赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
11 | 2018/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ついにスマホゲーも体験しました
6年前に買ったスマホ(しかも当時の時点で型落ち)を
ここまでずっと使ってきたわけですが、さすがに色々と
機械的に具合が悪くなってきたのと、母がスマホを使うという
一大決心?をしたのでその手続きのついでに、という事で
ついに私もスマホを買い換えました。

機種はiPhone 8 Plus。ついにあいふぉんゆーざーです(笑)。
どうせまた5年くらい機種変更しないんだろうから、
現時点で一番いいのを選んでおきました。
いやー30fpsが60fpsになったくらいの動作の早さで
未だに戸惑っております・・・。

・・・という事は。
かつて某洋服の○山にスーツを買いに行った時に
「ウチのアプリ入れてもらえれば割引率がよくなりますよ」
と店員に言われて入れようとしたら
「機種が対応していません」とメッセージが出て
店員にものすごい苦笑いをされたような事はもうない!

てなわけで、遅ればせながら入れてみました。
デレステとミリシタです。


今日はその感想を書くわけなんだけど、注意点を。
今までのアイマスゲーム感想と違い、ここまでそれなりに
理由があって&理由をつけてスマホゲーをやっていなかったので、
スタート地点から決してポジティブな状況ではない点は
あらかじめご理解頂ければ幸いです。

先に書いちゃうけど、どちらも楽しくプレイできているので
別にdisるつもりはありません。ただ、ソシャゲ慣れしてない人間の
感想ですから、知らぬ間に地雷を踏んでる可能性はあります。

んでは。

[READ MORE...]
ステラステージの話の続きではあるけれど
新作が発表されたタイミングでこのエントリかよ(笑)。

動画もひと段落したのでゲームを進めています。
Sランク7人、残り6人もAランクなんで、とりあえず13人全員を
エンディングまで持ってくとこまでやろうと思います。

再三書いているように、ステラの評価については
PS4持ってるんなら買っておけ、持っていないんなら
OFAが楽しめた人なら問題ないからPS4とモンハンも合わせて買え、
ただしステラのためだけにPS4買えるかどうかは難しいので
申し訳ないがそこは自己責任で、
という辺りから
特に印象は変わってはいません。

ここから先はどこまで書いても同じ話にしかならないので、
次回のエントリで少し切り口を変えた話をしようと思うんですが、
とりあえずはまとめをやっておこうと思います。
目新しいことは特にない、多分どこかで誰かが書いてるような内容なので
分量も比較的抑え目。サラッと読んでもらえればよろしいかと。
あ、基本的にネタバレはありという事で。

[READ MORE...]
ステラステージについてとりあえず書いておく
あけおめことよろです。
明日から普通に仕事です・・・。

今年最初のエントリは表題の通り。
とりあえず2人(あずささんと美希)でエンディングを見ました。
今回はR@ndom Scoutで使用するための素材を撮るという
目的のために、ものすごく偏った育成&プレイをしていて、
エンディング後の要素もまだ手をつけていないので、
途中経過として感想を書いておきたいんだけど。

・・・考えれば考えるほど、ステラステージ(以下SS)を褒めるのではなく、
プラチナスターズ(以下PS)をdisる方向になってしまうのですよ(苦笑)。
PSと比較して、SSの発売初週の売り上げが3万本を切った事が
ちょっと話題にもなりましたが、まぁそういう事ですよね。

細かい話は後でまたまとめるので、とりあえず書いておきたい事を。
まだ買ってない・プレイしてない人向けに。

SSはPSでイケてなかった要素がほぼ排されています。

ゲーム内容は概ねPS3のワンフォーオール(OFA)と同じだとお考え下さい。

PS4は持っているけれど、PSの内容に絶望してプレイしていない人や
そのあまりの悪評に手を出していない人もかなりいると思います。
でもSSは、OFAが遊べた人であれば安心して楽しめます。


ただし「このためにPS4を買っていい」とまで言い切るのは
現段階の私に難しいです。しかも基本無料のミリシタがある現状では
さすがにそこまでは言い過ぎになっちゃうかもしれない。
あと、OFAがキライな方にはちょっと勧めるのは躊躇うかな。


とにかく「PSでイケてなかった要素」が無いのはデカいですよ。
使える曲数はDLC無しでも40曲を超えるし、衣装の種類もかなり増えたし、
何よりそれらが「条件を満たせばちゃんと手に入る」
費やした努力や時間やお金に対してちゃんと報酬が支払われる。
ステキ。当たり前だけど。

サイコロを残している点については声を大にして指摘しておきますが(苦笑)、
絶対にやらなければいけないイベントではなくなっている点は執行猶予の余地がある。

シナリオ的な部分も、途中経過の感想を簡単に。
基本的に「無印時代を知る人向け」の内容をベースにして、
改めてそれを掘り起こすならこうなる、的な形になってる感じ。
とは言え、一周回って当時を知らない人が増えた現状であっても、
「知らなきゃついていけない」ほど不親切ではないかな。

まぁそんなとこです。
これから素材撮りと編集に入るのでしばらくプレイはお休みになりますが、
その後で続きをやろうと思えるくらいにはモチベーションが保てます。
新しい事、革新的な事をやっているわけではないから評価は別れるだろうけど、
いずれにしても「ちゃんとプレイできるゲーム」の体裁であるのは間違いない。
前述のようにPSのせいで警戒している人には、それを解いても大丈夫ですよ
声を大にして言いたいです。っつーかPSの存在意義がマジで無いぞこれ・・・。

では、今年もよろしくお願いします。なんだこの締め方(笑)。

無限の回廊的な何か
前回の続き。

別に察しがいい人でなくてもお気づきだったと思います。
この前のプラスタ感想文には、それぞれのアイドルたちの
ストーリーに関する視点が全くありませんでした。


今回も最初に結論的なことをまず書きます。
もしシンデレラ(デレステ)やミリオンからアイマスを知った人が、
「最初のアイドルたちってどんな子だったんだろう」と興味を持ってくれたなら、
私は迷わず「最初にOFAをやってね」と薦めます。プラスタは絶対薦めない。
せめてOFAで興味のあるアイドルのシナリオだけでもクリアして、
その後でプラスタを楽しんで欲しいなぁと思っています。PS4はともかく、
PS3なら持ってる人は多そうじゃん?(笑)

これだけ書くとまたさんざん文句が後に並びそうな気配ですが、
そんなことはありません。この点に関しては仕方ないというか、
いわゆる「悪意」、手抜きとか雑とかそういうネガティブな要素があって
そう言ってるんじゃないんです。

この部分は、最初の最初のホントに最初から、この世界設定を聞いた時から、
まぁ仕方ないよねぇと思っていた部分でした。だからゲームの評価に際して
ストーリーの事は赤ペンからしたら「対象外の要素」なんですよね。

正直、これからの話は客観的な視点からは程遠いと思いますのでご容赦くださいませ。

[READ MORE...]
2nd Visionの今、って事なんだろうね
ゴメン、Sランクまで感想ガマンするの無理だった(笑)。
明らかに時機を逸しちゃいますしね。
そんなわけで、プラスタプレイの感想エントリ正式版です。
当たり前だけど個人の感じ方だからその辺わきまえるようにね!

8月末からプレイを開始して、70時間弱が経過。全員がAランク。
現在はあずささんがLV70台後半、高難易度ライブの際にサポートに入る
アタッキングチーム(山登りかよ)が貴音と美希で、この二人はLV60台後半。
残りのメンバーは全員LV45くらい。プロデューサーランクは15で全曲解放済み。
アクセサリはコンプしましたが、衣装はまだ6割くらい。
そのうちデフォルトのSランク衣装が2つ、DLライブの衣装2つ。
だいたいこんなステータスでの感想になります。

何はともあれ、グラフィックは凄いね。
無印から2は「正統進化」だけど、PSは別物って感じ。
率直に言ってあの絵柄、赤ペン的には「味付けが濃いかな」
っていう感じで好みのど真ん中ってわけではありませんが、
それこそあくまで好みの問題。間違いなく表情の表現力は
格段に上がってます。
その一方で相変わらずいろんなものが身体を貫通するあたりは
微笑ましいんだけどさ(笑)。

3DCGに詳しい知人によれば、プリレンダのムービーではなく
リアルタイム処理でこれだけのものを動かせるというのは
とんでもない事
なのだそうです。

発売前のムービーで散々グチってた「扁平顔」問題については、
これも前述の知人曰く「この手のモデルは斜めの角度が鬼門」なのだそうで。
いまだに見ていて「ん?」ってなる瞬間はあるし、動きが止まった瞬間に
「うーん」ってなる事もあるのは偽らざる事実かな。
でも実機ではだいぶ気にならないレベルだったし、まぁあんまりうるさく
騒ぎ立てるほどじゃないな、というのが最終結論でしょうかね。

さて。
プラスタというゲームが持っている、唯一にして最大の「価値」が、
このアイドルたちのグラフィック
だと思います。
そしてその「価値」が、他の気になる点をどこまで穴埋めしてくれるかで
このゲームの総評の部分は変わるのでしょう。

そしてそれは恐らく、

「やー7月末に発売なんだ。早いねー」

という、リリース日発表時に多くの人が感じたであろう感想に
全て集約されていくのではないかなぁ、と。
さぁ、長いぞ。

[READ MORE...]
発売から1ヶ月遅れでプラスタをはじめて
とりあえず、あずささんをAランクまで送り込みました。
他のアイドルは、サポートメンバーに選んだ貴音と美希がBランクで
エクストリームライブクリア、他の子は全員Eランクという
相当に偏ったプレイに終始してます(笑)。

ちゃんとした感想エントリは、あずささんSランク到達後に
改めて上げますが、とりあえず現時点の中間報告的感想。
だいたい同じシステムを採用しているOFAとの比較で表現すると、
OFAにくらべてちょっとボリュームが減ったのがプラスタかな。

こう書くと「いやいやいやいや」とツッコミが入ると思うんですが、
ここでいうボリュームってのは、お弁当で例えるならば
「おかずの種類が減っちゃった」っていう趣旨
だとお考え下さい。

で、前のお弁当に比べておかずが減ってしまった分、
お弁当箱にはスペースができてしまうわけです。
さすがにそれじゃ見た目が悪いので、さてどうしようか。
残ったおかずの分量を増やすとか、思い切ってお弁当箱を
ひと回りコンパクトにしてリーズナブルに提供するとか、
まぁ色々と方法論はあるでしょう。

で、プラスタがそのための解決案に選んだのが、
「空いたスペースに白米を詰め込んだ」
かなぁ、って思ってます。

この例え表現の解釈はお任せします。
またちゃんと感想書くので、その時にまた。
でもまぁアレよね。よく考えたら、ゲームのUIを見れば
プラスタというゲームの本質は一目瞭然
だよね。

ライブ前の選択画面。
一番右に「所持品」のアイコンがあるにもかかわらず、
ランダムでしか手に入らないアイテムのドロップ率を上げる
Pドロップだけは独立した専用のアイコンが用意されている。
そればかりか「Pドロップ購入」のアイコンすらその横にある。

このゲームがどういう行動を前提として作られているのかは、
それだけで十分わかるわけですよ。そんな感じで正式な感想については
どこまでこのゲームを擁護できるかという勝負になるね(笑)。

あ、最後にこれだけは今のうちに声を大にして言っておきたい。
営業の結果をサイコロの出目の合計で決めようと考えついたヤツと
そのアイディアにOKを出したヤツ、お前ら馬鹿だろ?(苦笑)

とりあえず
日付が替わり、今年の誕生日を迎えて、まず最初にやった事。

0607ie

ハイ、無事エンディングにたどり着きました。
あ、これ誕生日に合わせられるなーと週の頭に思いつき、
そこで少しブレーキを踏んでたら勝手に成長して、最後は
1本先取させてから残り2戦で蹂躙させていただきまして(笑)。

チームを組んだ伊織・響もIEクリア。他のキャラは全員Bランク以上。
全曲開放済み、ステージはSランクステージのものが残ってるだけ。
衣装やアクセも買えるものはほぼ買ったし、コミュもだいたい揃ってます。

だからここでプレイをいったんやめて動画に集中してもいいんですが、
もう少し他のキャラもプレイしておこうと思います。まだ時間もあるし、
どうせいずれは素材が必要なんだし。

もう少し詳しいゲームの感想は、また日を改めて。

結局書くことにはしたけれど
OFAの感想の事ね。

でも現在まさに進行形でやっていてクリアもしていないので
とりあえずゲーム自体の雑感を箇条書きしておきます。
ゲーム周辺の話も織り込んだ感想はまた後日。

・相変わらずのUI周りのモッサリ感とか気になるところもあるけど、
 今のところ積極的にdisる必要のないゲームかな
・アイドルマスターPDCA
・攻略のための最短路線を考えた途端この手のゲームが作業ゲーになるのは
 世の常なので、そこは遊ぶ側が工夫するところじゃないかな
・いおりんのバーストカウンターマジ「スガモのお守り」!!
・というか小町組の各種スキルはみんな優遇小町くさい
・DLCでマニーをドーピングすると別ゲーになると思ったり思わなかったり
・アイドルの誕生日ごとの白板コンプリートはいつの日になるだろう
・私服で胸元が気になるあずささんは史上初
・コミュ映像、背景のみの画が多い上に日光のエフェクトも少なくて
 Nukim@s-2大活躍の予感
・でも量が多くてコミュ撮影マニアが各地で悶絶してると思います
・ランクアップ直後のコミュを見返せるようにしたのは正しい、
 というかゲームの仕様上そうしておかないと追えないよね・・・

・「隣に・・・」と「フタリの記憶」でフェスをやった時、
 ポジティブでもネガティブでもない、ただの感慨でいっぱいでした


とりあえず思いつくままに。今後違う感想になるかもしれないけどね。
じゃあまたOFAやってきます。まだ2年目も終わってない・・・。



プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック