ち時だったかー」みたいな事とか
どうしても頭をよぎるんだけどね(苦笑)。

2頭は恐らく今年度のクラシフィケーションで、
それぞれ3歳牡馬、古馬牡馬部門の世界ナンバーワンクラスの
馬として記録されるでしょう。それは大変に名誉な事であり、
日本の馬がここまで来れる事を再び証明したわけであり、

そして後は結果だけ、か。
最後に残った、たった一つが、果てしなく遠い。
その気になれば様々な理由付けをする事はできるけれど、
事実として、一期一会のこのレースで、勝てなかった。

オルフェーヴルは国内であと1戦、
有馬記念で引退の予定だそうです。
キズナは恐らく来年も挑戦するでしょう。
馬が替わり人が替わっても、競馬は続く。

見る側としても、諦めずに追い続けたいと思います。
ともあれ、まずは2頭が無事に日本に帰ってきて、
その雄姿を見せてくれる事を楽しみに待ちましょう。

作りたかった曲の消化ターン的な
思えば一昨年と昨年もこのくらいの時期に
竜宮小町で川田まみの曲を使って作ってましたね。
季節ものかよ!(笑)



というか、他には雪歩で「SEED」、貴音で「Eclipse」と
川田まみの曲を使ってまして。前にも書いたけど、
I'veというと自分の中ではKOTOKOより川田まみの方が
好みだったりします。他にも興味のある曲は
いくつかあるので、いずれやるかもしれません。

まぁそんな感じで、構成はシンプルなダンス動画で、
使うダンスは少なくカット割だけ気を付けて、
なるべくシンプルに仕上げています。
曲も編集して短くしてあるので、まぁお時間のある時に
ふらっと見て頂ければ幸いです。

最近は書く事があまりない動画が多くて楽ね(笑)。

プロレスしとかないとイカンよね<その3>
では最後の回。本来のメインディッシュである
真の動画の話ですね。こちらも引用が入りますので
事前に元々の記事の方をご覧くださいませ。

でもまぁ、ブログの記事があんな感じだから
こちらの回答も平気であさっての方向に飛ばすんだけど(笑)。

前回同様、ブログの引用(一部独自に改行)を踏まえつつ。

[READ MORE...]
プロレスしとかないとイカンよね<その2>
さて、今回はブログ記事を書いてくれたのが
cha73さんという、それなりに交流がある人で
かつ私のやり口に対する理解がある方でしたので
こういうような事をやっています。

要するにね、「作った側の意図」
「受け手の側の受け取り方」って、
常に全く同じになるわけではないし、
かといって全然違う方を向くわけでもない、
って事を、自分を題材にして確かめてみたかったんです。

[READ MORE...]
プロレスしとかないとイカンよね<その1>
夏の終わりにこんな記事を書いていただいて。

赤ペンPに提出する宿題という名の爆発しない何か(その1)
赤ペンPに提出する宿題という名の爆発しない何か(その2)

こういう形で取り上げて頂く事自体は
当然ながら嬉しいわけですよ。最近はツイッターで
紹介して済ませてしまうことも多いし、さらに私なんかは
放っておいても自分で長文書き殴るタイプなんで
ますますレアな事態に陥るわけでして(笑)。

で。
プロレスというキーワードが出てきた以上こちらとしても
記事を読んでいるにもかかわらずしらばっくれながら準備して
突如としてこーゆー反応をせざるを得ないと言いましょうか(笑)。

NGワードは「藤原」「札幌中島」でひとつ。

ブログ主であるcha73さんとは、直接お会いした回数こそ
少ないんですが、割と昔から動画をご紹介頂いたりしてて
そういう意味での付き合いは長い方ですので、
まぁこういうのもたまにはいいかなーと。

では久々に赤ペン添削行ってみましょうか。
あちらの記事が2つあるので、こちらは
なぜか3回に分けてお送りします(笑)。

題して、
「プロレスかと思ったらそうでもなかったんですよというプロレス」
もうこれわかんねぇな(苦笑)。

以下、ブログ記事の引用が含まれます(一部改行あり)。
先に本文に目を通しておいて頂いた方がいいと思います。

[READ MORE...]


プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック