赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
11 | 2007/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Gift for me
あービックリした。
会社にいる間にそういう連絡はくれってんだ。

前々から強く主張はしていたわけですよ。
現場と向き合う最前線で戦う我々にとって、後方支援は必須。
それがない上に、そもそも最前線自体が小休止している状況で
何で俺たちが、何もしないでただそこに立っているためだけ
出てこなきゃならんのかと。

つまりこういう事です。
電話でサポートする相手方も仕事納めでほぼ何もなし、
何かあったときに相談するためのクライアントもこの日は掃除と納会で不在、
そんな中窓口を通常営業してどうすんのよ。
普段から残業続きの現場の士気を考えてスケジュールを組みやがれと。


段ボール箱をかなぐり捨てて銃を乱射する赤ペンスネーク。
こういう時にモノを言うのは、普段のおとなしい態度と積み上げた実績と、
確かな数字に基づいた逃げ道のない正論。
勝てる状況じゃなきゃケンカはいたしませんので、私(笑)。


という事で。
12/27で我が職場は仕事納め。28日から冬休み突入決定。
つまり。


これでMegum@sの作品を作る時間が増えた!!
・・・ますます逃げられなくなった(笑)。

ま、自分で強引に勝ち取りに行ったわけですが、
ちょっとしたクリスマスプレゼントを早めに頂いた格好となりました。

今作っているのは23日くらいには上げられるかな?
そうしたら、今年最後の作品、頑張って作るぞー!!
これまた出発点
自分のルーツを巡っていて、久しぶりにここに辿り着きました。
掲載許可を本人にもらったので、リンクを貼ります。

ライトオタク日記 ファイル変換の話。

この時のお話については、こちらのエントリもご参照あれ。
動画を作り始めた私が、ニセPのブログに駆け込んでいた決定的瞬間です(笑)。

[READ MORE...]
年末振り返り特集 List-03
たまには、企画モノなのに短い文章もいいかな。

もう何度も触れている人だし、全作品紹介してるし・・・と思ったところで、
よーく考えたらひとつだけ、紹介してないのがあったのを思い出して。



・・・え?削除されてるじゃないかって?うん、そうだね。
でもこの場所は、私の大事な、大切な出発点。

一応書いておくけど、「赤ペン先生か」というコメントが入ってますが
もちろん私じゃないからね(笑)何故12月に書き込まれてるんだろう・・・。

引退されたありすえPの、削除された動画を今もマイリストに
大事に入れている人、手を挙げなさい。


そういう事です。

さて、そろそろ数も溜まってきたんで、次のこのコーナーの更新に合わせて
右下に紹介した作品をまとめたマイリストを公開しようかなと思います。
せっかくなので、エントリでは書いてないちょっとしたコメントを添えておきますね。
来ました
復活来ましたか!



えーと、この場合「新シリーズ」という言い方でいいんだろうか?(笑)
セカンドシーズン、って感じじゃないもんなぁ。というか続くのかな?

ともあれ相変わらずの間合いの取り方は折り紙つきです。
Go back to the basic <Vol.3>
収拾がつかなくなったので、ここまでのシリーズの内容をまとめてみる。

まず、私はそもそもプロデューサーとしての制作活動のモチベーションを、
ゲームそのものや中の人はもちろん、楽曲や動画作成そのものと言った、
言わばMADにまつわる「内側」の部分ではなく、その「外側」に多く持っている人間です。
極論すれば、たまたまそのモチベーションを満たしてくれたのがアイマスMADだった、
っていう言い方も、間違いではない。
だから今でも本気で、自分は「作り手の末席に置いていただいている」っていう感情を
強く持っています。卑屈になることはないけど、謙虚ではありたい。
こんな長文ブログ書いてる人間として、説得力の無さは重々承知ですが。

そして、外側からこの世界に飛び込んだ人間として、「組み合わせの妙味やインパクト」
まずは心惹かれる人である事から始まっています。必要以上に拘る事はないとしても、
でもやっぱり自分のルーツがあるのは、間違いなくそこ。

・・・なんだ、もうこれでいいじゃん(笑)。
でも乗りかかった船なんで、最後に好き勝手書いてみました。動画製作のスタンス。
全然まとまってないし、実はまとめる気もさらさらないんだけど、
とりあえず文章という形で吐き出してしまうと、スッキリするんで。

[READ MORE...]
年末振り返り特集 List-02
すぐに続きを書かずにTea Break。ほっほっほ。

私の友人・Y2P(年内デビュー予定)がコメントで書いていましたが、元々私の女性のタイプは
ロング(髪の毛)・年上・包容力・豊○(みなまで言うな、っつーかバラすなY2P)なわけでした。
つまりアイマスで好きになるキャラは、あらゆる意味でど真ん中のストライクゾーンだった
あずささん一択になるのは必然だったわけですが、それを完全に決定付けたのが、コレ。



[READ MORE...]
アカン、最高やわ
完成版ktkr



ダメだ、私にはどこから何をどう突っ込んだらいいかも、どうやって説明したらいいかもわからん。
サイコーとしか言いようが無い。

とりあえずネタ確認のためもう一回見てこようと思うんだけど、
その前に今からDikePのブログに突っ込んでくる。
Go back to the basic <Vol.2>
なんか好き勝手書いてたら、こーんな記事あーんな記事が各地にあって、私もお邪魔しては
長文上等のレスをしてたりするわけなんですが、やっぱりこれって年末の空気が
そういう雰囲気を演出してるんですかねぇ。っつーかあと1週間足らずで次の作品を仕上げなきゃ
ならない中、こんな文章を綴っている暇などない気がするんですが(苦笑)。

さて、我が身を振り返って原点に立ち戻るための所業であるこのシリーズ、どうでもいいけど
読んでて面白いっすか?(笑)前にも書いたけと壮大な備忘録ですからねー。
まぁ、場末のプロデューサーの中にはこういう思考をしているヤツもいるんだ、という
サンプルとしての価値はあるのかもしれませんけど。

前回は、私がプロデューサーをしている理由、それもアイマスとか動画編集の外側にある理由を
書いてみたわけです。いや、理由と言うよりは「動機」と呼ぶべきものなのかも知れません。
じゃあ、そういう動機で飛び込んだ世界の中で、自分は何を目指し、何をしたいのか、
っていう具体的なお話に触れたいんですが、そのためには先に書かなきゃならない話がある。
いち視聴者であった頃の、剥き出しの本音込みの内容なんで、気をつけて下さいね。

[READ MORE...]
フットワーク軽っ!
もう第2回が決まったのか!



さすがは告知動画に定評があるきつねP、いい出来だよねー。
っつーかこの曲か(笑)またパーティーが終わったら単体上げするように。

サバイバルチャンピオンシップとは確実に違うベクトルのテーマを持つこの企画。
前回は半端なく盛り上がったので、もちろん今回も期待大!

キャラとテーマの縛りがあるからこそ生まれる面白みを楽しみに待ちましょう!
どうでもいいけど、桃月Pという最大の切り札を切っちまったあとで、一体誰を
シークレットにするつもりなんだろう?あるいはもう不要かも?

さて、私は参加するべきか否か・・・「ブログを書いてみた」というジャンルで(ry
Rock me now
タグとタグロックの有効活用・その2。

中目黒P


納期は大事!なんてガラにもない事を言いたくなった人もいるでしょうが、
「お待たせしすぎ動画」にロックかけた行為で許してあげて欲しいわけで(笑)。

最初は色々慣れないでしょうが、先週の亜紀奈P同様、是非頑張ってください!
もちろん全力支援!!


ちなみにタイトルはVOW WOWっす。
軽くご紹介など
今日は薄味にて失礼。
夜になって何か書き始めるかもしれないけど。

アイマスMADのプロデューサーさんのブログや
様々な紹介サイトは皆さんご覧になっていると思いますし
私もよくお邪魔しているんですが、アイマスMADとは関係なく
面白かったりためになるサイトにもよく行くわけで。

有名なサイトらしい(スミマセン、よく知らんのです)ので
おま早感満載ではあるんですが。

304 Not Modified

なんか凄い心に響くんですよね、ここの記事は。
特にこの記事は、「良作が埋もれる現状は悪いことばかりじゃない」
昔書いた私の心情を代弁してくれています。

何やら気がつけば、私もブログ的頂点Pだのと言われてしまったりしてるんですが
全然そんな事は自分では思ってないわけで。いや、来て頂いた方に
楽しんでもらう努力はもちろんしているつもりですけど。

でも世の中には、私の半分の量の言葉で、倍以上の想いを伝えてくれる
サイトや文章がたくさんあります。プロデューサーさんのブログにしても、
それ以外のサイトにしても、それはそう。
"頂点"なんて、おこがましいってもんですよ。
(ネタでそう呼ばれて弄られるのなら、まぁいいかなって思いますけどね)

さて、今日はまた動画製作に戻ります。締め切りまであと1週間。
それが終わったらMegum@s。頑張らないとなー。
年末振り返り特集 List-01
自分語りばっかりでもアレですから、年末振り返りの一環として
今年気になった他の方の作品を紹介していこうかなと。

ルールは、お一人のプロデューサーの作品から、ひとつだけピックアップ。
選考基準は完全に私の独断と偏見。結局自分語りじゃんそれ。
ただし、誰の何を紹介するか、その節操の無さには自信があります(笑)。

そして、デキがいいとか私好みであるという事ではピックアップしません。
有名無名を問わず「心に引っ掛かった作品」を選びたいなと思うんです。
そうして選んだ作品はマイリストに入れて、後日まとめて公開しましょうかね。

さて、一人目。
考えてみたら、私の3人の生みの親の皆さんや、お世話になっている人たち以外に、
誰か一人のプロデューサーさんだけを取り上げてこれだけ書くのは初めてなんですよね。
そして本来はマイナー志向、人が見ていないものに注目しようと考えがちの私が、
それでも最初にこの人について書くというのも、当然というか微笑ましいというか。

という事で、いつかのお約束どおり、この作品について。



[READ MORE...]
"The World"
年末に作品ピックアップする時まで、敢えて取り上げずに
黙ってようと思ってたんですよ。実はすっげー好きな人だったんで。

世の中、上手く行かないもんです。
紹介せずにはいられない。
そして、黙らざるを得ない。



Go back to the basic <Vol.1>
なんかサバチャンの話を書いてるあたりから脱線し始めて、すっかり年末の総括じみた事を
書き連ねている今日この頃、皆さんいかがお過ごしですか?

相変わらず次回作の製作に追われる日々の中、そんな事になった要因は二つ。
ひとつはメイPのブログで、ちょいと真面目にお話をしていた事。
もうひとつは、この数日の間に、いくつかの大変縁深い、素敵な出逢いを経験させてもらった事。

後者に関しては相手もある話なので、詳細は書けたり書けなかったり色々あるんだけど・・・
ひとりだけお名前を挙げさせて頂ければ、コメント欄をご覧頂ければお分かりになる通り、
以前こちらでも作品を紹介させていただいたGatePが、ここに遊びに来てくれました。
正直驚きましたし、それだけで嬉しいのに、コメント読んで嬉しさ765倍増。
それらの出逢いは、例外なく全てとても嬉しい出来事でした。

まぁそんな具合で、年末の空気にも後押しされ、今年の我が事を思い出しつつ、
ちょっと初心に帰りながら、自分のスタンスを思い返しているわけです。
もの凄い年末進行(笑)で作品を作っているってのも、その要因かな。

で、ちょっと草稿を書き始めたんだけど・・・分量以上にその内容がとてもひとつに
まとまるものじゃないことが判明(笑)。半月かけてのんびりと、色々書いてみようかなと。
今日は思いっきり自分語りではあるんだけど、ただの好き勝手な話ではなくて、
「赤ペンP」というペルソナに繋がっていく、中の人の在り様について、って事になりますかね。

[READ MORE...]
サバチャン回顧の話のはずが・・・
最初に、拍手コメントでご指摘を頂いた件について。そうか、メカ千早って
アケマスの頃からいたんだ。うーん知らなかった。そういう意味では私の投票の
思考回路はちょっと違う方向に行ってたのかもしれないけど、まぁしょうがない。
ともあれ、ご指摘ありがとうございました。勉強します。

さて、今回は順位込みでまとめっぽい文章を書こうと思ったんですが・・・
データ多すぎだよ江頭P(笑)。もう面倒なので公式ブログを見に行ってくれ!

37作品全部の感想を書こうと思ったんだけど無理無理無理無理(笑)。
なのでそれを諦めて、決勝の上位4作品についてちょっと感想を書いてみたんですが、
その文章はやがてとんでもない方向へ・・・。

[READ MORE...]
Survival Championship Final 回顧
1週間の投票期間中、多くの視聴者を悶絶させた決勝も終わり、ついに結果が出ました。



今後も引き続きブログにて、大会の裏話や詳細が公開されると思いますので、
是非ご参照いただければと。にしても相変わらずセンスいいよなこの選曲。

さて、決勝の投票がメチャメチャ難しくて相当悩む羽目になったのは、全ての作品が
高いクオリティを持っていたからであり、それぞれがそれぞれなりの意図とアプローチで
作られた作品
だからであり、そういう作品を同列に並べて優劣を決める行為は本来であれば
無駄かつ無意味だからなんだと思います。って、ここで話を終わらせたら
この大会や江頭Pの全否定になっちまうな(笑)。

江頭Pはね、きっとみんなに悩んで欲しかったんだと思うんですよ。
真剣に考え、1票を投じて、大会の優勝にふさわしい作品を選ぶ。それは優劣を決める行為とは
ちょっと違うと思うし、実際に残った9作品はどれも素晴らしくて優劣つけがたかった。だから
みんな色々と悩んだ。「9票入れられれば問題ないんだが」なんてコメントが、まさに視聴者の
本音だったんじゃないかな。

まぁ勝手に私が想像してるだけなんで、これ以上の野暮な推測は書きませんが、結果はともあれ
みんなが真剣に考えたことそのものが、大会の大きな意義だったんではないかと。
その事実があるだけで、十分このイベントは成功と呼ぶに値するものだったと思います。

さて、以前にも書いたとおり、私はこの決勝で、投票する作品を1発で決めました。
それには色々と理由があります。特定の作品が明らかに図抜けて見えたわけでもないし
好みのツボにはまる作品があったから、すぐに決まったわけではありません。
実は投票した後も何気に悩んだりしたのはナイショの話。

では、私が投票した作品を選ぶ過程をお話しして、この大会を終えての
私の感想に代えさせていただきます。
なお、ネタバレ回避のために今回のエントリでは結果については一切触れておりません。
後日改めて、それも含めた全体を眺めての雑感などを簡単に書こうかなと。

[READ MORE...]
追加で御礼
昨日、まっさんが1万超えした事を書いてお礼を申し上げたわけですが、その後作品に
祝福のコメントを入れて下さった方がたくさんいらっしゃって、冗談抜きで涙目です。
改めまして篤く御礼申し上げます。ありがとう!

と言うか、1万超えてからの伸び方がまたちょっと加速してるってどうなのよ(笑)。
いや、もちろんありがたい限りなんですが。なんだかコメントも増えてるし。
次は1000コメントが目標かな?そうなったらいろいろ思い残すことはないな(笑)。

世間はすっかり年末の雰囲気ですが、私のプライベートはてんやわんやです。
仕事は・・・もう、年内は状況動かんわ(笑)幸か不幸か、シフト勤務の枠の中で
淡々と仕事をこなすしか出来ることはないので、いろいろ考えるのは年明けに。
いつもはそろそろ年賀状の事を考えるんだけど、今年は喪中なのでそれもナシ。
競馬も有馬記念まではひと段落(笑)。

だからてんやわんやな理由はただひとつ。大げさに言えば、
残りの私の時間を全てアイマスMADに捧げる勢いだったりするからです。
それもいろいろ同時進行しているから頭の中の整理にも一苦労。

なんだかんだで今年の私的トピックNo.1は、アイマスMADのプロデューサーとして
活動したっていう事になると思うんで、まぁ1年の締めはそれでいいのかな。
何事も根詰めすぎるとロクなことがないのは承知してるんですが、それでもなんだか
そういう気分になる時ってのはあるもんで。

素の自分に戻れるのは31日まで無理なような気がしてきた。
本名で呼ばれても気付かんかも知れん(笑)。ま、倒れない程度に頑張りますわ。
皆様のおかげをもちまして
まぁね、本音を言えば、キチンとやり切ることが出来たなら、数字はどうあれ
この曲ならいい作品になるに違いない、って自信はそれなりにあったんですよ。

今になって作品を見返してみて、細かい点を挙げ始めたらキリがないんだけど、
それなりにはキチンと出来たかな、っていう満足感はあります。

ただ、それが視聴者の皆さんに受け入れられるかどうかっていう点に関しては、
全然想像もつかなかったし、分からなかった。
でも。





おっさんホイホイ上等、再生時間長すぎ上等(笑)のこの作品が、1万再生に到達しました。
まさか自分がそういう作品を作ることが出来るとは、正直思ってなかったというか、
いまだに実感があまりないというか(苦笑)。

私の他の作品をご覧頂ければ分かるとおり、この作品は普段の作風からは外れた、
ちょっと特殊な位置づけにあるモノです。尋常ではない曲への思い入れがあって
初めて出来たって事は、以前にも書きました。

だから、またこれだけのものが出来るかと訊かれても自信はないし、
ポンポン作る気にも、正直なれないってのが本音です。

でも、この曲で出来て他で出来ないっていう理屈もないでしょうし、
まっさんの曲はまたいつか必ずやりたいですね。
あるいは違う人の曲でこの路線ってのもアリかな、なんて。

改めまして、見て頂いた全ての方に感謝いたします。
嬉しいけど、それ以上に、感謝。
よろしければ、これからも末永くお付き合いしてやってください。


2007/12/12 次作のダンスシンクロに悶絶しつつ 赤ペンP
昨日は泣くだけ泣いて終わっちゃったんで
改めまして、ご紹介。



セガサターンのソフトをひとつ選んで無人島に行かなきゃならないとしたら、
このソフト以外に選択肢は無い。そのくらい好きなゲームでした。
マルコン片手に死ぬほどやりました。もちろん「クリスマスナイツ」も買いましたとも。

調べればすぐわかるんだけど、それを敢えてしないで記憶だけで書いてみる。
この作品は「大人」のヴォーカルですが、コメントにもある通り、「子供」バージョンの
ヴォーカルもあります。私は両方とも好き。

エリオットとクラリスと言う二人の子供がこのゲームの主人公。
片方のキャラだけでクリアしたときは子供Ver.がエンディングで流れて、
2人ともクリアしたら大人Ver.が流れる・・・だったと思う。

ゲームの最終面、それまでは夢の中でNiGHTSになって飛んでいたのに、
なぜかエリオットとクラリスがそのまま出てくるんですよ。もちろん空は飛べなくて。
で、ひとしきりうろうろ歩いて、ゲームは先に進まなくて、しょうがないから
高いところからわざと落っこちてみて・・・次の瞬間。

2人は、自分の力で、大空へ翔け上がる!

・・・初めて見た時、涙で画面が見えなくてグダグダなプレイになったのは内緒の話。

作品のコメ欄見てください。このソフトの愛されっぷりはそれを見てくれればわかる。
それ見てるだけで涙が止まらん。こんな場所(って言ったら失礼なんだけど、敢えて書かせて!)で
こんなに多くの仲間に、11年の時を経て出遭えるなんて!!

演出だのシンクロだの、そんなこと語りたくない。
そんなもったいないことしたくない。ゴメン。

もし少しでも気にしていただけたのなら、是非直接見に行ってください。
キャッチボール
私の作品にブログ絡みのタグがついて久しいわけですが、まーそれにしても良し悪しですねぇ。
この前、こちらに遊びに来てくれた方のブログにご挨拶のコメントを入れたら
「ニコマスblog界の頂点P?が来た!」みたいなレスを頂いて(笑)。
いやいやいやいやそれってどうなのよ(苦笑)。名前負けしないように頑張らないとなぁ。

さて、タグと言えば。
作り手の皆さんに質問。自分で作品をアップして、タグをつけるじゃないですか。その時に
どこまで自分でタグをつけます?ついでに、何をロックします?

私は取りあえず「赤ペンP」のタグだけロックして、「アイドルマスター」「(キャラ名)」
「(アーティスト名)」を入れて、終了。その先何が増えようが減ろうが、そこから先は
つけてくれる視聴者の方にお任せです。原則として自分で加えることも消すこともしません。
シリーズものを手がけている方はまた違った感じなのかもしれませんが、まぁ大体
こんなものなのかなぁって思います。どうですかね?

なもんで、「blogに定評のある赤ペンP」「blogでの自分語りに定評のある赤ペンP」
混在している状況だったりするわけです。面白いんで私はそのまま放置してるんですが、
統一しておいた方がいいんだろうか?

[READ MORE...]
やべ
ちょっと泣いてきた(笑)。


・・・ん?
いや、別に今更、私ごときが何か言う話でもないでしょ、コレ。
ブログにわざわざ貼らなくったって、みんな見に行くわけだし。
それに前々から言ってるけど、年明けまで最後の一言はコメントはしないからさ。

全てのプロデューサーと、全ての視聴者と、みんなの力が合わさって、
それを見事に束ねて、形にして、それが面白くないわけが無い。
1時間の中に込められた、3か月分のそれぞれの想い。
色々忙しいし時間もキツいんだけど、もう今日は動画作るのやめた!





もうPart3まで全部見てきました。十二分に楽しんできました!
だからもっと楽しむために、これからもう一回行って来ます(笑)。


・・・んー、まぁ、これだけじゃあ、さすがにアレだなぁ。しょうがない。
一言だけ、コメントするね?でも、ありきたりな賛辞の言葉なんて書いてやるもんか。




俺の知ってる、敬愛する桃月Pは、

このぐらい出来て当たり前の子ですから!w


とんでもないことを普通にやりやがって!
という事で、年末のスペシャル、もちろん楽しみにしてます!
出社前に気付くかねしかし
色々準備しながら、意識せずに自分の作品のサムネをみたら
「俺ティンから来ました」みたいなコメントが見えまして。

AdobeP、アストロPの時と同じだなこのパターン。
で、探してみたらここにたどり着いたわけです。

億P


おー、全然気付かなかった。もう3回目っすか!
ここで取り上げていただいたようです。ありがとうございました。

まだまだ試行錯誤の段階とのことですが、こういうのはまさしく継続こそ力。
あまり無理せず、まだまだたくさんある良作を拾っていって欲しいと思います。
Welcome!!


さすがに最初は少々時間が遅くなっちゃったし、

ちょっとばかり雰囲気は変わったかもしれないけど、

ここにあるのは紛れもなく週刊アイドルマスターランキング。

週末ごとのお楽しみ。

作り手としての目標の一つ。


さぁさぁ、みんなでwktkして、ガンガン見て、コメント入れて、

全力で支えて行こうじゃありませんか!

Megum@s開催によせて
ああ、そういえば昨日の夜だったんだ、と思い返して、1作だけブログで紹介してたから
サムネとか文章をどうしようかなって思って、でも結局、何も付け加えずに
そのまま残しておくことにしました。


自分が権利者削除されたときはサムネも消えちゃってて、まぁ今回は作者自身の削除なんで
少々状況が違うのかもしれないけど、いずれは「何がなにやら」な状態になるかもしれない。


でも、思い入れが深いんで、何かが残ってれば自分でわかるかな、って。






この作品をもってMegum@sを「ありすえ感謝祭」的に捉える必要は全然ないと思うし
私もあくまで自分がやりたい曲、自分の中の思い入れで作品を作るつもり。
でも、キッカケ作ったのは間違いなくコレ。なので、その点に対する感謝の意味で。

追伸
ブログも消されるとの事だったのですが、とりあえずそれが確認できるまでは
こちらからのリンクはそのままにさせていただきます。
妄想とやらをしてみるテスト
「アイマスのキャラで誰が一番のお気に入りですか?」ま、王道な質問ですわな。

雪歩の誕生日が近い今日この頃、各地で雪歩好きな皆様が絶叫しているのを見て
少しでもこちらの世界に残って頂きたいと思いながら、冗談半分でツッコミを入れていたら

「そろそろお前が壊れて見せろ」

と言われまして。いや、そんなケンカ腰じゃないんですけど(笑)。

うーん、今更なんやねん!とか言われそうなんだけど、私は実のところ
上級者属性も紳士属性もまるでない人なんですよねー。そのあたりが今ひとつ
突き抜ける作品を作れない要因でもあるような気がするんですが。
ともあれ、リクエストにはお応えしてみようと思ったわけですよ。
ところが。

・・・どうも、俺の妄想や壊れ方は方向性が違ってねぇか?

そこはかとなくそんな不安に駆られて、ちょっと妄想を文章にしてみました。
ハイそこのあなた、ここから先はとんでもない文章だからとっとと引き返した方が身のためだよ!

という事で、最初の質問に戻る。
アイマスの中では特に嫌いなキャラはいません。で、一番は誰かって話だよね。
冷静に自分の作品を見返してみると、お前むしろ他のキャラを使った作品の方が
多いじゃねぇか!という話もあったりするんですが(笑)、その質問に対して私の答えは
あずささんだったりするわけです。

じゃあ「あずさは俺の嫁!」まで言えるのかと聞かれると、多分それはない。
こう書くとなんか変に冷めた人っぽくてイヤな感じがするんだけどね、それにはいろいろと
理由があるわけでして。

[READ MORE...]
業務連絡~ ⇒ 状況終了
携帯から書き込みしてます。

只今、うちの地域全体でインターネットがぶっちぎれてます。
さすがはCATV、本職じゃないだけあって対応が遅い遅い。

という事で、カキコ頂いても反応が遅れますので御承知置き下さい。

今は競馬の予想…ゲホガハゴホ、動画作成に精を出しております。
PCに向かい過ぎて疲れたよ…。

※23:43追記
なんとか復旧しました。繋がっているかどうかをいちいち
モデムの電源引っこ抜いて差し直さなきゃならんのは色々面倒ですな(笑)。
年末は殺人的なスケジュール
ホントなら真っ先に紹介しなきゃいけなかったんだけど。



ここまで何も言及しなかったのは、こんないかにも自分向けなお祭りなのに、
参加できるかどうかがわからなかったから(実は今もわからないんだけど)。

仕事も含めたプライベートなスケジュールの問題も大きいのは確かなんだけど、
諸般の理由があって、今作っている作品の方を優先順位を上にしたくて、
それが無事終わったとしても果たして12/28に間に合うかどうかわからなかったから。
時間が取れたとしても、ホントにやっつけ仕事になっちゃうかもしれないから。

そして何故そこまで悩んでいるのかといえば、
この祭りの引き金を引くキッカケの一部に、自分がなっているみたいだから。

自分だってありすえPの『街へ出よう!』がなければきっと『がんばって!』を作れなかったと思うし、
まだありすえPがいてくれたら無理矢理参加をお願いして(笑、できるのかよそんな事?)
とりあえず悩まずに無理せずにいたかもしれない。

「たかが趣味」に、そこまで考えるのもおかしい話なのかもしれないけどさ。
でも、そこまで考えたくなる瞬間があってもいいんじゃないかな、って思います。
1000再生を超える程度のふつーの動画が、キッカケの一部になってくれたんです。
それを作った人間として、出るのは当然、出たいのは当然。

もしかしたらホントにダメかもしれない。無理矢理仕事をサボるとかしないと(笑)。
その時はゴメンナサイ。せめて、代わりにここで全作品を紹介しますよ。

確約は出来ないけど、何とか参加できるよう、頑張ります。
戦慄

相変わらずうめぇな(笑)
職場で大き目のトラブル(それもヒューマンエラー)が出ててんやわんや。
ったく、普通にしてたってトラブルが出るシステムなんだから・・・。

そんな中、実質2作目が来ましたか!

だ~おかP


骨の部分がしっかりしてるなぁ。素直に勉強になります。
入れようと思えば突っ込めないこともないんだけど、それこそ野暮ってもんですな。
とりあえず今度うちに来て色々教えろ(笑)。

私信になるんだけど、例の曲、俺も作るから二人で同時に上げてみない?
時期等はそちらの都合に合わせるので、その気があるのなら連絡乞う。
もっともこのクオリティでやられたらこっちが一人だけ泣きを見そうだけどね(苦笑)。


プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック