赤ペンPの添削日記
由無し事を徒然に書き連ねる日記。
08 | 2016/09 | 10
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Infomations&more(最新エントリはこの下になります)
○現在の最新作
近々プラスタ素材で習作を作ってあげる予定です。

○赤ペンP作品マイリスト


○コミュニティ




○色々お知らせ&備忘録(9/25)
どうやら苦行もひと段落したのでそろそろ動画かなぁ・・・。

スポンサーサイト

秋シーズン前に備忘録
次のDLライブの報酬仕様変更はダメを通り越して呆れましたね。
最初からじゃなくて途中から変えた、ってのがまた心証悪いですわ。
とりあえずプラスタのプレイはストップ。まぁ今後もDLライブの時に
ちょこっとやる程度でしょうねぇ。
我が家では「金を払ってPドロップを買うことなかれ」という
戒律を設けました。もう付き合ってられんよ(苦笑)。

・・・まだプラスタについて愚痴ってるのかと(笑)。
いや悪いのは俺じゃないバンナムだ(たぶん正当な責任転嫁)。

まぁそれはさて置き備忘録です。
今週末はスプリンターズSに凱旋門賞だからその前にね(笑)。

プラスタ素材を使って習作を作りはじめました。
テンプレ手法のステージ動画で、製作の段取りを確認するのが主な目的。
そういう位置づけな上、うっかり夏の曲を選んでしまったので
とっとと仕上げてさっさと上げたいと思ってます(笑)。

今年はあと1回、年末に動画を上げられたらいいなーと考えています。
これから配信されるDLCをにらみつつ、たぶん赤ペンは1回しかできないであろう
「プラスタ素材・世界観のストーリーもの」をやっちゃおうと。

ヒントってわけじゃないけど、赤ペンが考えていること。
プラスタはずっと合宿所生活してる世界観で、かつコミュも少ない。
だからゲーム素材も限られるし、世界の広がりがない。
だから、ゲーム内の設定は一度ガン無視した上で
この疑問を提示して、そこから入ろうと思います。

「なんでこの子達は合宿する必要があったんでしょうね?」

ここからスタートしてどんな動画になるのか、そもそも完成するのか、
まぁ期待せずにお待ちくださいませ。

今年は年末にかけて諸般の事情で懐具合がよろしくないので、
基本的には大人しくしているつもり。
最近生放送もご無沙汰してるのでどこかでやろうかなー、と
ぼんやり考えているくらいですね。

以上、買ったのをすっかり忘れてた私服あずささんフィギュアを
どこに置いたものか悩んでいる赤ペンPでございました。


無限の回廊的な何か
前回の続き。

別に察しがいい人でなくてもお気づきだったと思います。
この前のプラスタ感想文には、それぞれのアイドルたちの
ストーリーに関する視点が全くありませんでした。


今回も最初に結論的なことをまず書きます。
もしシンデレラ(デレステ)やミリオンからアイマスを知った人が、
「最初のアイドルたちってどんな子だったんだろう」と興味を持ってくれたなら、
私は迷わず「最初にOFAをやってね」と薦めます。プラスタは絶対薦めない。
せめてOFAで興味のあるアイドルのシナリオだけでもクリアして、
その後でプラスタを楽しんで欲しいなぁと思っています。PS4はともかく、
PS3なら持ってる人は多そうじゃん?(笑)

これだけ書くとまたさんざん文句が後に並びそうな気配ですが、
そんなことはありません。この点に関しては仕方ないというか、
いわゆる「悪意」、手抜きとか雑とかそういうネガティブな要素があって
そう言ってるんじゃないんです。

この部分は、最初の最初のホントに最初から、この世界設定を聞いた時から、
まぁ仕方ないよねぇと思っていた部分でした。だからゲームの評価に際して
ストーリーの事は赤ペンからしたら「対象外の要素」なんですよね。

正直、これからの話は客観的な視点からは程遠いと思いますのでご容赦くださいませ。

[READ MORE...]
2nd Visionの今、って事なんだろうね
ゴメン、Sランクまで感想ガマンするの無理だった(笑)。
明らかに時機を逸しちゃいますしね。
そんなわけで、プラスタプレイの感想エントリ正式版です。
当たり前だけど個人の感じ方だからその辺わきまえるようにね!

8月末からプレイを開始して、70時間弱が経過。全員がAランク。
現在はあずささんがLV70台後半、高難易度ライブの際にサポートに入る
アタッキングチーム(山登りかよ)が貴音と美希で、この二人はLV60台後半。
残りのメンバーは全員LV45くらい。プロデューサーランクは15で全曲解放済み。
アクセサリはコンプしましたが、衣装はまだ6割くらい。
そのうちデフォルトのSランク衣装が2つ、DLライブの衣装2つ。
だいたいこんなステータスでの感想になります。

何はともあれ、グラフィックは凄いね。
無印から2は「正統進化」だけど、PSは別物って感じ。
率直に言ってあの絵柄、赤ペン的には「味付けが濃いかな」
っていう感じで好みのど真ん中ってわけではありませんが、
それこそあくまで好みの問題。間違いなく表情の表現力は
格段に上がってます。
その一方で相変わらずいろんなものが身体を貫通するあたりは
微笑ましいんだけどさ(笑)。

3DCGに詳しい知人によれば、プリレンダのムービーではなく
リアルタイム処理でこれだけのものを動かせるというのは
とんでもない事
なのだそうです。

発売前のムービーで散々グチってた「扁平顔」問題については、
これも前述の知人曰く「この手のモデルは斜めの角度が鬼門」なのだそうで。
いまだに見ていて「ん?」ってなる瞬間はあるし、動きが止まった瞬間に
「うーん」ってなる事もあるのは偽らざる事実かな。
でも実機ではだいぶ気にならないレベルだったし、まぁあんまりうるさく
騒ぎ立てるほどじゃないな、というのが最終結論でしょうかね。

さて。
プラスタというゲームが持っている、唯一にして最大の「価値」が、
このアイドルたちのグラフィック
だと思います。
そしてその「価値」が、他の気になる点をどこまで穴埋めしてくれるかで
このゲームの総評の部分は変わるのでしょう。

そしてそれは恐らく、

「やー7月末に発売なんだ。早いねー」

という、リリース日発表時に多くの人が感じたであろう感想に
全て集約されていくのではないかなぁ、と。
さぁ、長いぞ。

[READ MORE...]
発売から1ヶ月遅れでプラスタをはじめて
とりあえず、あずささんをAランクまで送り込みました。
他のアイドルは、サポートメンバーに選んだ貴音と美希がBランクで
エクストリームライブクリア、他の子は全員Eランクという
相当に偏ったプレイに終始してます(笑)。

ちゃんとした感想エントリは、あずささんSランク到達後に
改めて上げますが、とりあえず現時点の中間報告的感想。
だいたい同じシステムを採用しているOFAとの比較で表現すると、
OFAにくらべてちょっとボリュームが減ったのがプラスタかな。

こう書くと「いやいやいやいや」とツッコミが入ると思うんですが、
ここでいうボリュームってのは、お弁当で例えるならば
「おかずの種類が減っちゃった」っていう趣旨
だとお考え下さい。

で、前のお弁当に比べておかずが減ってしまった分、
お弁当箱にはスペースができてしまうわけです。
さすがにそれじゃ見た目が悪いので、さてどうしようか。
残ったおかずの分量を増やすとか、思い切ってお弁当箱を
ひと回りコンパクトにしてリーズナブルに提供するとか、
まぁ色々と方法論はあるでしょう。

で、プラスタがそのための解決案に選んだのが、
「空いたスペースに白米を詰め込んだ」
かなぁ、って思ってます。

この例え表現の解釈はお任せします。
またちゃんと感想書くので、その時にまた。
でもまぁアレよね。よく考えたら、ゲームのUIを見れば
プラスタというゲームの本質は一目瞭然
だよね。

ライブ前の選択画面。
一番右に「所持品」のアイコンがあるにもかかわらず、
ランダムでしか手に入らないアイテムのドロップ率を上げる
Pドロップだけは独立した専用のアイコンが用意されている。
そればかりか「Pドロップ購入」のアイコンすらその横にある。

このゲームがどういう行動を前提として作られているのかは、
それだけで十分わかるわけですよ。そんな感じで正式な感想については
どこまでこのゲームを擁護できるかという勝負になるね(笑)。

あ、最後にこれだけは今のうちに声を大にして言っておきたい。
営業の結果をサイコロの出目の合計で決めようと考えついたヤツと
そのアイディアにOKを出したヤツ、お前ら馬鹿だろ?(苦笑)

今更ですがスワフェス選曲について
自分の動画に関しては2本とも平常運転、かつ
曲調的にどちらも同じような事をやってるだけなので
特に書くことはないかなと思ってたんですが、
自分が選んだ曲についてはちょっと書くことがあるかなと。

isciaP


PVならガチ方面に振ってさてどうするか、みたいな
動画が一番可能性があるかなと考えていたんですが、
まーしかしこう料理されるとは(笑)。
っつーかね、フルコーラスでやりきるとか
持ってきた映像が夜ヒットとか色々突っ込みどころ満載で
大変楽しませていただきました。

改めて、選んだのはLOUDNESSの「Soldier Of Fortune」。
1989年発表の曲です。四半世紀以上前か・・・。



日本のバンドだけど半分以上洋楽バンドみたいなもんですね。
この頃は二井原実ではなくマイク・ヴェセーラがボーカルでした。
後にインギーに雇われて歌っててビックリしたなぁ(笑)。

スワフェスに参加する事を決めてから割と簡単に
この曲を選んだんだけど、そこに至るまでには
色々考える過程があったりしたので、今日はそのお話を。

[READ MORE...]
長々と書くのも疲れるので。
なんかもう色々書こうと思ったけど疲れたわ(苦笑)。

ニコニコ動画の新エンコードに関しては、
既に各所で色々語られていると思いますし、
私も専門的、あるいは今回の背景について
類推できるだけのな知識があるわけじゃないですから
あくまでも個人の感想という事で。

とりあえず最初に、ニコマスPVPとしての
対処法と言うか結論と言うか。

○元となる動画のサイズは720P、1280×720にする
○これを可能な限り高ビットレート(映像、音声とも)でエンコードする
 つんでれんこの新機能がお手軽ですが図書館ツールの数値を色々弄って
 限界を極める方法も悪くないかもしれない
○これをアップロードして少しでも画質が落ちないことを祈る


もう他に書きようがないね、これ(苦笑)。
なんか噂によると、HDサイズに満たない動画を上げるよりも
無理矢理拡大してHDにして上げるほうが画質がいいらしいんですが
それホントなの???(笑)

ここから先は2007年頃よろしく、上下に黒い帯を入れたり
コントラスト強めの色調にして少しでも画質を稼ぐとか、
なんなら動画が終わった後に黒い平面を10分くらい入れるなどの
処置が考えられますが、その辺は各自の判断でひとつ。

多分身のある話はこれで終わりです。
後はまぁ、ただの愚痴です。

[READ MORE...]
もう一本作ってました
棄権者枠が空いてると聞いて、
「スミマセン、選曲がSw@ppingされてなかったので作ってもいいですか?」
とこちらからお願いをして(笑)急遽1週間ででっち上げました。

選曲:直井P


この動画、ファイルを運営の方にお渡しして
主宰の1人であるBBPに代理投稿していただいております。

イレギュラーな経緯で作られた動画だからというのも理由なんですが、
それよりも何よりも、古参アカウントである赤ペンが今この動画を
自分で普通に上げてしまうと・・・



こんな風になってしまうからなんです。
自分の動画ならしょうがないけど、せっかくのお祭りだし
他の方が曲を選んでくれているわけだからね。

で、この機会に同じファイルを使って
新エンコードシステムについての検証動画を作りました。





ニコ動の新エンコードシステムの件に関しては色々と言いたい事があるんですが、
長くなるのでそれは別の機会に譲ります。でもって現時点で、
この変更内容の是非を全て脇に置いといて、これだけは
キッパリハッキリ書いておこうと思います。

「【追記(8/26)】投稿可能な動画ファイルのサイズが増加します」

この件についての運営からのお知らせページです。

前からそうだってのは知ってたよ。知ってたさ。実例も目にしてたし。
でも、いくらなんでもこの書き方、説明はダメすぎるでしょ。

「投稿できる動画のサイズが増加します」
という話と
「今後アップロードされる動画は全てエンコードされます」
という話は、たとえシステム的な面で不可分な事だったとしても、
今後の事を考えた時に致し方のない措置であったとしても、
こんな風にまとめて説明するべき事じゃないと思います。

っつーかうちの会社でこんなアナウンスしたらその瞬間
「言いたくない事ほど正直に書け」とか、新卒のルーキーにするような
説教付きでぶん殴られるわ(苦笑)。
追記ばかりが膨らみ、しかも
そっちの方が重要なことが書いてあるというみっともない文章の一例として
是非ご一読下さい。

この件については、時間があったらまた改めて。
とりあえず動画が色々片付いたので、プラチナスターズを進めますです。



プロフィール

赤ペンP

Author:赤ペンP
都内某所に潜伏し、ひっそりアイマスMADを製作中。表向きはうだつの上がらないサラリーマン。人生のモットーは、なだらかに昇りなだらかに落ちる放物線。

このサイトの価格(時価)

Locations of visitors to this page

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク集<クリックで展開>

覚書的リンク集

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック