赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
07 | 2018/08 | 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

まだやってなかった事
かれこれ11年も誕生祭動画を作っていると、まぁさすがに
曲やアイディアのストックも尽きてくるわけで、そんな状況だから
正直今年は動画作るの無理じゃないかと思ってたよ・・・(苦笑)。

ただ、1つやってなかった事があったのを思い出しまして。
足掛け11年、20本くらい作ってきた誕生祭動画で初めて
「男性ボーカル曲を使った動画」を手掛けてみました。



逆に言えばこの選曲が全てで、映像的にはなんの工夫もしていません。
ちょっと最近の時流に乗って曲の歌詞を演出に使ったりしましたが、
推しとか担当という便利な言葉に逃げないよう心がけた事と、
ステラステージのあずささんで動画を作れればそれで、って感じ。

あと、親作品に登録した2本の話については、たぶん初期の頃の
NRRRリスナーしかわからないし、でもみんな絶対覚えてないと思う(笑)。

ともあれ、今年もなんとか上げることができました。
誰とは言わないが某け○まPが毎年○織の誕生祭動画を
律儀に上げてるから、こっちとしても引っ込みがつかないんだよ!(笑)

とりあえずひと段落です。
さて、下半期は何をしましょうかね。

作らない作らない詐欺になりつつある
ステラステージで全員クリア&ハート5つまで
プレイした記念ってわけでもないけど、詩花の動画を
1週間くらいで作ってみました。



据え置き機ゲームのニューカマーをメインにして動画を作るのは、
アイマス2以来自分の中で「必須事項」と勝手に決めているんだけど、
なんせR@adom Scoutで15分の動画とか頭のおかしい事をしたばっかで
「もう上半期は動画作らんでいいわ」と思ってました。

で、そういう時に限ってフラっとアイディアが落ちてくるんだな(笑)。
そんなわけでさっさとノルマを達成しておこうという次第です。
赤ペンにしては珍しく「最近の曲」を使ってみました。何故詩花で
この選曲になったのかはステラステージをプレイして確かめろ(笑)。

詩花について思うところは今度改めて書きます。

R@ndom Scout
以前盛大に愚痴ったように、このイベントに赤ペンは
「はじめまして」に近いアイドルを割り振られて頭を悩ませながら
動画を作る事を期待して参加したわけです。

それが蓋を開けたらお馴染みと言っていい765プロ組の美希がやって来て
さてこれどうしたものかと違う意味で頭を抱えたわけで。

だから運営のお二人には大変申し訳ないんですが、
このイベントの趣旨そのものをひっくり返すコンセプトで
作るしかないなーと考えちゃった次第です。
10年経っても天邪鬼の虫は元気なようで(笑)。

で、出した結論はこう。

誰かの担当アイドルを自分の色に染め直すのではなく、
その人の色も、赤ペンの色もなるべくつけないようにして、
アイドルそのものをプロデュースする動画。
プロデューサーはしゃしゃり出ない。あくまでも舞台裏。
「僕は、あなたがプロデュースしたこのアイドルを見てみたい」
という、そんなメッセージを込めた動画。
それでいて、これは赤ペンPのプロデュースだわと思ってもらえる動画。


さっきも挙げたこのエントリ「お前ら全員敵だ!」
煽り文句を入れた意味、ご理解いただけましたでしょうか。
いや単に一人で好き勝手やってるだけなんだけど(笑)。

で、成果物がこれです。
こんなご時勢に公式曲を使いまくっちゃったから
賞味期限は短いと思われるので、どうぞご視聴はお早めに。



最近のニコマスは、アイドルについて色々と考えてるんだなぁと
思わせる動画が多いと感じてて。
考察する事自体は私も結構好きだったりするんだけど、
ニコマスを作る人として、その考察ってのはあくまでも
「アイドルを魅力的に表現する動画を作るための手段のひとつ」
であるべきだと思うんですよね。

このアイドル、カワイイ!キレイ!!カッコイイ!!!
並べるとあったま悪い感じになっちゃうけど(苦笑)、
なんかこう、そういうストレートな感覚が最初の入り口なのかな、って。
そして、そう思ってもらうためにあらゆる技術があり、
あらゆる方法論がある。アイマスやニコマスの内外を問わずね。

その技術や方法論を敢えて目的にするのもアリではありますが、
それはちょいと敷居が高いかなー、なんて思っちゃうんですよ。
自分にそういうものが無いってのもあるんだけどさ、
そんな最初から難しく考えるなよ、みたいなところがあって。

そんなわけで、今回の動画はどのパートも派手な事はせず、
なるべくシンプルに、丁寧に作ったつもりです。
偉そうに10年選手だなんだと言ってはいますが、実際のところ
技術やセンスで私の遥か上を行く人はデビューの前後を問わず
そこかしこにいらっしゃるわけでして。

それを補うために赤ペンが使える方法は、昔も今もただひとつ。
質でかなわないなら量で勝負だ!と(笑)。
それにせっかくの「お祭り」なんだし、いつもと趣の違う、
お祭りらしいギミックの動画があってもいいじゃない。
そしてこのR@ndom Scoutというお祭りに参加されている、
他の方の動画もぜひ見に行って欲しいしね。

まずはこの子を見て、感じて、顔と名前を覚えて帰ってくださいな。
もしあなたがこの子に興味を持ったのなら、彼女を知るための方法や
情報は、公式・非公式を問わずたくさんあるからさ。

そんな感じで作りました。見ている人に伝わってるといいな。

動画の解説的な事は・・・まぁ気が向いたら、動画が消える前には
何かするかもしれません。どう考えても分量が大変な事になる(笑)。
でも、まずは約15分、この動画を見ていただいて
「星井美希という"多面体"」を楽しんでいただければ幸いです。

合作してみました
企画や大人数のメドレーには参加した事があったんだけど、
こういう少人数での合作は初めてだったりします。



せっかくなのでYouTubeにも高画質版を上げてあります。
https://youtu.be/Fxl4Pmjku0k

「音楽少女」というプロジェクトについては以下参照のこと。
私も含めてニコマスでも相応に動画が上がっております。

http://cosmic.surpara.com/music_girls.html
http://dic.nicovideo.jp/a/%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E5%B0%91%E5%A5%B3


沼倉さんと渕上さんがいるので2/3アイマスです!
それを言ったら2/3Tridentでもあるけどな!!

mknPにCDを渡されて「これで合作しませんか?」と言われて
その場で「フル尺ならいいよ」と即答してmknPがフリーズしたのが
2年くらい前だったろうか(笑)。8分近い音源だからねー。

で、年明けに再び話を持ちかけられたんだけど、
この曲で2人の合作だと芸風が似通っちゃって面白くないなと思い、
「音楽少女」好きで芸風が被らない人は・・・と考えてその場で
「じゃあみしお子さんを巻き込もう!」と提案して今に至る(笑)。

そんなわけで、10周年の動画で自分としてはひと区切りつけたけど
これはそれ以前からの約束として別枠で頑張っておりました。
さぁ、これでホントのホントに一切のタスクがなくなった!(笑)

前半のOFA素材パートはmknPがダンス、みしお子Pがエフェクトを担当。
赤ペンは後半のプラスタ素材パートがメインで、加えて3人のパートの統合と
全体の微調整を担当しています。なるべく2人の芸風を意識しての作業。
個人的な目標としては、完成品を見た人が
「mknPのダンスだ!みしお子Pのエフェクトだ!・・・で、赤ペンは何したの?」
と思ってもらえるように頑張ったつもりです(笑)。どちらかと言うと
mknPとみしお子Pの合作をプロデュースするイメージかなぁ。

さて今回、実験的に合作で使ってたコミュニティを開放しています。



動画を確認するなら、実際にニコ動に動画を上げてそれを見るのが
一番いいよね、って事で昔のとある企画で使ってた手法なんですが、
今回はそこで上げたチェック用動画を残した状態にしてあります。
合作ができるまでの流れが資料的に見られたら面白いかな、って思って。

コミュニティに登録すれば動画が見られるので、もし興味があれば
スタートからゴールまでの変貌っぷりをお楽しみ下さい(笑)。
10度目の夏。
2007年の6月くらいだったかな。
ニコニコ動画とアイマスMADの存在を知り、毎日のように
動画を見ていると、自然と「この曲で誰か作らないかな」
みたいなことを考えるようになります。

やがて自分もニコマスPとしてデビューして、
その時思い描いていた曲のうちいくつかは実際に自分で作ったり、
いくつかは立ち消えになったり、未だに眠ったままだったり、
まぁ色々あったわけなんだけど。

実はこの曲も、そんな中のひとつでした。



RidgerPがこの曲を使って作った動画のその後の顛末は
古参の方であればご存知の通りです。
自分でも作ってみたいとは思いつつも、公開する場所がないからなぁと思ってて、
でも10年目を迎える今年の誕生祭は、ホントにやる事もやりたい事も思い浮かばなくて、
じゃあいっそこの曲で作って1日だけ公開して削除でもいいや、
と割り切って作り始めたんですよ。

そしたらこれだ。

ニコニコ動画 許諾楽曲検索

長いことやってると色々とあるもんだね(笑)。
というわけで、公開したら放置する事にしました。
別の理由で消えたらそれはそれで。

RidgerPの動画とか自分があずさ派であるとか、そういう理由は
全部「後付け」です。デビュー前から作ってみたいと思ってた曲で、
10年目の節目に、自分で動画を作りたかった。
そのパートナー選びなんて誕生祭だろうが昔の動画がどうだろうが
いっさいかっさい関係なく一人しかいないわけなので、まぁ結果として
こうなるのは必然ではあったんですが。

だからタイトルを「太陽の花」だけにしてみました。
「太陽のあずさ」は、あの動画一代限りの称号だと思ってるので。

そして、多分この動画がプラチナスターズ素材だけで作る最後の動画だと思います。
1年で賞味期限が切れちゃうってのもアレな感じがしますけど(苦笑)、
これをやっちゃったら、もうあの3Dモデルでやりたい事なんて思い浮かばないよ。
いよいよ本当の意味で「向こう側」の世界が始まったようですし。

これで10年越しの宿題はおしまい。そういう理由で作った動画なので、
毎年おなじみの「9:02PM」には上げませんでした。

見てくれた人の感想もどうでもいいや(笑)。作れた時点で満足してます。
まぁ誕生祭の盛り上げ役になれたら幸いです。

仕様許諾曲といえば、こちらもいつの間にかそうなっていたので
せっかくだから今年の9:02PMに上げておこうと思います。
この記事が上がった直後はまだ非公開だけどね(笑)。



・・・さて、次は10周年記念の動画か・・・(苦笑)。

今年最後の新作です
生放送や全画面だと画質が大変しんどいことになるので
動画単体で見ていただけると幸いです。





自分の足跡を振り返る生放送のラストに持ってきたわけなんですが。
話の順番としては「情熱のうた」を作りたいがためにBON JOVIを追加して
作っているという事情があったりします。

元々は「プラスタでストーリーじみた動画って難しいかなぁ」と思っていて
「何故みんな合宿してるんだろう」→「新たな力とやり合うために力をつけるためなのだ」
という1点読みの内容しかないかなぁと考えて、いずれ使おうと思っていた
この選曲に辿り着きました。シンデレラやミリオンじゃなく、敢えて765プロで
この曲というのが面白いと思って。

この組み合わせを決めた時点で赤ペンのプロデューサーとしての仕事の大半は終了。
後はありったけの素材を切り貼りして作るだけのカンタンな作業です。

で、そのストーリーを強調するために後輩たちの動画が欲しくなったので、
これもいずれ使いたいと思っていた曲をチョイス。
色々考えるのが面倒になったので、原曲のPVをパクって
毎度お馴染み和訳歌詞芸と素材の量だけで勝負しています。

来年の夏で赤ペンPも10周年。そこまで辿り着ければ
あとはもうどうでもいいです(笑)。
どうでもいいけど、なるべく説教臭くない形で
ニコマスの今を生きている若い人たちに何か伝えたいなぁ、
と思った時、まぁ赤ペンはベタなチョイスで動画作るしかないんですよね(笑)。

今年の動画はこれでおしまい。来年はまったく未定。
とりあえず年末年始をのんびり過ごしてから、この先の事を考えようと思います。
なんなら上半期は全然作らんでもいいかも知れんなぁ(笑)。

習作です
プラスタの新しい曲のダンスだけで組んでみました。



んー・・・わかってはいたけど画質がしんどいですね。
敢えてエンコ殺しになりそうなステージを選んでるってのもありますけど、
これからはダンスだけで長い時間動画を組むのはキツいのかも。
長いっていっても3分とかなんだけどね・・・。

今回は新たな試みとしてYouTubeにも動画を上げています。



アップロードした動画は、元のデータを960×540で作って
それぞれのサイトに合わせてエンコードを変えています。
ニコ動の方は1280×720に拡大した動画をつんでれんこの
新規格モードでエンコードしたものを使用。
YouTubeの方は960×540のまま図書館ツールで
今までのニコ動と同じ感覚でエンコードしたもの。

ニコ動がmp4形式のファイルに対応してから8年強。
ずっとこの方式でやってきて、他のサイトでは一切動画投稿を
していない人間として、色々言いたいことは山のようにあります。
この前その一部をブログに書いたけど、自重してることの方が遥かに多い(苦笑)。

でもまぁ、そういう風にするってんだから仕方ない。
そしてこの相手には何を言ってもさらに仕方がない(笑)。
この先はそれほどたくさん動画を上げるつもりもないので、
この形で細々とやっていくつもりです。

選んだ曲は響の動画でお世話になった「音楽少女」から。
最後に加わった3人目、竜王更紗センパイの曲でございます。
CVは加蓮の中の人としてもお馴染み渕上舞嬢。
いやしかしこの声というか歌い方というか、色々凄いね。
「ボカロみたい」っていう評価も納得というか。
加蓮とはまた違う、クセのある歌い方が印象的。

声優ライブには興味がない赤ペンではありますが、
「音楽少女」のライブだったら一度行ってもいいかなーと思ってます。
まぁ席は後ろでいいし周囲に厄介な人がいない事を心から
願わざるを得ないわけですけど(笑・・・えないな)。

次の動画は年末を予定しています。
今度はストーリー方面にもっと寄せるつもり。
たぶんプラスタ素材では1回しかできないだろうからねぇ。
画質の件もあって難しいところではあるんですが、
止め絵とかを使って少しでもビットレート稼ぎたいね(笑)。

ある意味引きの強さとも言えるけど
そもそもこのお祭りに参加した最大の理由は、

「誰が選曲したかわからない、普段自分ではチョイスしないであろう
 アーティストやジャンルの曲を使って、どんな風に動画を作ろうか
 色々と頭を悩ませる事を楽しみたい」


というものだったわけですよ。

それがなんですかこれは!!(笑)



という事で、慎吾P選曲による川田まみの「∃UTOPIA?」
動画を作らさせていただきました。結構この人の曲は使ってるんですけど
ここで落ちてきますかねしかしという驚きが一番です(笑)。そんなわけで
いつも通りの造りになっちゃった点はご容赦くださいませ。

とりあえずご案内をひとつ。
実はこの楽曲、ニコ動で音源削除の「実績」がありました。
その点を考慮して、ご覧頂いたとおり曲名の表記は動画内でのみ行い、
コメント等での記述を控えております。いわゆる「検索避け」です。

それを言い始めたら許諾曲以外はみんな同じである事は
重々承知していますし、自分が選んだ曲を使って個人で動画を上げるなら
こういうまだるっこしい事はしないのですが、今回に関しては
イベントへの参加作品ということで、予定されている紹介生放送までは
なるべく残しておきたいと考えて、このような処置をしております。

これについては楽曲割り当て直後に主催者の皆様にお伝えし、
製作者の名前は伏せた状態で、主催者経由で選曲者の方にも
ご連絡させて頂きました。

今更な話ではありますが、一応最初に書いておこうかなと。
消されちゃったらその時はその時って事で。

これが最後の「アイマス2・OFAモデル素材メインの動画」
次回以降はプラチナスターズ素材が中心になっていく予定です。
まぁ、これからプレイし始めるので年末までに1本できれば御の字ですね・・・(笑)。

締め切り間際にこのお祭りの動画が大量投稿されるはずなので
タグやマイリストから巡っていってもらえると嬉しいです。



詳しい話はまた気が向いたら!



プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック